便秘がちなら本屋に行こう!本の匂いが便意を促す!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘は本屋で解消できる!?

便秘解消ダイエット

Q 食物繊維を多めにとるなど、食事には気を使っていますが、便秘がちで困っています。

人によりますが、本屋さんに行くと急にお腹が痛くなったとか、便意を催してきたという人がいるようです。そこで、便秘がちで困ってる人は、試しに本屋さんに入ってみましょう。

  1. 本屋で便意を催すのは都市伝説?
  2. インクの匂いが便意を促す?
  3. 青木まりこ現象 その他の説

本屋で便意を催すのは都市伝説?

本屋でダイエット

便秘はダイエットの大敵ですね。老廃物が出て行かないと、腸内に悪玉菌がはびこってしまいます。彼らが毒素をまき散らすと、胃腸の動きが悪くなって、余計に便秘がひどくなってしまいます。 胃腸の働きが悪いと基礎代謝が落ちてしまいます。そして、ご飯を食べても栄養の吸収が悪いので、カラダがもっと栄養を欲しがるんです。それで、いっぱい食べて太ってしまうんですね。

便秘を解消しようと、水を多めに飲んだり、食物繊維の多いものを食べて頑張るんですが、なかなか良くならないこともあるでしょう。

便秘の原因って食べ物だけでなく、精神的なストレスや運動不足など、色んな要因が関係してますからね。一筋縄ではいきません。なので何を試してもダメならば、本屋さん図書館に行ってみましょう。なぜなら、本に囲まれると便意を催すという人がたくさんいるからです。

食物繊維にも2種類あるよ→ 便秘の解消に食物繊維!食べ物を選ぶポイントはヌルヌル?

ワタシも本屋に行ったらウ○コしたくなる~。
紙がいっぱいあるけえ、ムシャムシャ食べてウ○コしとうなるんやろ?

うさちゃん、紙を食べるのはヤギよ。

でも、なんで本屋さんに行くと、便意を催す人がいるんでしょうね?

インクの匂いが便意を促す?

本の匂いで便秘解消ダイエット

「本屋さんや図書館に行くと便意を催す」・・なんて、都市伝説的な話ですよね。でも、実は自分もそうなんだよ。という人は結構いるみたいです。1985年にある雑誌のなかで、「本屋に行くとトイレに行きたくなる」という投書をした、青木まりこさんという人がいました。そしたら、「自分も同じ!」という読者がたくさんいて、反響を呼んだのです。それで、本屋に行くとトイレに行きたくなる現象を「青木まりこ現象」と呼んだのです。

実際にアンケートを取ってみると、なんと23%の人が、この青木まりこ現象の経験があると答えているんです。結構な人数ですよね。これは、何か理由がありそうですね~。

ハッキリとした根拠はないのですが、理由の一つとして「本(インク)の匂い」が便意を促すのではないか? という説があるんです。とくに真新しい本の匂いよりも、古本のインクと紙の匂いが馴染んだファンキーな匂い、あれが効くという人が多いようです。なので、青木まりこ現象は、新刊書店よりもブックオフのような古本屋で起こることが多いようです。ブックオフって、なんか独特な匂いがしますもんね。

本当に古本の匂いが、青木まりこ現象のトリガーになってるかどうかは分かりませんが、そう感じている人はたくさんいるんです。人間のカラダは不思議ですからね。

最近は、本はアマゾンなどで買ったり、電子書籍のダウンロードも増えたので、本屋に行く機会がめっきり減ったという人もいるでしょう。それで、もしそんな人で「便秘が治らない・・」と悩んでいる人がいたら、試しに本屋さんに行ってみてはいかがでしょうか? もしかしたら、便秘が治るかもしれませんよ。(本屋さんは迷惑でしょうが・・笑)

便秘解消に抹茶もオススメ!→ 抹茶は最強のダイエット茶!便秘や美容にも良い理由とは?

じゃあ、ブックオフの店員の4人に1人くらいは、仕事中にトイレに行きたくなるってこと?
どこでも長時間おったら便所くらい行きとうなるやろ?たまたま、長時間立ち読みしとったやつらが、ウ○コしとうなったいうだけの話やろ。
違うよ、うさちゃん。本屋さんに行ったら急に「ギュるるぅ・・」っと便意を催すらしいんだよ。そして、青木まりこ現象の原因は、本の匂い以外にも色んな説があるんだよ。

青木まりこ現象 その他の説

本屋で便秘を治すダイエット

青木まりこ現象には、他にも多くの説があります。まず、本屋さんや図書館ってどんな場所でしょう? 静かで落ち着く場所ですよね。本が好きな人なら幸福感を感じる場所です。つまり「リラックス」できる場所ですね。

便意って自律神経のうち、副交感神経が優位になったときに催してきます。これはリラックスしたときに優位になるので、本屋さんや図書館にいくとトイレに行きたくなるという説が生まれたんです。

これとは逆に、プレッシャーを感じるとおなかが痛くなるという人もいますよね。これは「過敏性腸症候群」というんですが、ずっと本屋さんに長居しても悪いし、欲しい本を早く見つけなきゃ・・という精神的なプレッシャーにより便意を催すというものです。生真面目な人に多いんでしょうね。

また、青木まりこ現象が起こりやすい人は、自宅のトイレに新聞や本を持ち込む習慣がある人が多いようです。それで、本がトリガーになって便意を催すという説もあるんです。まるで、パブロフ犬のような条件反射ですね。(笑)

このように、本屋さんや図書館には、色いろと便意を催す要因があると考えられてるんです。(こじつけかもしれませんが・・)

でも、実際に青木まりこ現象の経験者はたくさんいるわけですから、あながちウソともいえませんよね。人間のカラダは不思議ですから、何が原因でそうなるのか、科学で解明できないことがたくさんあるということです。

なので、普段本屋さんや図書館に行かない人で、便秘で困ってるという人がいれば、試しに本に囲まれて過ごしてみてはいかがでしょうか?

便秘解消にさつまいももオススメ!→ さつまいもの置き換えダイエットで便秘を解消して代謝UP!

便秘になったら本屋行こうっと!
節子ぉ、それ便所やない、本屋やw

ということで、便秘が治らないなら、試しに本屋さんに行ってみよう! というお話でした。

とくに夏に行くと、空調がよく効いてるので、おなかが冷えて効果がUPするといわれています。

しかし、本屋さんはトイレがない場合が多いので、急に「ギュるるぅ~」と来るとヤバいですよね。なので、トイレは事前に確保して臨むようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*