ディズニーシーで1万歩!楽しいウォーキングダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディズニーシーを歩こう!

ディズニーシーでウォーキング

Q 楽しくウォーキングを続けられる方法はありませんか?

ダイエットにウォーキングはとても良い有酸素運動ですが、いつも同じコースを歩いてるとそのうち飽きてきますよね。楽しくないと続けられませんから、なにか工夫が必要です。

そこで、週に1,2回でもディズニーシーを歩いてみてはいかがでしょうか?(舞浜近辺に住んでる人しかできませんが・・笑)

ディズニーシーでウォーキング、絶対に楽しいですよ!アトラクションなんて乗らなくても、あの楽しい雰囲気ですから、平気で2時間くらい歩けます。季節によりイベントも変わりますからね。ディズニーは何度来ても飽きません。

でも、お金がかかり過ぎるでしょ・・

ウォーキングは続けなければ意味がないので、確かにお金はかかります。

ディズニーシーの1dayパスポートって、大人1日で7,400円もしますからね。それなら近所を歩いた方が良いよ・・と思うでしょう。

でも、年間パスポート63,000円ならどうでしょう?安くはありませんが、週に2回行ったとして年間104回です。なんと1回あたり約600円で入れるではありませんか!これはスポーツジムに通うよりも安いんじゃないでしょうか?

ディズニーシーってどれくらい広いの?

ウォーキングするなら、ディズニーシーってどれくらい広いのか気になりますよね。

ディズニーシーは490,000㎡の広さです。これは東京ドーム10.5個分の広さで、畳でいうなら29,700枚分もあるんです。ウォーキングをする分には十分な広さですね。

歩くのが良い理由

ディズニーシーでダイエットウォーキング

ところでウォーキングをやって消費できるカロリーってどれくらいだか知ってますか?

ちょっと早足で1時間歩いても、300kcalほどしか消費できないんです。1㎏の脂肪を落とすのに約7000kcalを消費しなければなりませんから、ぜんぜん足りないじゃん・・と思いますよね。

ウォーキングの目的とは?

ダイエットで運動するのは、目先のカロリーを消費するのが目的ではなく、筋肉を動かして基礎代謝を上げることです。

基礎代謝は1日に必要なカロリーのうち7割を占めるといわれてます。例えば1日に必要なエネルギーが2000kcalだとすると、基礎代謝で1400kcal消費することになるんです。これは大きいですね。

筋肉は動かせば動かすほど活性しますから、どんどん歩いて基礎代謝を上げることで、ダイエット効果を発揮することができるんです。カラダの筋肉の7割は下半身にありますからね。ウォーキングが良いという理由がわかるでしょう。

リンパと血液の流れも良くなる!

血管と同じように、カラダ中にリンパ管が張りめぐっています。リンパ管のなかにはリンパ液が流れていて、カラダの老廃物を体外に流す働きがあるんです。カラダの下水道のようなものですね。

でも、リンパには心臓のようにポンプ代わりになるものがありません。リンパは筋肉の収縮によって流れが生まれますから、カラダを動かさないと、どんどん老廃物がたまり込んでいくんです。

リンパが流れないとむくみの原因になってしまい、血行も悪くなるので代謝が落ちてしまいます。そしたら、ダイエットに不利なカラダになってしまいます。とくに脚のリンパは重力で下がってたまりやすいですからね。

なので、ダイエットだけでなく健康のためにもしっかり歩くことが大切なのです。

1日1万歩!

ディズニーシーで1万歩のウォーキング

厚労省の調査によると、成人1日の平均歩数は、男性で7194歩、女性で6227歩だそうです。(どうやって調べたんだろう?)まぁ、あくまで平均ですからね。通勤条件や職業にもよるでしょう。

よく健康のためには「1日1万歩」といわれますが、1万歩ってどれくらい歩けばいいのでしょう?

歩幅が大体50~60㎝ですから、1万歩で5000~6000mってことになりますね。少し早歩きすれば、1時間ちょっとで1万歩ですね。

では、ディズニーシーではどれくらい歩けば1万歩になるでしょう?

ディズニーシーの外周を1周するのにかかる時間は、およそ30分です。なので2~3周すれば1万歩達成できる計算になります。
ディズニーシーのマップ

楽しい雰囲気のディズニーシーなら、1時間のウォーキングなんてあっという間ですね。良い運動になりますしストレス解消にもなるので、ディズニーシーでのウォーキングはとてもおすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加