ビスコはダイエット中のおやつに最適?カロリーと栄養は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小麦胚芽入りがおすすめ!

ビスコはダイエット中のおやつに最適

Q ビスコがダイエットに役立つのはどんなところですか?

発売から何十年たっても人気のビスコは、誰でも一度は食べたことがある国民的なお菓子ですね。素朴な味わいで美味しいビスコは、スーパーの棚から消えることが想像できません。

最近ではバリエーションが増えて「小麦胚芽入り」や「発酵バター仕立て」なんてのも出てますね。

「ん?、小麦胚芽入り?」それは食物繊維がタップリってことじゃないですか!これはダイエットに使えそうですね~。さすがに発酵バター仕立ての方はムリがありますが・・。

ダイエットに使うといっても、ビスコを食事代わりにするってことじゃないですよ。「おやつ」にするんです。

「ダイエットしてるのに、おやつなんてダメでしょう?」と思うでしょうが、夕食まで空腹をガマンして食べ過ぎるより、3時のおやつにビスコを食べて空腹感をまぎらせたほうが、トータルの摂取カロリーがおさえられて良いんです。

夕食は1日の食事の中でも一番高カロリーになりがちですし、食べた後はのんびり過ごして寝るだけなので太りやすいですからね。

ビスコの栄養とダイエット機能

ビスコのダイエット機能とは?

そこで気になるのがビスコのカロリーです。ビスコは写真のように、1パック5個入りのものが3パック入ってますが、1パック(小麦胚芽入り)で109kcalなんです。この小分けにされてるところが良いんです。カロリー管理がしやすいですからね。

一般的におやつは200kcalまでならOK!なんて言われてますが、その半分くらいのカロリーです。おやつにビスコを1パック食べれば、空腹感をまぎらすことができますよ。

ビスコの栄養

小麦胚芽入りですから、さすがに食物繊維が多いですね。1パックで1.2gも摂れちゃいます。これはレタスを100g食べるよりも多い量なんですよ。

食物繊維はおなかで糖質にからまって吸着する性質があるので、小腸での吸収がゆっくりになるんです。それで血糖値もゆっくり上がるので、インスリン(血糖値を下げる&脂肪を作るホルモン)の分泌量も少なく済むんです。

また血糖値が安定すると、空腹感を長い時間まぎらすことができますからね。これがビスコのダイエット機能の一つです。

他にカルシウムが多いのも特徴です。1パックで127㎎とれますよ。

厚生省の推奨量によると、成人女性が1日にとるべきカルシウム量は650㎎だそうです。カルシウムは不足しがちな栄養素ですが、ビスコ1パックで必要量の約1/5をとることができるんです。

また意外かもしれませんが、カルシウムには脂肪の「燃焼効果」と「吸収阻害」の働きもあるんです。

脂肪を燃やすときに「火種」になるUCP1という物質があるんですが、カルシウムはその材料になってるんです。カルシウムが不足すると、それができないので代謝が落ちてしまうということですね。

脂肪の吸収を阻害するのは、カルシウムが脂肪を細かく分解するリパーゼという酵素の働きをおさえてくれるからです。これで小腸で吸収されなかった脂肪を身に付けなくて済むというわけです。

お菓子なんてダイエットの敵って感じですが、こうやって見るとビスコはヘルシーでしょう?そして、もう一つ気になることがあります。上の写真の右下を見てみましょう。

ビスコは乳酸菌入り?

ビスコの意外なダイエット機能

◎乳酸菌・・・1億個(5枚当たり)」って書いてありますよね。

ビスコってあまり知られてないようですが、実は乳酸菌が含まれてるんです。あの真ん中にはさまってるクリーム、あそこに1億の乳酸菌がいるんですね。

まぁ、ヨーグルトに比べたら1億でも多い数とはいえませんが、無いよりはぜんぜん良いですよね。

乳酸菌はおなかの調子を整えてくれる「善玉菌」ですからね。まず悪玉菌をやっつけてくれるでしょう。それから大腸が活発に動くように乳酸を出してくれます。便秘の改善になりますね。あとはお腹の中で各種ビタミンも作ってくれるんですよ。素晴らしい!

ビスコ(小麦胚芽入り)のダイエット機能まとめ

1.小分けにされてるのでカロリー管理がしやすい。

2.食物繊維がたっぷりなので、太りにくくて腹持ちも良い。

3.脂肪の燃焼と吸収阻害に関わるカルシウムが豊富。

4.乳酸菌がお腹の調子を整えてくれる。

5.おいしいので飽きずにダイエットに使うことができる。

といった感じです。ビスコにはこんなに優秀なダイエット機能があるのに、スーパーで1個100円以下で売ってるんです。コスパも最高ですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加