デトックス効果抜群!どくだみ茶がダイエットに良い理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どくだみ茶でダイエット!

どくだみ茶でダイエット

Q どくだみ茶がダイエットに良い理由を教えてください。

独特の強い香りで「THE薬草」といった感じのどくだみは、ダイエットのみならず、健康にも美容にも抜群の効果があるのです。一体どんな効果なのかを見てみましょう。

  1. どくだみとは?
  2. 強力なデトックス作用
  3. 強力な抗酸化作用
  4. むくみを改善する効果
  5. どくだみ茶を作ってみよう!

どくだみ茶でダイエット!
①どくだみとは?

どくだみとは?

どくだみが生い茂っている所へいくと、プ~ン・・と、独特の苦み混じりの匂いがしてきます。いかにも「薬草」といった感じの匂いですが、実際にどくだみは「十薬」という生薬名があるほど、薬効成分が豊富な植物なのです。

その成分には、高濃度のカリウムをはじめ、カルシウム、マグネシウム、マンガン、鉄、亜鉛といったミネラル分。また、クエルシトリン、デカノイルアセトアルデヒト、イソクエルシトリンといったフラボノイド類を豊富に含みます。

そして、それらの成分による薬効とは「デトックス作用」と「抗酸化作用」で、これらがダイエットのみならず、健康や美容にも効果的に働くのです。どうせダイエットするのなら、健康的にキレイに痩せたいですよね? それで、どくだみ茶がダイエット茶としてお勧めなのです。

また、どくだみ茶は、お茶といっても茶葉で煮出したものではないので、カフェインを含みません。それで、カフェインに弱い人や妊婦さん、授乳中のお母さんでも安心して飲めるダイエット茶なのです。

ダイエット茶関連→ 中性脂肪をやっつけろ!お勧めのダイエット茶はこれだ!

わい、どくだみ臭いけえ好かん。
うさちゃん、納豆とかキムチとか臭いの好きなのに珍しいね?
うさちゃんは、ニガイのが苦手なんだよね~。
それでは、どくだみ茶の薬効の一つ「デトックス作用」がどのようにダイエットに良いのかを見てみましょう。

どくだみ茶でダイエット!
②強力なデトックス作用

どくだみ茶のデトックス作用

デトックス作用とは、簡単に言うと、カラダから毒素や老廃物を排出する解毒作用のことです。

カラダに毒素や老廃物がたまり込むと、血液がドロドロになり、血行が悪くなると代謝が落ちて太りやすいカラダになってしまいます。血行が悪くなると代謝が落ちるのは、酸素をカラダ中に効率よく供給できなくなるからです。脂肪の燃焼には酸素が必要ですから、血液がサラサラ流れて酸素をたくさん供給できるようになると、脂肪をガンガン燃やせる痩せやすいカラダになるのです。

また、どくだみには腸内の老廃物(宿便)も流し出す作用があるため、便秘の改善も期待できます。腸内環境がと整うと、カラダの内側から代謝が高まります。 それで、どくだみ茶のデトックス作用がダイエットに効果的だといえるのです。

健康面でいうと、血管がキレイになることで血流が良くなり、動脈硬化や脳梗塞などの循環器系の病気の予防にもなりますし、冷えの改善にもつながります。

また美容面でいうと、デトックス作用により、ニキビなどの吹き出物や肌荒れの改善が期待できる他、アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患の改善も期待できるのです。

これらの不調は、カラダにたまり込んだ毒素や老廃物が大きな原因になっているため、どくだみ茶のデトックス作用が健康的にキレイに痩せるために必要なのです。

デトックス関連→ ジュースクレンズは太りにくい食生活にできるダイエット法

どくだみ茶が、カラダの内側をキレイに掃除してくれるいうことやね。
匂いがキツイと思ってたけど、それだけたくさんの薬効成分があるってことだったんだね~。
そうね~。
次は、もう一つのどくだみの薬効である「抗酸化作用」について見てみましょう。

どくだみ茶でダイエット!
③強力な抗酸化作用

どくだみの抗酸化作用

どくだみには、クエルシトリン、デカノイルアセトアルデヒト、イソクエルシトリンという「フラボノイド」が豊富に含まれます。これは、どくだみの色素や苦味の成分になっているもので、緑茶でいう「カテキン」や、トマトの「リコピン」と同じポリフェノールの仲間です。

そして、フラボノイドには強力な「抗酸化作用」があり、これが健康的にキレイに痩せるために大活躍してくれるのです。

どういうことかというと、抗酸化作用というのはカラダにとって毒物である「悪玉活性酸素」を減らす働きのことだからです。悪玉活性酸素はカラダの細胞を酸化する働きがあり、これが原因で細胞がサビてしまうと、肌のシミやシワなどのトラブルや、ガンや動脈硬化などの病気までも引き起こしてしまうのです。

ダイエット面でいうなら、脂肪を燃焼してカロリー消費してくれる細胞がやられてしまい、代謝の悪いカラダになるためダイエットに不利になるのです。それで、どくだみの抗酸化作用がダイエットのみならず、健康面やアンチエイジングの観点からも重要だといえるのです。

抗酸化作用関連→ もずく酢はダイエットの味方!痩せる食事になる理由とは?

カラダにとって悪いもんは全部出してくれるいうことやね。
うん、どくだみなんてただの臭い雑草かと思うてました・・。
すごい薬草でしょう?
次は、どくだみには「むくみ」も改善する働きがあるというお話です。

どくだみ茶でダイエット!
④むくみを改善する効果

どくだみ茶でむくみを改善

どくだみには、高濃度のカリウムを含むという特徴もあります。カリウムは、カラダから余分な塩分を排出する働きがあるため、むくみの改善ができるのです。

なぜ塩分が多くなるとカラダがむくむかというと、体液が塩分8%の濃度でバランスを取っているからです。塩分の多い食事ばかりしているとカラダの塩分濃度が高まりますが、8%濃度のバランスを保つために水で薄めようと水分をため込んでしまうのです。この水膨れでカラダがパンパンになり、むくみの原因になってしまうのです。

そして、カラダがむくむと血行やリンパの流れが悪くなってしまいます。前述したように、血行が悪くなると酸素を効率よく供給できないために、脂肪代謝が落ちてしまいます。また、リンパは老廃物を流す働きがあるため、流れが悪くなるとダイエットに不利になります。

それで、どくだみにはむくみを改善するカリウムを豊富に含むため、ダイエットに効果的だといえるのです。

カリウム関連→ アボカドダイエット!基礎代謝を高めて消費カロリーUP!

カラダの余分な塩分まで出してくれるんだってよ。
これで飲みやすかったらええのになぁ・・。
でも臭みや苦味は慣れるとクセになるからね。うさちゃんなんて結構ハマるんじゃない?
次は、そのどくだみ茶を作ってみよう!というお話です。

⑤どくだみ茶を作ってみよう!

どくだみ茶を作ろう!

どくだみは、日陰など、ちょっとジメっとしているところに群生している植物です。よく探してみると、結構見かけるので珍しくもなんともない、簡単に手に入る薬草です。そこで、どくだみを取って来て、お茶を作ってみましょう!

どくだみ茶の作り方

  1. どくだみを根っこから取って来て、きれいに洗いましょう。
  2. 風通しの良いところで根っこから吊るして乾燥させましょう。(一週間位)
  3. よく乾燥させたら、はさみなどで葉っぱを細かく切りましょう。
  4. 細かく切った葉っぱを、フライパンに乗せて弱火で焦がさないように炒りましょう。(5~10分くらい。香が立ってきたら火を消します。)
  5. 茶葉ができたら、水と一緒にヤカンに入れて煮出しましょう。こうすることでどくだみの薬効成分をたっぷり出すことができます。

コチラもお勧め→ 抹茶は最強のダイエット茶!便秘や美容にも良い理由とは?

裏庭にいっぱい生えてるよ。
臭いけえ行きとうないわ。わざわざ作らんでも買えばええやんかw

ということで、どくだみ茶を飲んで健康的にキレイに痩せよう!というお話でした。

どくだみ茶の良いところばかりを紹介しましたが、2つのデメリットがあります。それは強い緩下作用で便秘の改善に効果がありますが、元々おなかが緩い人が飲むと、下痢になりやすいので注意が必要なことです。

もう一つは、高濃度のカリウムを含むため、腎臓疾患や腎臓機能が低下している人が飲むと、カリウムを排出できずにため込んで「高カリウム血症」を起こして体調を壊す恐れがあることです。これらに当てはまる人は、どくだみ茶を飲まないように気を付けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加