カレーは食べたら痩せる意外なダイエット食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カレーでダイエット!?

食べたら痩せるダイエットカレー

Q 辛いものは脂肪を燃焼する効果があるといいますが、カレーはどうでしょう?けっこう高カロリーだと思いますが、ダイエット効果はあるのでしょうか?

カレーには、高いダイエット効果があります。実際にカレーを食べて、4ヶ月で14㎏ のダイエットに成功した人もいるくらいです。

しかし、カレーダイエットは、入れる具材や食べる時間など、決まりを守らなければ成功しません。それでは、体脂肪を燃やしてガンガン痩せるカレーダイエットの方法について見てみましょう。

  1. なぜ、カレーが優秀なダイエット食なのか?
  2. ジャガイモとニンジンは入れない方が良い理由
  3. なぜ、ごはんは玄米が良いのか?
  4. カレーは朝食べるとダイエットに効果的
  5. 朝カレーで14㎏のダイエットに成功した政治家

なぜ、カレーが優秀なダイエット食なのか?

絶対痩せる朝カレーダイエット

カレーは、日本人の国民食として大人気のメニューですよね。しかし、1食で800kcal 以上あるのと、B級グルメの代表格というところから、なにかジャンクフードっぽいイメージがありますよね?

しかし、カレーは「薬膳料理」なのです。カレーに使われる多種類のスパイスは、もともと薬として重宝されたものですし、毎日のようにカレーをたべるインド人は、ガンになる人が少ないのです。

そして、そのスパイスには、ダイエット効果がたくさんあります。まずは、唐辛子の辛み成分である「カプサイシン」に、脂肪の燃焼をサポートする効果があるのは有名ですよね。また、カルダモン、オールスパイス、クローブは、交感神経を刺激して代謝を高める働きがあります。

そして、注目すべきはウコンの色素成分(カレーの茶色)である「クルクミン」です。クルクミンには、肝臓の働きを高める効果があります。肝臓は、人間の臓器のなかでも一番大きなもので、糖質や脂質の代謝に関わります。それで、肝臓が活発に働くと、より痩せやすいカラダになるというわけです。

脂肪燃焼関連→ 脂肪燃焼効果の高いオススメの食品

わい、カレー好き~ ♪ ニンジンいっぱい入れるんよ。うまいで~。
ワタシもカレー好き~ ♪ ジャガイモがいっぱい入ったの好き~。

そうね~
具材がいっぱい入ってるカレー美味しいよね~ ♪

でもね、カレーをダイエット食にするには、ニンジンやジャガイモは入れない方がいいのよ。その理由を見てみましょう。

ジャガイモとニンジンは入れない方が良い理由

カレーで痩せよう!ダイエット

カレーの具材でパッと思いつくのが、ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、肉ですよね。しかし、カレーをダイエット食にしたければ、ジャガイモとニンジンは入れない方がいいです。その理由は、「GI値」が高いからです。

GI値は、グリセミックインデックスという血糖値の上昇度合いを表した数値のことです。この数値が高いほど、急激に血糖値が上がります。

なぜ、GI値が高いとダイエットに良くないかというと、血糖値が急激に上がると、それを正常値に下げるためにすい臓からインスリンがたくさん出てくるからです。

インスリンは血糖値を下げる働きがありますが、それと同時に脂肪をため込む働きもあるため、たくさん出るとダイエットに不利になるのです。

各食材のGI値を見てみると、ジャガイモ=90、ニンジン=80、タマネギ=30、肉=45前後、といった感じです。ジャガイモとニンジンのGI値は高いですよね。

肉はカロリーが高いのでは? と思うかもしれませんが、タンパク質をとって代謝を上げるほうがダイエットに有利になるため、肉はぜひとも入れましょう。なるべく低カロリーで脂肪分が少ない赤身か、鶏肉がいいです。

GI値関連→ ダイエット中はGI値の低いものを食べよう

ジャガイモ食べたら太るんだね・・
ニンジン入れたらいかんの? 星のない夜空やん・・

あくまでダイエット食としてのカレーだからね。
次は、なぜ玄米にしたほうがダイエットに有利なのかを見てみましょう。

なぜ、ごはんは玄米が良いのか?

朝カレーダイエットで痩せよう!

カレーのごはんは、白米よりも「玄米」のほうがダイエットに有利になります。それは、玄米には茶色の薄皮がついてるおかげで、食物繊維がたっぷりだからです。

なぜ、食物繊維が多いとダイエットに有利なのか?それは、おなかの中で食物繊維が糖質(ブドウ糖)にからまる性質があるからです。

ブドウ糖が食物繊維にからまると、小腸がブドウ糖を吸収しようとするのをジャマするため、ゆっくり時間をかけなければ吸収できなくなります。すると、血糖値が緩やかに上がることになるため、インスリンが少量で済み、ブドウ糖の脂肪になる割合が減るというわけです。つまり、食物繊維が多い食品ほどGI値が低くなるわけです。実際に白米のGI値は81ですが、玄米は55なのです。

よって、ダイエットカレーに具材を入れたければ、「低カロリー」で食物繊維の多い「低GI値」のものを選ぶと良いでしょう。

おすすめは、ワカメやヒジキなどの海藻類です。「カレーに海藻!?」と思われるかもしれませんが、海藻をみじん切りにして入れると、磯の風味がしてなかなか美味しいですよ。海藻は低カロリーで食物繊維もたっぷりですからね。その上、代謝を活発に上げる「ヨウ素」や、むくみの改善に役立つ「カリウム」など、ダイエットに有利な栄養素が豊富に含まれるのです。

太りにくいご飯→ 痩せたいけど食べたい人必見!太りにくいご飯にする魔法の粉

ダイエットカレー・・
肉と海藻が入って磯の風味・・なかなかストイックだねぇ。
ああ、おかわりはええわ・・なかなか痩せそうやね・・
磯の風味がする肉入りダイエットカレー、美味しいから食べてみなさい。

次は、ダイエットカレーをいつ食べると効果的なのか見てみましょう。

カレーは朝食べるとダイエットに効果的

朝カレーダイエット

カレーをダイエット食にするなら、ぜひ「朝食」にしましょう。なぜ朝が良いのかというと、一日のうちでいちばん代謝が高まる時間帯だからです。

あさ目覚めると、それまで眠っていた脳やカラダが動き出すので、たくさんのエネルギーが必要になります。飛行機も離陸して上昇するときに一番エネルギーを使いますが、それといっしょです。一番エネルギーを必要とする朝に、糖質や脂質の代謝を高めるカレーを食べて、痩せやすいカラダ作りをするというわけです。

そして、朝にカレーを食べると良いのは、ダイエットだけではありません。カレーに使われるスパイスは、交感神経を刺激するため、バッチリ目覚めて脳の働きが良くなります。

また、ご飯は糖質(ブドウ糖)が多いので、太らないか心配になるでしょう。しかし、脳のエネルギーはブドウ糖ですから、朝一番に必要な栄養素です。これから仕事や勉強で活発にエネルギー消費するので、ドカ食いしない限り太る心配はいりません。しっかり食べて、素晴らしい一日のスタートを切りましょう。

朝食を食べよう!→ 朝が早い人に痩せてる人が多いのはなぜ?

イチローも朝からカレー食うって言うとったもんなぁ。
うん、できる人は朝からカレー食べるんだね~。

そうよ~。できる人は朝からカレーを食べて、そしてダイエットも成功する。

次は、実際に朝カレーダイエットで減量に成功した人のお話です

朝カレーで14㎏ のダイエットに成功した政治家

痩せるカレーダイエット

みなさんは、阿部内閣の官房長官である菅義偉さんをご存知ですよね?この方は、還暦を過ぎたころ、お医者さんから10㎏痩せるように言われたそうです。昔は太ってたようですね。

そして、たまたま観ていたテレビで紹介された「朝カレーダイエット」を実践したそうです。奥様に毎朝カレーを作ってもらって食べた結果、なんと4ヶ月で14㎏もの減量に成功したのです。一時、あまりの激ヤセぶりに重病説が流れたとか・・(笑)

テレビで見る菅官房長官はとてもスマートですもんね。やはり、朝カレーはとても効果的なダイエット方法なのです。

人気記事→ メタボを改善!食事と運動によるダイエット方法

ほう・・
還暦過ぎて代謝の悪うなったカラダでも、そんなに痩せれるんや。カレー恐るべし・・
うん、しかも全然リバウンドしてないんだよね~。

そうね~。朝カレーすごいよね~!

ということで、朝食にカレーを食べるとダイエット効果があるというお話でした。

カレーは、ほぼ完全栄養食品といわれるほど、栄養価の高いものです。一日のスタートにカレーを食べてカラダに活力を与えるのは、健康にも仕事や勉強のパフォーマンス向上にも役立ちます。毎朝1杯のカレーで健康的にダイエットしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加