基礎代謝を上げるのに亜鉛が必要な栄養素だという理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ基礎代謝を上げるのに亜鉛が必要なのか?

運動でむくみを改善してダイエット

Q ダイエットに必要なのは「基礎代謝」を上げることですが、どうすれば効率的に基礎代謝を上げることができるでしょうか?

基礎代謝を上げるには筋肉を鍛えることです。筋肉の消費カロリーは大きいため、筋肉を増やして活性化するほど痩せやすいカラダになるからです。

筋肉のもとになる栄養素といえばタンパク質(アミノ酸)ですが、もう一つ忘れてはならないものがあります。それは「亜鉛」です。なぜ基礎代謝を上げるのに亜鉛が必要なのか、その理由を見てみましょう。

  1. 痩せたいなら基礎代謝を上げよう
  2. なぜダイエットに亜鉛が必要か?
  3. 日本人は亜鉛不足?
  4. 亜鉛が豊富な食べ物とは?
  5. サプリで亜鉛を補給しよう!

①痩せたいなら基礎代謝を上げよう!

痩せたいなら亜鉛で基礎代謝を上げよう!

基礎代謝を上げるのに「亜鉛」が必要だというお話の前に、まず基礎代謝とはなにか? をおさらいしましょう。基礎代謝というのは、人間が生命を維持するために必要な最低限のエネルギーです。

具体的にどういうことかというと、ただ寝ているだけでも消費されるエネルギーのことです。寝ていても心臓は動いてますし呼吸もしています。それに体温も維持しなければなりません。そういった生命活動の維持に消費されるエネルギーが基礎代謝なのです。

「でも、呼吸とか心臓を動かすのに必要なエネルギーって、そんなに大したことないでしょ?」と、思いますよね。 しかし基礎代謝は、1日に必要な総エネルギーの約70%を占めているほど大きなエネルギー量なのです。例えば、成人女性が1日に必要とするエネルギー量は約2000kcal といわれていますが、その70%の1400kcal という大きなエネルギーが基礎代謝で消費されていることになります。

それでダイエットをして効率的に痩せるには、基礎代謝を上げることが必要なのです。

関連→ 痩せたいなら水泳ダイエットで基礎代謝を上げよう!

基礎代謝ってかなり大きいんだねぇ。
心臓とか呼吸って24時間ずっと働いとるもんな。チリも積もればってやつやね。
そうね。
基礎代謝について分かったところで、次は、なぜダイエットに亜鉛が必要なのか? というお話です。

基礎代謝を上げよう!
②なぜダイエットに亜鉛が必要なのか?

ダイエットに亜鉛が必要な理由

年令を重ねるにつれて基礎代謝が落ちていくのは、筋肉の衰えが一つの大きな理由です。それは筋肉を使うにも維持するにも大きなエネルギーが必要なため、カロリー消費を大きくしてくれますが、筋肉が衰えるとそれが無くなるからです。それで基礎代謝を上げるには「筋肉」をつけることが必要なのです。

筋肉をつけるには、タンパク質(アミノ酸)が必要なので、肉や魚、牛乳や卵といったタンパク質をたっぷり含んだ食品を摂ることが大切です。ボディービルダーもトレーニング後に、プロテインシェイクをゴクゴク飲みますよね。

カラダに取り込んだタンパク質は消化されてアミノ酸になり、それがまたタンパク質に再合成されて、筋肉、皮膚、ホルモン、髪の毛など、色いろなカラダのパーツを作っていくのです。

しかしいくらタンパク質をとっても「亜鉛」がなければ筋肉はできません。なぜなら亜鉛はアミノ酸からタンパク質の再合成に関わっているため、亜鉛がなければいくらタンパク質を摂っても筋肉を作れないからです。筋肉をつけて基礎代謝を上げるためには「亜鉛」が絶対に必要だということです。

関連→ ダイエット中だからこそ食べたい肉!お勧めの部位かここ

亜鉛ってマイナーな感じの栄養素なのに、むちゃくちゃ大事やんなぁ。
うん、ダイエット=亜鉛って印象なかったねぇ。
そうね。でもそんなに大切な亜鉛なんだけど、日本人は不足してるんだって。
次は、亜鉛不足がカラダに与える影響について見てみましょう。

基礎代謝を上げよう!
③日本人は亜鉛不足?

亜鉛不足はダイエットに不利

日本人は「亜鉛」が不足しているといわれています。それは亜鉛は様々な食品に含まれていますが、その含有量はかなり微量だからです。それで意識して亜鉛の多い食品を摂らなければならないのですが、それがなかなか難しいのです。

成人1日の亜鉛摂取推奨量は、男性12㎎、女性9㎎ ですが、実際は男女とも2~3mgほど不足しているのです。とくにダイエット中は食事制限をするため、余計に不足しかねません。亜鉛はタンパク質の合成に関わりますが、タンパク質でつくられるものは筋肉だけではありません。例えば、ホルモン、精子、髪の毛など様々です。

とくに亜鉛を多く消費するのはストレスを感じるときです。ストレスを感じると、精神を安定させる働きを持つ「セロトニン」というホルモンが出てきてストレスを和らげてくれます。ホルモンもタンパク質の一種なので、合成するのに亜鉛が必要です。ストレスが多いとその分セロトニンが必要になるため、亜鉛の消費量も多くなるというわけです。またお酒を飲んで肝臓でアルコールを分解するときにも亜鉛がたくさん使われます。

栄養はなんでもそうですが、生命にかかわるところから優先的に供給されます。髪の毛もケラチンというタンパク質でできていますが、髪は無くてもとりあえず生きていけるので亜鉛の供給が後回しにされてしまいます。それでストレスの多い日常を送っている人や、お酒の量が多い人に薄毛の人が多いのです。

もともと日本人は亜鉛不足なのに、その少ない亜鉛をさまざまな場面でシェアしなければならないのです。それで基礎代謝を上げるために筋肉をつけるにも、亜鉛が多いほうが有利なのです。(かといってとり過ぎると体調不良をおこしてしまうので、摂取量には注意が必要です。)

関連→ ダイエットすると抜け毛が増える理由と対策について

亜鉛がないとハゲちゃうんだねぇ・・
ああ、性欲も減退するっていうもんなぁ・・
亜鉛不足なるとカラダに色いろな影響が出ちゃうんだね。
では、どんな食べ物に亜鉛が多く含まれているか見てみましょう。

基礎代謝を上げよう!
④亜鉛が豊富な食べ物とは?

亜鉛が豊富なものを食べて基礎代謝を上げる

亜鉛がいちばん豊富に含まれている食品といえば「牡蠣(かき)」で、100g中に約13㎎ も含まれています。その他は100g中に、からすみ9.3mg、煮干し7.2mg、するめ5.4mg、ホヤ5.3mg などの魚介類や、ビーフジャーキー8.8mg、豚レバー6.9mg、牛肉ロース4.6㎎ などの肉類に多く含まれています。

亜鉛は他にも色いろな食品に含まれますが、多く含むものはご覧のように毎日食べるようなものではありません。牡蠣なんて季節ものですし、からすみやホヤなんてお酒のおつまみで珍味です。また煮干しに亜鉛が多いといっても、1日に100gも食べる人なんてなかなかいませんよね?

ご飯0.6㎎ や食パン0.8㎎ のように主食にも微量が含まれますが、ダイエット中は炭水化物を控える人が多いでしょうから、こちらからの摂取は期待できません。

また亜鉛は単独ではカラダに吸収されづらい栄養素です。「ビタミンC」や「クエン酸」が亜鉛の吸収率を上げてくれますから一緒にとると良いでしょう。

という感じで、亜鉛は食事だけでは1日の必要量をとりにくい栄養素なのです。

亜鉛と一緒に摂ろう→ 黒酢で痩せよう!アミノ酸&クエン酸のダイエットパワー

1日に必要な亜鉛をとろうとしたら、いっぱい食べなきゃならないからダイエットにならないよね~。
じゃあ、どうすりゃあええの?
ということでダイエットの強い味方「サプリメント」登場です。
おすすめの亜鉛サプリがどんなものなのか見てみましょう。

基礎代謝を上げよう!
サプリメントで亜鉛を補給しよう!

亜鉛サプリで基礎代謝を上げよう

食事から摂りにくい亜鉛ですから、足りない分はサプリメントで補給しましょう。

まずは、瀬戸内産の牡蠣181個分の亜鉛を凝縮した 贅沢亜鉛 牡蠣のチカラαです。こちらの商品には亜鉛以外にも、美容や健康に良い「マカ」や「高麗人参」の成分もたっぷり含まれたサプリメントです。最近お酒に弱くなった、カラダがだるい、性欲が減退したなどの症状でお悩みならこの商品をお試しください。

次の商品は、美しい髪を保つ亜鉛サプリです。前述したように亜鉛不足は髪の毛にも影響します。ダイエット中は食事制限で余計に亜鉛不足になり、女性でも抜け毛が多くなることがあるでしょう。そこでオススメなのが Be&【ビアンド】ビューティ女性美・神サプリ です。
こちらの商品は製薬会社と美容サロンが共同開発した商品で、亜鉛を含む33種類もの自然由来の美容成分を凝縮したサプリメントです。

う~ん、こういうときサプリって頼りになるよね~。
わいも禿んように1個買っとこうかな・・。

ということで、基礎代謝をあげるためには亜鉛も必要だというお話でした。

亜鉛が不足すると他にも、味覚障害、うつ、貧血、免疫の低下など重大な症状を引き起こしかねません。栄養のバランスの良い食事を心がけて、不足しがちな亜鉛はサプリで補いながら健康的にダイエットしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加