高カロリーのはちみつがダイエットに役立つ理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はちみつがダイエットに役立つ?

はちみつダイエット

Q 高カロリーのはちみつが、ダイエットに効果的な理由と痩せる方法について教えてください。

はちみつは高カロリーなので、ダイエット中は控えようと思いますよね?しかしはちみつは上手に使えば、痩せやすいカラダつくりに役立つのです。その理由とダイエット方法について見てみましょう。

  1. はちみつがダイエットに役立つ?
  2. はちみつは砂糖より太りにくい
  3. はちみつがストレスを和らげる
  4. ぐっすり眠れるはちみつミルク
  5. はちみつヨーグルトが腸内環境を整える

はちみつダイエット
①はちみつがダイエットに役立つ?

はちみつがダイエットに役立つ理由

ダイエットに成功するためには、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くしなければなりません。「消費カロリーを多くしなきゃならないのに、高カロリーのはちみつを食べろっていうの?」と、思うでしょう。確かにはちみつは高カロリーですが、それ以上に消費カロリーを増やすことができるのでダイエットに効果的なのです。どういうことかというと、

1.はちみつはダイエットの大敵であるストレスを和らげてくれます。ストレス太りなんて言葉がありますが、ストレスがたまるとドカ食いが多くなり太ってしまうのです。

2.はちみつが腸内環境を整えてくれます。腸内環境が整うと胃腸のはたらきが良くなり、効率よく栄養を吸収できます。また便通もよくなり基礎代謝が高まります。

3.はちみつを食べるとぐっすり眠れます。質の良い睡眠でカラダのコンディションが整うと基礎代謝が高まり、痩せやすいカラダになります。

要するに「はちみつを食べて、脂肪をガンガン燃やせるカラダを作ろう!」ということです。

痩せたいけど、いっぱい食べたい→
アミノ酸がほかの乳酸菌にくらべてなんと130倍配合! スマートガネデン乳酸菌

はちみつがダイエットに役立つなんて思わなかったよ・・。
ただ甘いからダイエットにはダメ!というのは短絡的な考え方や。
おっ! うさちゃんエラそうに言ったねぇ。
はちみつはカロリー高いけど、実は砂糖より太りにくいの。その理由を見てみましょう。

はちみつダイエット
②はちみつは砂糖より太りにくい

はちみつは砂糖より太りにくいからダイエットに向いてる

はちみつが砂糖よりも太りにくい理由の一つは、GI値が低いことです。GI値というのはグリセミックインデックスといって、血糖値がどれだけ急に上がるかを数字で表したものです。

GI値が高いものほど血糖値が「ドンッ!」と上がるので、すい臓からインスリンが大量に出てきます。インスリンは血糖値を下げる働きがありますが、同時に余分な糖質を「脂肪」に変える働きもあるので、GI値が高い食べ物ほど太りやすいのです。

では、はちみつと砂糖のGI値はどれくらい違うのか?

それは、はちみつ=85、砂糖=110です。一般的にGI値は80を超えると高いといわれるので、はちみつも高GI値食品には変わりませんね。砂糖よりはちょっとマシなレベルです。

しかし、はちみつには「ストレスの軽減」という砂糖にないダイエット効果があるので、より太りにくいといえるのです。一体どうやってはちみつがストレスを軽減してくれるのか見てみましょう。

関連→ ダイエット中はGI値の低いものを食べよう

わい、はちみつ好き~ ♪ 春になったら山にはちみつ取りに行くんよ。
うさちゃん、ミツバチの巣を襲うんだよね。
養蜂家のおじさん言ってたよ、うさちゃんは害獣だって・・。
うさちゃん、はちみつはちゃんとお金出して買おうね~。
では、どうやってはちみつがストレスを和らげてくれるのかを見てみましょう。

はちみつダイエット
③はちみつがストレスを和らげる

はちみつでストレスを和らげるダイエット

脳のエネルギー源は「ブドウ糖」ですね。脳にブドウ糖が足りなくなると、「エネルギーが足りない、補給してくれ~! 」と脳から命令が出すので、カラダが「おなか減った~」と感じるのです。

しかしダイエット中は甘いものを控えますし、少しくらいお腹が減ってもガマンするでしょう。でもガマンするほどストレスになり、つい甘いお菓子を食べてしまいます。

甘いお菓子を食べると落ち着きますよね。なぜ落ち着くかというと、血糖値が上がると興奮作用のあるアドレナリンの分泌を抑えて、精神を安定させるアセチルコリンの分泌を促すからです。

しかし血糖値は一時上がっても、インスリンの働きですぐに下がってしまいます。するとまたストレスを感じてしまい、癒しを求めて甘い物が欲しくなるという繰り返しで太ってしまうのです。砂糖にはそのような中毒性があるわけです。

一方、はちみつはどうでしょう?
はちみつの糖分は「ブドウ糖」と「果糖」が半分ずつくらいの割合で含まれています。ブドウ糖はすぐに腸で吸収されてエネルギーになりますが、果糖はゆっくりと吸収される性質があります。これにより血糖値が上がった状態でしばらく安定するので安心感が長く続くのです。それでストレスが和らぎ、余分なものを食べずに済むためカロリー制限ができるというわけです。

関連→ 砂糖の摂り過ぎは危険!依存性のある恐怖の白い粉

なるほど~。
はちみつを食べると癒されるって思ってたけど、そういう秘密があったんだねぇ。
はちみつはええでぇ。
このはちみつの癒し効果は、ぐっすり眠りたいときにも役立つのよ。
次は、はちみつと睡眠について詳しく見てみましょう。

はちみつダイエット
④ぐっすり眠れるはちみつミルク

はちみつミルクでダイエット

ぐっすり質の良い睡眠をとると痩せやすくなります。質の良い睡眠というのは、22時~2時の間を含む7時間をぐっすり眠ることです。

なぜそれが質の良い睡眠かというと、その時間帯にぐっすり眠ると 「成長ホルモン」がたくさん働いてくれるからです。成長ホルモンはカラダの疲れを取ったり、新陳代謝を活発にして肌や髪をキレイにしてくれる働きです。ぐっすり眠れた朝は疲れが取れて肌ツヤも良くなっていますよね。

この成長ホルモンの働きにもエネルギーが使われるので、寝てる間でもカロリー消費ができるのです。そして疲れがスッキリとれた朝は、カラダが元気になり代謝の高い1日を送ることができます。

しかしストレスがたまると、なかなか寝つけないこともあるでしょう。そんなときにおすすめなのが「はちみつミルク」です。

ストレスを感じると、脳が「セロトニン」という癒しのホルモンを出してストレスを和らげようとします。このセロトニンはトリプトファンというアミノ酸で作られますが、牛乳にはトリプトファンがたっぷり含まれるのです。

そしてはちみつのブドウ糖は、カラダがトリプトファンを吸収しやすいように働いてくれるので、ストレスを感じる夜に「はちみつミルク」がおすすめなのです。そして、はちみつ自身にもストレスを和らげる効果があるのは前述した通りです。

「でも、はちみつミルクは高カロリーだから、夜に飲んだら太るでしょう?」と、思ってませんか?確かにカロリーは高いですが、ぐっすり眠れた翌日の代謝の高いカラダの消費カロリーにくらべたら大したことないのです。

目先のカロリーを心配するよりも、ぐっすり寝て体調を整えるほうが、健康にもダイエットにも有利になるのです。

関連→ 睡眠ダイエットで太りにくい体質を作ろう!

はちみつミルク美味しいよね~ ♪
わい、牛乳飲んだらおなかビチビチになる・・
そしたら、ヨーグルトにはちみつ混ぜて食べると良いよ。ヨーグルトならお腹ビチビチになりにくいでしょう。ということで次は、はちみつヨーグルトが腸内環境を整えてくれるというお話です。

はちみつダイエット
⑤はちみつヨーグルトが腸内環境を整える

はちみつヨーグルトダイエット

ダイエットに有利なカラダ作りをするためには、胃腸の調子を良くしなければなりません。胃腸でつかうエネルギーはとても大きく、その好不調で消費カロリーが大きく違ってくるからです。

調子の良い胃腸というのは、消化吸収を活発に行い、ぜん動運動(便を前へと押し出す運動)も活発で便通の良い胃腸です。そのためには、腸内細菌の「善玉菌」をふやすのが一番です。

そこでおすすめなのが「はちみつヨーグルト」です。ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷりですよね。そしてはちみつには、善玉菌のエサになるオリゴ糖が含まれるので、おなかの中で活発に増殖するのです。

善玉菌がふえると、腸のはたらきを鈍らせる悪玉菌を減らします。そして、腸のぜん動運動を活発にする乳酸、酪酸、酢酸などの有機酸を出して便通を良くしてくれるのです。はちみつ自身にも「グルコン酸」という有機酸が含まれており、これが腸の調子を良くするのです。

関連→ はちみつのダイエット効果とは?

あぁ~・・いっぱいハチミツ食べたくなってきた~。
いっぱい食べたら太るで・・。1日大さじ3杯くらいでええやろ。

そうね。
でも、はちみつには他にもたくさんのビタミン、ミネラル、酵素などの栄養素がたっぷり詰まっている「天然のマルチサプリメント」だからね。食事制限での栄養不足を補うのに、はちみつはとても良い食品なのよ。

それで食事でカロリー制限をした分、はちみつを食べることをお勧めします。はちみつを食べる習慣を作って健康的にダイエットしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加