ダイエットの大敵ストレスを和らげるには、はちみつミルク!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はちみつミルクでストレスを和らげる

はちみつミルクダイエット

Q 最近、ストレスでよく眠れない日があります。それで、お酒に頼って無理やり眠りについてるのですが、おかげで体重も増えてしまいました。どうすれば落ち着いて眠れるでしょうか?

ストレスで太るっていうし、ストレスはダイエットの大敵だよね~。
どうしたらストレスを和らげて、ぐっすり眠れるか考えなきゃだね~。
そうね。そこで、ストレスで眠れない夜にお勧めしたいのが「はちみつミルク」なの。
あ~っ、はちみつミルク好きぃ~♪
でも、はちみつなんてカロリー高いし、太ってしまうんじゃないの?
そもそも何で、ストレスを和らげるのに、はちみつミルクなのさぁ~?
はちみつミルク飲んでゲップするやろ、そしたらハチミツの香りがフワッと上がってきて、鼻から抜けたときに幸せな気分になるやろ?
それで、ストレスが和らいでよく眠れるんよ。
うさちゃんの言ってることは100%嘘ではないけど、理論を欠いているので却下します。
ほげwwwwww・・
仕事や人間関係など、いろいろな要因でストレスがたまるでしょう。
そしたら、「セロトニン」という脳内物質が、ストレスを和らげるようと働いてくれるの。
で?
ところが、あまりにもストレスが強いと、「コチゾール」というセロトニンの働きをジャマする物質が増えてくるのよ。
あ~っ、聞いたことある~。コチゾールって「ストレスホルモン」って呼ばれてるんだよね。
そうそう。よる眠れないと余計にストレスがたまって、コチゾールが増えるでしょう。
それで、セロトニンの邪魔をしてストレスを抑えられなくなるという、悪循環になっちゃうのよ。
で、なんで、はちみつミルクがええの?
そのコチゾールちゅうのをやっつけてくれるんかい?
いやそうじゃないの。まず、ミルクに豊富に含まれる必須アミノ酸に「トリプトファン」というのがあるの。
これがセロトニンの材料になるから、寝る前にミルクを飲むとリラックス効果があるのよ。
じゃあ、はちみつわ~?
はちみつは、ブドウ糖果糖っていう糖分からできてるでしょう。
ブドウ糖は、トリプトファンが体にスムーズに吸収されるように働くのよ。
もう一つの果糖には、血糖値をゆるやかに上げる働きがあるの。
血糖値がゆっくり上がったら何がええの?
ストレスがたまると、甘いものが欲しくなるでしょう?
それは、血糖値があがると安心感が得られるからなの。
ご飯を食べると落ち着くじゃない。あれは、血糖値が上がるという理由もあるのよ。

でも、急に血糖値が上がるとインスリンがたくさん出てきて、血糖値はあっという間に下がってしまうよね。
そしたら、また安心感を求めて甘いものを食べる・・この繰り返しで太ってしまうのよ。ストレスで太るのは、このためよ。

なるほど~。はちみつなら血糖値がゆっくり上がって安心感が長続きするから、砂糖よりも太りにくいし、ダイエット効果もあるということだね。
そういうこと。
ということで、うさちゃん、ストレスで眠れない夜に「はちみつミルク」がいい理由をまとめてみて。
はいは~い、まとめるでぇ~。

  • ミルクのトリプトファンが、セロトニンの材料になる。→ 心が落ち着く
  • はちみつのブドウ糖が、トリプトファンの吸収をよくする。
  • はちみつの果糖は、血糖値をゆっくり上げる働きがある。→ 安心感が持続する

これらの働きで、ストレスを和らげるから、ぐっすり眠れるちゅうことやな。

うさちゃん、ありがとう。
はちみつミルクなんてカロリー高いから、寝る前に飲んだら太るだろう?
と思われたかもしれませんが、以上のようにストレスを和らげて、ダイエットの手助けにもなるのです。
ぐっすり眠れば基礎代謝も上がるので、痩せやすい体質にもなりますよ。

関連:コチラも読んでみて下さい。睡眠がダイエットに与える影響について考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加