腹式呼吸で痩せる!自律神経を整えて脂肪を燃やすダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腹式呼吸をしよう!

腹式呼吸でダイエット

Q お腹がぽっこりして悩んでます。腹筋とかキツイ運動をしたくありません。かんたんに脂肪を落とす方法はありませんかね?

お腹の脂肪をおとして引き締めるのに、パッと思いつくのが「腹筋」ですよね。でも、普段やってないとキツクて続きません。運動して痩せるには、ある程度の時間が必要ですから、続けられないとイミがありません。

そこで「腹式呼吸」をやってみましょう。これならテレビを見ながらでも、簡単にラクに続けられます。しかも効果抜群!なぜ腹式呼吸にダイエット効果があるのか、これから詳しく見ていきましょう。

  1. 腹式呼吸のやり方
  2. 腹式呼吸で脂肪を燃やせ!
  3. 腹式呼吸で自律神経を整えよう!
  4. 腹式呼吸で便秘改善
  5. 腹式呼吸で冷え性改善

腹式呼吸のやり方

腹式呼吸ダイエットのやり方

腹式呼吸とは、文字通りおなかでする呼吸です。
「えっ!呼吸は肺でするんでしょう?」なんてツッコまないでくださいね。これは、呼吸をしたときに膨らます部分でそう呼んでいるんです。胸が膨らむように息を吸い込むのを「胸式呼吸」、おなかが膨らむように息を吸い込むのを「腹式呼吸」というのです。一般的に男性に腹式呼吸の人が多くて、女性に胸式呼吸の人が多いといわれています。

「それで、膨らます場所が胸かおなかだけで、なにが違うのさ?」と、思いますよね。それは、腹式呼吸は「横隔膜」を大きく上下に動かせることができ、ダイエット効果が得られるという特徴があるのです。そのダイエット効果がどんなものかは後回しにして、はじめに腹式呼吸のやり方を見てみましょう。

腹式呼吸のやり方

  1. まずは息を吐き切る。おなかがペッタンコになるまで、息を吐き切ってください。
  2. おなかをプク~ッと膨らます感じで、ゆっくり大きく息を吸い込んでください。

※息を吐いたり吸ったりするのは、口でも鼻でもかまいません。

これだけです。簡単でしょう。
これを、毎日一日10分から始めてみましょう。慣れてきたら時間を伸ばします。ダイエットは、効果が出るまでとにかく続けることが大切ですが、腹式呼吸ならテレビを見ながらでも簡単にできるので、続けやすいダイエット運動ではないでしょうか。

しかし、こんなに簡単な呼吸運動だけでどうしてダイエットになるのか? 一体カラダの中でどんなことが起きているのかを、詳しく見てみましょう。

腹式呼吸を取り入れよう!→ 効率よく痩せ体質をつくるウォーキングダイエットの方法

呼吸って、普段は全然意識せんけえねぇ・・。ため息ならようつくけど。
うさちゃん、ため息ついたら幸せが逃げて行くんだよ。
じゃあ、なぜ腹式呼吸がダイエットに効果的なのか? という理由について見てみようか。

腹式呼吸で脂肪を燃やせ!

腹式呼吸で脂肪を燃やすダイエット

腹式呼吸をすると、胸式呼吸では使わない「腹腔」のスペースも使って呼吸をするため、横隔膜が大きく上下に動くことになります。その可動域は、胸式呼吸の2~3倍!カラダの中でこれだけ大きなアクションが起こると、当然使うエネルギー量も大きくなりますよね。しかも、おなかを膨らましたりへこましたりすることで、おなか周りの筋肉を刺激することができるのです。

腹筋運動では、おなか正面の「腹直筋」くらいしか鍛えることができませんが、腹式呼吸なら、わき腹の「腹横筋」や「腹斜筋」そして「インナーマッスル」も一緒に刺激することができるのです。実際に、腹式呼吸による筋力アップ効果は、腹筋運動の数倍になるといわれています。つまり、腹式呼吸でカラダの内側から外側まで、同時に代謝をあげることができるのです。

これにより、脂肪の中でも比較的エネルギー消費がしやすい「内臓脂肪」を燃やすことで、メタボの改善ができるのです。そして、腹式呼吸を長く続けて腹筋が強くなると「皮下脂肪」も燃やすことができ、スッキリとしたおなか周りになれるのです。

メタボをやっつけよう!→ メタボを改善!食事と運動によるダイエット方法

呼吸の仕方かえるだけで、ずいぶん違うもんやね。
カラダの内側で起こるアクションって、カロリー消費が大きいっていうもんねぇ。
そうね~。
つぎは、腹式呼吸をするとリラックスできて、それがダイエットにも良い影響があるというお話です。

腹式呼吸で自律神経を整えよう!

腹式呼吸で自律神経を整えるダイエット

緊張したときや興奮したときに深呼吸をすると、心を落ち着かせることができますよね。緊張や興奮した状態というのは、自律神経のうち「交換神経」がつねに優位になっている状態です。これが続くと「ストレス」になります。反対に、心が落ち着いてリラックスした状態は「副交感神経」が優位になっている状態です。

それでなぜ、深呼吸でリラックスできるのかというと、自律神経を整えることができるからです。息を吐き切ると「う~っ・・苦しい」と、カラダに緊張感が走り、交感神経が優位になります。反対に、大きく息を吸い込むと「あ~、ラクになった ♪」と、リラックスして副交感神経が優位になるのです。そこで深呼吸をすると「交換神経」⇔「副交感神経」と、交互にスイッチを入れ替えてバランスを整えることで、自律神経を安定させることができるのです。

これはダイエットをするにも大切なことです。なぜなら、ストレスがたまるとそれを解消しようとドカ食いが多くなりますし、興奮状態にあると、夜もぐっすり眠れません。すると疲れが抜けず、代謝が悪くて「太りやすいカラダ」になってしまうのです。

腹式呼吸は、より大きく深呼吸をすることができるので、自律神経を整えて「痩せやすい」カラダ作りに役立つということです。

ストレスはダイエットの大敵 → ダイエット中のおやつにブラックチョコをお勧めする理由

わいのリラックスする方法は酒やね。よう寝れんかったら、チューハイ飲んでコロンよ。
うさちゃん、脂肪肝だから医者からお酒止められてるでしょう?

うさちゃん、お酒やめて腹式呼吸しなさい。

つぎは、腹式呼吸で「便秘」を改善するというお話です。

腹式呼吸で便秘改善

腹式呼吸で便秘を改善するダイエット

先ほど、自律神経の話が出てきましたが、これは便秘にも関係してきます。

便秘になると、内臓の働きが悪くなり老廃物がたまりこむので、代謝が悪くて太りやすいカラダになってしまいます。便秘を改善しなくては、ダイエットができません。

それで、どのように自律神経が便秘に関係しているのかというと「副交感神経」が優位だと胃腸が活発に働くのですが、反対に「交換神経」が優位だと胃腸の動きが悪くなるため、消化不良を起こしてしまうのです。消化不良を起こすと大腸の中で腐敗してしまい、これを大好物とする悪玉菌が増えてしまうのです。

悪玉菌が出す毒素は、善玉菌を減らして大腸の働きを悪くします。それで、便が出て行かなくなるため便秘になってしまうのです。この上、さらに消化不良のものが来てしまうと、また悪玉菌が増えて、さらに便秘が悪化するという負の連鎖が起きてしまうのです。それで、ストレスを和らげてリラックス状態をつくり、消化吸収をよくする腹式呼吸が役立つというわけです。

また、腹式呼吸をすると横隔膜が上下に大きく動くと前述しましたが、この運動により、腸を刺激することができます。便秘を改善するために、おへそ周りを指でもむ「腸もみ」がありますが、それを横隔膜がカラダの内側からやってくれるというわけです。これも便秘の改善に大きく役に立つのです。

善玉菌を増やそう!→ 便秘の解消に食物繊維!食べ物を選ぶポイントはヌルヌル?

腹式呼吸でうんこがよう出るようになるんかい!
うさちゃん、うんこ話好きだよね・・。
つぎは、腹式呼吸が冷え性の改善にも役立つというお話です。

腹式呼吸で冷え性改善

腹式呼吸で冷えを改善するダイエット

冷え」もダイエットの大敵ですよね。カラダが冷えると代謝が悪くて痩せにくくなります。この冷えも、自律神経が関係します。毎日忙しくてストレスフルに過ごしていると、交感神経ばかりが優位になってしまいます。交感神経は血管を収縮する働きがあるので、とくに手足の血行が悪くなり、冷えになってしまうのです。

これも腹式呼吸で自律神経のバランスを整えてやると、カラダがリラックスして血行が良くなり、冷えの改善になるというわけです。

冷えには半身浴もオススメ→ むくみやすい夏こそ湯船に浸かってダイエット

腹式呼吸ひとつで、色んなダイエット効果があるんだね~ ♪
①お腹の脂肪を燃やす。②ストレス和らげる。③夜ぐっすり寝れるようにする。④便秘を改善する。⑤冷えを改善する。腹式呼吸ならオールインワンやね、オールインワン!

ということで、腹式呼吸で効果的にダイエットしよう! というお話でした。

自律神経を整えることは、ダイエットだけでなく美容や健康にも良いですからね。いつでも時間を見つけて、腹式呼吸をする習慣をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加