玄米がダイエットに良いのは血糖値をゆっくり上げるから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

玄米のGI値は白米よりも低い

玄米ダイエット

Q 玄米と白米は、皮が付いているか付いていないかの違いなので、カロリーは同じくらいのはずですよね。なのに、玄米の方がダイエットに向いているといわれるのは、何故でしょう?

アメニモマケズ、カゼニモマケズ・・(中略)・・一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ・・(中略)・・サウイフモノニワタシハナリタイ。。
うさちゃん、宮澤賢治好きだもんね。その詩に影響されて「玄米」食べ出したもんね。そういうものになりたいんだよね。
わたしも玄米好き~♪
あの皮と胚芽にビタミンたっぷりなんだよねぇ~。
でも、なんで白米よりも玄米の方がダイエットに向いているの~?
白米も玄米も糖質には変わりないから、玄米を食べても「やせる」という効果はないのよ。
ただ、白米に比べて太りにくい性質があるから、毎日のご飯を玄米に置き換えると、より太りにくい食事になるの。
太りにくいって、どんな性質なん?
まず、玄米に特徴的なのは「GI値」が白米よりも低いということなの。
GI値ってなに~?
GI値というのは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、その食品を食べたら、どれくらいの早さで血糖値が上がるか、というレベルを表した数値なのよ。
その数字が高いほど、血糖値の上がり方も早いゆうことやね?
そうよ。それで、白米のGI値が「81」に対して、玄米が「55」なのよ。
へぇ~、皮が付いてるか付いてないかで、違うもんだねぇ~。
でも、なんで太るかどうかが、血糖値の上がり具合と関係あるの~?
血糖値があがると、それを正常値に下げるために、すい臓から「インスリン」が出てくるでしょう。インスリンには血糖値を下げるはたらき以外に、カラダに脂肪をためこむはたらきもあるのよ。
なるほど~、血糖値が急激に上がったら、インスリンが大量に出るから、脂肪もたまりやすくなる。ゆっくり上がったら、インスリンも少しづつ出るから脂肪のたまりかたも少しで済むということだねぇ~。
その通り!
白米に比べて、玄米の方がゆるやかに血糖値が上がるから、脂肪も付きにくいの。
玄米って、皮ついとるから、食物繊維も多いんやろ?
おっ! うさちゃん、良く気付いたね。
食物繊維は、玄米の方が白米にくらべて、約9倍も多いのよ。
食物繊維は整腸作用があるから、お通じも良くなるし、老廃物がたくさん出れば、基礎代謝も上がってダイエットに良いもんね。
そっか~、玄米って、白米に比べて栄養も多いし、ダイエットにもいいんだね~。
あれでもっと柔らかくて食べやすかったらいいのにねぇ~。
そうね。でも、あの固さも、玄米のいいところなのよ。
固いとよく噛むようになるでしょう。
よく噛むと、脳の満腹中枢が刺激されて、満腹感が得られるよね。
それで、食事の量が減って、低カロリーで済ますことができるのよ。
玄米は、噛めば噛むほど味が出てうまいもんなぁ~。
あれでもっと安けりゃええんやけど・・。
玄米って、なんで精米工程がはぶかれとるのに、白米より高いんかね?
それは、ダイエットの話から脱線するので、ここでは割愛します。
知りたけりゃあ、ググってみなさい。
がーん!
玄米がダイエットに良いといっても、カロリーは白米と同じですからね。
食べ過ぎに気を付けて、健康的にダイエットしましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加