便秘はダイエットの大敵!食べ物以外の4つの改善ポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘改善のポイントとは?

便秘改善ダイエット

Q 便秘でダイエットがはかどりません。便秘を改善するために、食べ物以外で気をつけることって何かありますか?

食べ物以外で便秘を改善するポイントは、よく噛むこと、足を冷やさないこと、深い呼吸をすること、腸を温めること、の4つです。これらがどのように便秘改善に役立つのか、詳しく見てみましょう。

  1. 食事はよく噛んで食べよう!
  2. 足を冷やしちゃダメ!
  3. ゆっくり深い呼吸をしよう!
  4. 腸を温めてあげよう!

食事はよく噛んで食べよう!

よく噛めば便秘を改善できるよ

便秘を改善するには、食物繊維たっぷりの野菜や果物が良いというように、食べ物に気をつけるのは重要ですね。でも、いくら食べ物に気を使っても、よ~く噛んで食べないと、便秘を改善することはできません。それは、便秘を改善するには、消化吸収を良くすることが大切だからです。

消化器官というと、パッと思いつくのが胃と腸ですね。でも、口だって一つの立派な消化器官ですよ。よ~く噛めば、食べ物を細かくできますし、唾液もたくさん出ます。唾液には、デンプンを分解するアミラーゼという消化酵素が含まれるんです。立派な消化液ですね。

それに、唾液がたくさん出ると、胃腸にスイッチが入ってよく働くようになるんです。そしたら、消化吸収だけでなく「排泄」も良くなるんです。大腸も活発に動きますからね。

よく噛む → 唾液が出る → 胃腸が活発に働く → 排泄が良くなる → 便秘の改善!・・というふうに、よく噛むとピタゴラスイッチみたいに便秘が改善できるんです。

よく噛むことはダイエットに良いんです!→ 太りにくい食事のポイントは食べる順番とよく噛むこと

毎日、食物繊維たっぷりの草を食べてるのに便秘になるのは、ほとんど噛まずに丸飲みするからなんだね・・。
草なんか丸飲みしたら「オエッ!」ってなるやろう?
よく噛むと満腹感も得やすいからね~。食事はよく噛んで食べましょう。

足を冷やしちゃダメ!

便秘を改善したいなら足を温めよう

冷えと便秘ってとても関係が深いんです。それでカラダの中でも、とくに足を冷やさないように気をつけましょう。なぜなら、足裏には胃腸につながるツボがあるからです。そこを冷やしてしまうと胃腸が冷えてしまい、働きが悪くなるんです。それに、足から全身が冷えてしまいますよね。冷えると血行やリンパの流れが悪くなって、代謝が落ちてしまいます。そしたら、ダイエットに不利になってしまいます。

なので、たとえ寒くなくても、素足で過ごすのは避けたほうが良いです。夏なんて、足裏が冷んやりするフローリングは気持ち良いすが、それが胃腸の働きを悪くするんです。なので、靴下といわないまでも、スリッパくらいは履いたほうが良いですね。

便秘を改善するには、つねに足からおなか周りまで温めて血行を良くし、胃腸の働きが良くなるように環境を作ることが大切なのです。

インドチャイで冷えを改善しよう!→ チャイで冷え性改善!基礎代謝を上げる魔法の飲み物

ウチら四つん這いだから、余計にカラダが冷えるよねぇ・・。
わい、二足歩行できるで! おまえとは違うんじゃw
うさちゃん、二足歩行ができても、ちゃんと靴下をはいて足裏を温めようね~。

ゆっくり深い呼吸をしよう!

深い呼吸で便秘を改善

深い呼吸をすることも、便秘の改善につながります。なぜなら、横隔膜を大きく動かすことができるからです。横隔膜とは、肺の下にあり、内臓が入っている腹腔とを仕切っている壁みたいなものですね。

深い呼吸をして横隔膜が大きく上下に動くと、胃腸を刺激するんです。それが胃腸の動きを活発にして、便秘の改善に役立つというわけです。

横隔膜の動き幅って、浅い呼吸と深い呼吸では全然違うんです。とくに「腹式呼吸」をすると、その差は5倍に!それで便秘を改善したければ、腹式呼吸がオススメです。

腹式呼吸のコツは、いつもよりも長めに息を吐くことです。それで、おなかがペッタンコになったら、おなかに空気をためるように膨らましながら息を吸い込むんです。呼吸をしながら「腸もみ」をするって感じですね。

それに深い呼吸をすると、自律神経が整うんです。息を吸い込むときに「交感神経」が優位になり、吐くときに「副交感神経」が優位になる。この切り替えがスムーズになるんですね。胃腸の動きも自律神経によって管理されていますから、腹式呼吸でこれを整えることにより、便秘の改善につながるというわけです。

腹式呼吸はダイエットにも良い!→ 腹式呼吸で痩せる!自律神経を整えて脂肪を燃やすダイエット

「落ち着かなきゃ!」ってときに深呼吸をするのは、自律神経を整えるためなんだよ。
落ち着いたらウンコしたくなるもんなぁ。
呼吸ひとつで胃腸の調子まで整えることができるなんて、人間のカラダって不思議だよね。

腸を温めてあげよう!

便秘改善に腸を温めよう

便秘を改善するには、胃腸の調子を良くしなければなりません。それには、朝イチと寝る前に、一杯ずつ白湯を飲みましょう。胃腸を温めてやれば、血行が良くなって動きも良くなりますからね。

朝イチの白湯は、胃腸を刺激して排便をうながしてくれます。また、胃腸は副交感神経が優位になったときによく働きますが、副交感神経がいちばん優位になるのは寝たときです。そこで、寝る前に白湯を飲んで温めてやれば、腸の働きを良くし、朝までにウ○コを前に押し出す動きをサポートしてやることができるんです。

反対に、冷たいものを飲んで胃腸を冷やしてしまうと、便秘の原因になってしまいます。たとえ夏でも、朝イチと寝る前に一杯ずつ白湯を飲む習慣をつくりましょう。白湯を飲むことは便秘の改善にとても有効なんです。

ダイエットは朝の習慣つくりが大事!→ 痩せるぞ!30分でやる朝活ダイエット(暖かい晴れの日)

食物繊維以外にも、便秘の改善にできることはたくさんあるんだねぇ。
食物繊維も食いすぎたら、詰まって便秘になるっていうけえね。

ということで、ダイエットの大敵「便秘」を改善する4つのポイントについてのお話でした。

便秘を改善するだけでも、内臓全体の働きを良くして、基礎代謝をグンと上げることができますからね。痩せたければこれらのポイントにも気を使って、便秘にならない習慣づくりをしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加