ベーコン味の海藻ダルスで間食グセをリハビリするダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダルスでリハビリダイエット

ダルスでリハビリダイエット

Q ダルスって、ダイエット食にもなるスーパーフードだと聞きましたが、一体どんなものですか?

ダルスというのは、紫色をした海藻です。これには信じられないほど栄養素が豊富で、スーパーフードと呼ばれているんです。おまけに、ダイエットにも役立つ機能もありますよ!

  1. ダルスとは?
  2. ダルスはこんなに栄養が豊富!
  3. 焼いたらベーコンの味がする!?

ダルスとは?

ダルスって何?

ダルスというのは、アイルランドが原産といわれる海藻の一種です。北欧やカナダなどでよく食べられる赤紫っぽい色をした海藻です。写真の様に、日本の海でもこういうの見たことありますよね。それもダルスの仲間らしいのですが、日本では雑草扱いなんだとか・・。北海道では、昆布の育成のジャマになるので刈り取られるんですって。まぁ、昆布は高値で売れますし美味しいですからね。

それに、日本ではダルスを食べる文化がありませんからね。残念!日本で人気の海藻はというと、ワカメ、ノリ、ヒジキ、昆布、もずく、ですね。その中でもワカメなんて、一番食べられてる海藻じゃないでしょうか?

でもね、そんなワカメとダルスの栄養を比較してみると、雲泥の差があるんですよ。一体、ダルスにはどれだけの栄養が含まれているのでしょう?

もずくもダイエットにお勧めの海藻→ もずく酢はダイエットの味方!痩せる食事になる理由とは?

バルスッ!
絶対言うと思った。
では、スーパーフード「ダルス」の栄養について見てみましょう!

ダルスはこんなに栄養が豊富!

ダルスのダイエットに役立つ栄養

ダルスにどれだけ栄養が豊富なのか、ワカメと比較して見てみましょう。

ダルスの主な栄養 ワカメの何倍?
タンパク質 7.8倍
脂質 12.8倍
食物繊維 2.2倍
鉄分 33倍
カリウム 3倍
カルシウム 3.7倍
ビタミンB6 38.3倍
ビタミンB12 1.6倍
ビタミンE 2.6倍

スゴイですね。海藻ってミネラル分が豊富なことで知られますが、ダルスはワカメの数倍の含有量です。さすが、スーパーフード! ミネラルって、食事で一日に必要な量をとるのが難しいと言われますが、ダルスなら十分とれますね。とくに鉄分なんてワカメの33倍ですよ!? 鉄分は女性に不足しがちで、とくに妊娠中の女性には必須の栄養素ですからね。これらダルスの栄養が、どうダイエットに良いのか見てみましょう。

海藻だから当然低カロリー!

日本には、ワカメみたいに生のダルスが売ってません。ほとんどが乾燥したものですね。乾燥したダルスは100gでも150kcal 以下です。(乾燥した海藻の100gって、とんでもない量ですからね)実際に一回で食べる量なんて、せいぜい10~20g くらいでしょう。すごい低カロリーなヘルシー食品ですよね。

むくみを改善できるよ!

カリウムがたっぷり含まれるダルスは、むくみを改善してくれますよ。むくむと血行やリンパの流れが悪くなりますからね。そしたらダイエットに不利になるでしょう。

なぜ、むくみが出るかというと、カラダに塩分がたまってるからです。「塩分を薄めなきゃ!」ということで、カラダが水分をため込んでしまうんですね。それで、パンパンの水ぶくれになってむくむんです。カリウムは、カラダから余分な塩分を排出してくれますから、むくみが改善できるんですね。

腸内環境が整うよ!

ダルスの食物繊維は、フコダインという「水溶性食物繊維」がたっぷりです。これは、水に溶けると糊(のり)みたいになるんです。それで、余分な糖質や脂肪にくっついて排出してくれるんですよ。おまけに大腸で善玉菌を増やすエサになるんです。善玉菌が増えたら、腸内環境を整えてくれますよ。そしたら、腸が活発に動くようになって便通が良くなります。そして、基礎代謝もUPしますよ!

カラダに良い脂質だよ!

ワカメの12.8倍もある脂質ですが、DHAEPAといった脂肪酸がたっぷり含まれます。これらはカラダに溜まりません。それどころか、血管内のコレステロール値を下げたり、体脂肪の燃焼を手伝ってくれるんですよ。スゴイですよね!

脂肪の吸収をおさえるよ!

さっき出てきた「フコダイン」と「カルシウム」には、脂肪の吸収を阻害する働きがあるんです。

脂肪は、消化酵素「リパーゼ」の働きで分解されて小さくなり、「胆汁酸」に乳化(水に溶けやすくする)されて、小腸で吸収されるんです。

でも、フコダインが、リパーゼの働きをブロックし、カルシウムは、胆汁酸の働きをブロックするんです。それで、脂肪は小さくなれない上に水にも溶けなくなるんですよ。それで、脂肪がカラダに吸収されくくなるというわけです。

抗酸化作用が高い!

ダルスには、フコキサンチンという植物色素(ポリフェノール)がたっぷりです。これには、活性酸素をやっつける「抗酸化作用」があります。

活性酸素はカラダにとって毒物で、癌や生活習慣病などの重病、うつなどの精神疾患、老化現象など、自分がこうなったら「イヤだなぁ・・」と思うことの多くに関わってるんです。

活性酸素にやられると基礎代謝も落ちてしまうので、ダイエットしても痩せにくいんです。だから健康や美容のためにも、日頃から抗酸化作用の高い食品をとる必要があるんですね。

でも、やっぱりワカメが好き!→ わかめダイエットでキレイに痩せることができる理由

すごいねぇ。
こんな栄養たっぷりのもの、日本では雑草扱いしてるなんてね・・。
ダルスって名前がいかんのよ。食ったら崩壊しそうやん。「バルス!」

おっ! うさちゃん「バルス!」の言い方、パズーぽいねぇ。

ダイエットに役立つ栄養たっぷりのダルスですが、さらに嬉しい特徴があるんですよ。

焼いたらベーコンの味がする!?

ダルスは焼くとベーコンに?

ダルスには、ダイエットにうれしい特徴がもう一つあります。それは、焼くとベーコンっぽい風味がすることです。これはダイエッターにとってはうれしいですよね。超低カロリーのベーコンです!「肉が食べたいけど、カロリーが気になるなぁ・・」となったとき、代わりになりますよね?

しかも、乾燥している海藻なので、スルメみたいによく噛んで食べなければなりません。よく噛むと食欲をおさえる効果がありますし、おまけに小顔運動にもなりますよね。

そこで、小腹が空いたらダルスをおやつ代わりにしましょう!
間食って「ちょっとだけ」が重なって、結構なカロリーになってますからね。間食グセや、夜食グセが付いてる人の良いリハビリになるんです。電子タバコみたいなもんですね。(笑)

間食クセは、「口さみしい」って感覚もありますからね。ダルスを口に入れてモグモグしてれば、脳が満足して収まるんですよ。おまけに栄養たっぷりでしょう。こんなに良いダイエット食品、他にありませんよね?

なに!豚肉は太らないだと!?→ 実は太らない豚肉のダイエット効果の秘密とは?

あっ! 目を閉じて食べたら、本当にベーコンっぽいよ~ ♪
節子ぉ、それベーコンやない、ダルスやw
ということで、焼いたらベーコンっぽくなるダルスは、間食のリハビリになるよ!というお話でした。ダルスは、日本ではネット通販で買えます。乾燥ダルスの他にも「ふりかけ」や「つくだ煮」などの魅力的な商品もありますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加