はちみつのダイエット効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はちみつがダイエットに役立つ理由とは?

はちみつダイエット

Q はちみつが、ダイエットに使えるなんてウソですよね? あんな糖分の塊で、高カロリーのものがダイエットに使えるとしたら、なにがどう役に立つのでしょうか?

はちみつは、大さじ一杯が21gで65kcal だから、確かに高カロリーですよね。
でもさ~「はちみつダイエット」って聞いたことあるよ。
はちみつ屋の陰謀やろ・・
うさちゃん、口を慎みなさい。
はちみつは高カロリーだから、当然たべ過ぎると太るし、ダイエットに使えるなんて誰も思わないよね~。
その口ぶりは、はちみつがダイエットに使えるんやな?
なにがええのか、教えてや~。
はちみつはね、寝る1時間前に食べると、ダイエットに効果的なのよ。
寝る前? 寝る前に糖分のかたまり食べたら太るでしょう?
いっぱい食べたらね。だから、食べるのはスプーン一杯だけ。
直接食べてもいいし、白湯に溶いて飲んでもいいね。
虫歯にならんの?
はちみつには、過酸化水素っていう抗菌物質があるから、食べると虫歯菌をやっつけてくれるのよ。
だから、はちみつは虫歯予防にもなるの。でも、歯は清潔に、寝る前はちゃんと磨こうね~。
そうなん?
で、なんで寝る1時間前のスプーン一杯のはちみつが、ダイエットにええの?
それは、ぐっすり眠るためよ。
ぐっすり眠ると、カラダの中で「成長ホルモン」がたくさん出るのよ。
あぁ~、成長ホルモンって、寝てる間にカラダの疲れを取ったり、細胞の新陳代謝を活発にするやつだよね~?
だからぐっすり眠ると、翌あさ疲れが取れてスッキリするし、肌ツヤもいいんだよね~。
そうそう。
成長ホルモンがよく働くと、それだけエネルギーを使うでしょう?
寝てる間にたくさんカロリー消費ができたら、ダイエット効果があるじゃない。
ほう・・
でも、寝とる間やろ? そんなにカロリー消費できるかね?
そう思うでしょう?
でもね、ぐっすり寝て、成長ホルモンにフル活動してもらうと、なんと300kcal も消費できると言われてるのよ。
300kcal って1時間ウォーキングするのと同じくらいのカロリー消費だからね。
寝てる間に300kcal も・・
脂肪を1㎏ 減らすのに、だいたい7000kcal 消費しなきゃならないから、単純計算だけど、7000kcal ÷ 300kcal = 23.3だから、24日で1㎏ 減るってことになるね~。
ほう・・侮れんのう
でも、なんではちみつ食べたら、ぐっすり眠れるん?
はちみつには、ブドウ糖がたっぷり入ってるでしょう。
ブドウ糖は、カラダに吸収されると血糖値を上げるのよ。血糖値が上がると、心が落ち着いて眠くなるの。ご飯食べて、おなか一杯になったら眠くなるでしょう? あれと一緒よ。
腹いっぱいになって眠くなるんやったら、寝る前にメシ食えばええやん?
寝る前に食べたら逆に太るでしょう?
夜8時以降は、カラダに脂肪をためようとする「BMAL1」というホルモンが多くなるの。
だから、夜遅くに食べない方がいいのよ。それに、お腹いっぱいになって眠くなっても、胃がグニョグニョ動いてたら、カラダが休まらないでしょう。
だから、はちみつをダイエットに使う場合のルールとして、①ご飯は寝る3時間前には済ませる。②寝る1時間前にスプーン一杯のはちみつを食べる。ことが大事なのよ。
なるほど~。
ぐっすり眠れるように、眠気をさそうためのはちみつなんだね~。
そうね~。
ぐっすり眠れば、成長ホルモンがたっぷり働いてくれます。これは、ダイエットばかりではなく、疲れがとれて、肌ツヤも良くなる効果がありますからね。
美容と健康にも良い、眠る前のスプーン一杯のはちみつを、ぜひ試してみて下さい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加