1日5分でウエストが細くなる8の字ダイエット運動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウエストを細くする8の字運動

1日5分のウエスト8の字運動

Q ウエストを細くしたいです。簡単に続けられる運動があれば教えてください。

ウエストを細くしたいなら、8の字運動がオススメです。これを1日5分毎日続ければ、ウエストを引き締めることができますよ。やり方は次の動画を参考にしましょう。

ポイントはゆっくりで良いので、大きく腰で8の字を描くことです。この運動が良いのは、普段の生活では使わないわき腹の筋肉を刺激できることです。

おなか周りに脂肪が付きやすいのは、脂肪を燃やしてくれる筋肉が少ないのが一つの理由ですが、おなか周りの筋肉って意識しなければ鍛えることができませんよね。ウデとかアシのように生活の中で使うことがないですからね・・。

なので、1日5分でもこのウエスト8の字運動をやるだけで違ってくるんです。それでは、具体的にどのような効果でウエストが細くなるのか見てみましょう。

腹斜筋が鍛えられる!

1日5分のウエスト8の字運動で腹斜筋を鍛えよう!

ウエスト8の字運動で鍛えられるのは、わき腹の「腹斜筋」やその奥にある「インナーマッスル」を鍛えることができることです。

一般的な腹筋運動は、タテの動きで腹直筋(6つに割れるやつ)を鍛えることができますが、お腹にヨコの動きが加わることってあまりないですよね。

なので、1日5分でも8の字運動で、これらの筋肉を刺激して代謝を上げることができるんです。そしてこの8の字運動の効果は、単に筋肉が鍛えられるというだけではないんです。

胃下垂が改善できる!

1日5分のウエスト8の字運動で胃下垂を改善

おなかがポッコリなる原因は、脂肪だけではありません。それは「胃下垂」で内臓が下がってくるという理由もあるからです。

胃下垂とは、内臓を正常な位置で支えている筋肉が弱くなるため下がってくる症状です。とくに病気ってわけではありませんが、おなかがポッコリなるのでやっぱり気になりますよね。

1日5分のウエスト8の字運動をやることで、弱くなったおなか周りの筋肉が鍛えられて、内臓を正常な位置に戻すことができるんです。それでポッコリを解消すれば、ウエストが細くなってカッコ良くなりますよ。

骨盤矯正ができる!

1日5分のウエスト8の字運動で骨盤矯正

おなか周りに脂肪が付きやすいのは、骨盤のゆがみも一つの原因です。骨盤がゆがむと血行やリンパの流れが悪くなるので、むくんだり代謝が落ちて脂肪が付きやすくなってしまいます。

骨盤のゆがみって、座りっぱなしで腰に負担がかかったり、重心が片足に乗った状態で立つのがクセになってたりと、ちょっとしたことの積み重ねでゆがんでいくんです。

これを1日5分のウエスト8の字運動でほぐせば、骨盤のゆがみを矯正することができますよ。

いかがですか?
8の字運動だけでこんなにウエストが細くなる効果が生まれるんです。ポイントは、
ゆっくり大きく8の字に動かす。
毎日5分はやることです。

わき腹に手を当てて、筋肉が刺激されてるのを実感しながら続けてください。

メジャーを用意して運動後にウエストサイズを測れば、毎日続けるためのモチベーションになりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加