全粒粉ベーグルパンはダイエットの味方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全粒粉ベーグルはダイエット向きのパン

ベーグルダイエット

Q パンが好きなので、毎日の朝食はパンを食べています。しかし、同じ炭水化物でも、パンはご飯に比べて、太りやすいといわれてますよね。太りにくいパンって無いのでしょうか?

ワタシもパンが好きだけど、何でごはんよりも太りやすいの~?
パンの原料は小麦粉で、小さな粉で作られてるでしょう。
だから、ごはんに比べて消化・吸収が早い分、血糖値が「グンッ!」と上がるから太りやすいのよ。
なんで血糖値が「グンッ!」と上がったら太りやすくなるん?
血糖値が上がったら、それを下げるためにすい臓からインスリンが出てくるでしょう。
インスリンは、血糖値を下げる仕事をするんだけど、ブドウ糖を脂肪にしてためる仕事もするのよ。
だから、血糖値が「グンッ!」と上がると、インスリンも「ドバッ!」っと出るでしょう。
インスリンの量が多いと、脂肪ができる割合も増えるというわけよ。
だから、血糖値が急激に上がると太りやすくなるの。
ほう・・
じゃあ、ローカロリーで、血糖値が上がりにくいパンを食べればええんやね?
えぇ~?
パンを食べたら血糖値が上がりやすいのは、消化・吸収が早いからでしょう?
じゃあ、消化・吸収の遅いパンってどんなパンなの~? 固いパン?
フライパンw
消化が早くても、吸収が遅くなれば血糖値もゆるやかに上がるよね。
だから、小腸がブドウ糖を吸収するのをジャマしてやればいいのよ。
それには、食物繊維が必要なの。
ああ、知っとる~!
食物繊維って、腹の中でブドウ糖とか脂肪にからみついていくけえ、小腸が吸収するのをジャマするんよね?
そうそう。
血糖値の上がり具合を数値化したものを「GI値(グリセミックインデックス)」っていうんだけど、この数値が高いものほど血糖値が急に上がるっていうことなの。
そのGI値は、普通の食パンが91なのに対して、全粒粉の食パンは50なのよ。
そこで、ダイエット中にオススメのパンが「全粒粉ベーグル」。
全粒粉ベーグル?
確かに全粒粉は食物繊維がたっぷりだけど、全粒粉のパンって、他にもいろんな種類があるのに、なんでベーグルなの~?
ベーグルは基本的に、牛乳や卵やバターが入ってないから、他のパンよりも脂質が少なくて低カロリーなの。
そして食感も、どっしりモチモチしてるから、よく噛んで食べるよね。
ああ、よく噛んだら満腹中枢が刺激されるてゆうもんね。
おなか一杯になりやすいけえ、その分カロリー制限できるもんなぁ。
そうね。
それによく噛んだら、顔の筋肉の運動にもなるから、フェイスラインのたるみ改善にもなるよね~。
そして、このしっかりした食感は、ベーグルが小麦粉の中でも一番タンパク質が多く含まれている、強力粉で作られてるからなの。
ああ~、ダイエットには、代謝をあげるためにタンパク質が必要だっていうもんね~。
なるほどな~。
ベーグルは、他のパンと比べて、①ローカロリー ②脂質が少ない ③タンパク質が豊富 ④よく噛んで食べるから満腹感がある。
その上、全粒粉やったら、血糖値もあがりにくいんやろ。全粒粉ベーグルって、ダイエットのためのパンみたいやんなぁ。
そうでしょう。
ということで、ダイエットにお勧めのパンは、全粒粉ベーグルというお話でした。
ベーグルパンは、食パンのように、バターやジャムを付けなくても、そのまま美味しく食べられるのもダイエット面では魅力ですよね。
全粒粉ベーグルは、モチモチの食感がクセになるので、食べ過ぎに注意してダイエットに役立てましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*