ダイエットはカロリーよりも栄養のバランスを気にしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、カロリーを控えても痩せないのか?

ダイエットの停滞期にあきらめるな

Q ダイエットをするために、カロリーを控えた食事を心がけていますが、体重が減りません。一体なぜでしょうか?

ダイエットでカロリーを控えるのは大切なことですが、それよりももっと大切なのは栄養のバランスです。なぜ、カロリーを控えても体重が減らないのか?そして、ダイエットに成功するための栄養バランスとは一体何なのかを見てみましょう。

  1. カロリー計算は意味がない?
  2. なぜ低カロリーの食事で太るの?
  3. 高カロリーでもダイエットに必要な栄養とは?
  4. ダイエットに効果的な栄養バランスとは?

カロリー計算は意味がない?

ダイエットにカロリー計算は必要か?

ダイエットの基本は、摂取カロリーよりも消費カロリーを大きくすることです。それで「カロリー計算」が大切なのですが、いくら食事を低カロリーにしてもなかなか痩せないとか、むしろ太った・・という人もいるようです。

カロリー計算は一つの目安になりますが、ダイエットではもう一つ注意しなければならないことがあります。それは「栄養のバランス」です。カロリー計算と栄養のバランス、この2つを一緒に考えなければ、ダイエットで成果を出すことが難しいのです。

よって、ダイエットのためのカロリー計算は、食事の栄養バランスがとれていなければ全く意味がなくなってしまうのです。

人気記事→ メタボを改善!食事と運動によるダイエット方法

カロリーを控えた食事でも太ることってあるんだねぇ・・。
栄養のバランスとか考えんでも、カロリー控えりゃ痩せるやろ?一週間水だけで過ごしたらガリガリになるで。
じゃあ、栄養バランスが大切なことを理解するために、なぜ低カロリーの食事で太るのかを見てみようか。

なぜ低カロリーの食事で太るのか?

低カロリーで太る理由

低カロリーの食事をしても、痩せないとか、逆に太った・・という人は、極端に糖質を控えている可能性があります。糖質(炭水化物)は摂りすぎると脂肪になるため、ダイエットではなるべく控えるものですが、極端に控えすぎると逆に太ってしまうのです。

それは糖質がエネルギー源として必要な栄養にもかかわらず、控えすぎるとカラダが生命の危機を感じて「脂肪ため込みモード」になってしまうからです。

なぜそうなるかというと、脂肪は備蓄エネルギーとして糖質が無くなったときに使われるものですが、その糖質がずっと入って来ないと、カラダが脂肪を使うのをケチり始めるからです。そうなると脂肪代謝が悪くなり、ダイエットをしてもなかなか体重が落ちなくなるのです。それどころか脂肪をためようとするカラダになるため、一時的に体重が落ちて「やった~ダイエット成功だ!」と喜んでも、食事量をもとに戻すとすぐに太ってしまうのです。これがいわゆるリバウンドです。

リバウンド関連→ リバウンドしないダイエットの方法

炭水化物ってダイエットの敵みたいに言われてるけど、控えすぎてもいけないんだ。だから栄養のバランスって大事なんだねぇ。
水だけ飲んでガリガリになっても、ご飯食べたらもと通りか・・。
そうね。いくら低カロリーでも、野菜サラダだけのような食事だとそうなりかねないんだね。次は、高カロリーでも食べたほうが良いものについてのお話です。

高カロリーでもダイエットに必要な栄養とは?

ダイエットとカロリー

ダイエット中はなるべくカロリーを控えたいところですが、たとえ高カロリーでも、タンパク質をたくさん摂りましょう。それはタンパク質が筋肉を活性するため、基礎代謝が上がるとダイエットに有利なカラダになるからです。脂肪の燃焼は筋肉でおこなわれるため、その筋肉を元気にしてやる必要があるのです。

タンパク質が豊富でダイエット向きの食品といえば「大豆」ですが、肉や魚、卵や牛乳もバランスよくとるようにしましょう。肉は高カロリーですが、脂肪分の少ない赤身を食べれば効率よくタンパク質をとれますし、タマゴや牛乳には代謝を上げるビタミンやミネラルが豊富だからです。

少しくらい摂取カロリーが高くなっても、基礎代謝を上げて消費カロリーを大きくする方が、痩せやすいカラダになるのです。

関連記事→ 実は太らない豚肉のダイエット効果とは?

肉たべても大丈夫なんだねぇ。
肉だけならそんなに太らんよ。肉に太るイメージがあるのは、ご飯がすすむけえよ。肉でご飯をガツガツ食べてブクブク太るってことやね。
おっ!うさちゃん、よくわかってるね~。じゃあ次は、どんな栄養バランスがダイエットに良いのかを見てみましょう。

ダイエットに効果的な栄養バランスとは?

ダイエットと栄養バランス

人間にとってタンパク質・脂質・炭水化物は欠かすことのできない栄養素で、3大栄養素といわれています。前述したように、ダイエットするにもこれらの栄養素は大切です。脂質はダイエットで敬遠されがちですが、おもに細胞膜の材料になるために必要な栄養です。

これらの理想のバランスは、タンパク質(protein)脂質(fat)炭水化物(carbohydrate)の頭文字からPFCバランスとよばれており、タンパク質:脂質:炭水化物=15:25:60 となる比率が理想とされています。カロリー計算をしつつ、この栄養バランスになるような食事が理想なのです。・・とはいっても、なんか漠然としてるし、ちょっと面倒くさいですよね。

そこで「一汁二菜の和食」を食べましょう。ご飯に味噌汁、そしておかず2品の和食です。和食は、わざわざこれらの計算をしなくても、かなり理想に近い割合になっているのです。

おかず作りの参考に→ ダイエットの食事メニューのヒントはこれ!

やっぱ、最後は和食に落ち着くんやね。
和食なら豆や野菜が多いから、ビタミンやミネラルもバランスよく摂れるもんねぇ。
そうね~。
ということで、カロリー計算だけでなく、栄養のバランスも考えなければ痩せることはできないというお話でした。和食は理想のダイエット食といえるので、パンや麺類、丼ぶりもののような単品食を「一汁二菜の和食」に変えるだけでも、痩せやすい食生活になりますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加