20時以降に夕食をとると太る理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痩せたい人が守るべき一つのこと

ダイエット痩せたい

Q ダイエットの方法はたくさんあると思いますが、痩せるために必ず守ることを一つあげるなら何があるでしょうか?

痩せたい人が守るべきたった一つのことがあります。それは、20時以降はなにも食べないことです。

よく、20時以降に食べると太ると聞きますよね? なぜ、20時以降に食べると太るのか?そして、低カロリーの夕食でもガマンできる方法を見てみましょう。

20時以降に食べてはダメな理由とは?

夜食

20時以降に食べると太りやすくなる理由は、カラダのホルモンバランスが関係します。

そのホルモンとは、「BMAL1(ビーマルワン)」とよばれるもので、脂肪をため込もうとする働きがあるのです。おまけに脂肪をため込んでいるときは脂肪の分解を妨げる働きもあるため、BMAL1は、「肥満ホルモン」ともよばれているのです。

BMAL1は、1日の生活リズムで、カラダの中に増える時間帯と少ない時間帯があります。20時以降からグングン増えていって、深夜の2時あたりがMAXになります。逆に少ない時間帯は、昼過ぎの1時から3時あたりです。

BMAL1

グラフでみると分かりやすいですね。それで、20時までに夕食を済ませて、それ以降はなにも食べない方がいいのです。

関連ページ→ 本気で痩せるためのダイエットの基礎知識

あぁ・・ワタシ、ご飯食べたあとに夜食のラーメン食べてたよ~。太るはずだわ・・
痩せたいゆうとるのに、脂肪の材料を放り込んどるようなもんやん。

そうね~。
気を付けなきゃいけないのは、単に「痩せたければ20時以降に食べなきゃ良いんでしょう?」ということだけじゃないのよ。どういうことか詳しく見てみましょう。

夕食の炭水化物は控えめにしましょう

おにぎりはダイエットに使える

夕食を20時前までに済ませても、ドカ食いをしてしまってはイミがありません。とくに、炭水化物(糖質)が多い食事だと、血糖値がドンと急激にあがって、すい臓から大量のインスリンが出てきます。インスリンには、血糖値を下げる働きがありますよね。

これは、インスリンが血液中から糖分を取り出して、カラダの組織にエネルギー源として渡しているから血糖値が下がるんです。でも大量に糖質をとると、余ったものは脂肪にされてしまいます。インスリンには血糖値を下げるだけでなく、糖質を脂肪にする働きもあるのです。

ただでさえ糖質を脂肪にしてしまうインスリンがあるのに、BMAL1の増える20時以降に食べてしまうと、ダブルパンチを喰らうようなものですよね・・。よって、とくにダイエット中の夕食は、20時までに炭水化物を控えめにした食事にする必要があるのです。

関連ページ→ 夜に炭水化物を抜くとダイエット効果が高い理由とは?

夜食のラーメン、インスリンとBMAL1のダブルパンチ喰らってたんだ~・・
ふふっ・・お客さん、深夜は割増料金がかかりますけぇ・・

うさちゃん、タクシーに例えるとは、なかなか腕を上げたねぇ。

ダイエット中の夕食は、ごはんや麺類の主食(炭水化物)を全く抜いてもいいくらいです。それは、おかずで肉類、豆類、野菜などにも糖質は含まれているので、まったくの糖質フリーにはならないからです。

でも、そんな低カロリーな夕食だと、お腹減ってしょうがないよ・・って思いますよね。そこで次は、夕食でドカ食いしないために、食欲を抑える方法を見てみましょう。

夕食前に運動しよう!

運動

なぜ、夕食前に運動すると食欲が抑えられるのでしょう?
夕食前はお腹が減ってるはずですから、運動したら余計にお腹が減るのでは? と思ってしまいますよね。でも、運動すると確かに食欲を抑えることができるのです。

それは、運動することで脳にブドウ糖を供給することができるからです。運動すると脳にブドウ糖が供給できる・・? それでなんで食欲がおさまるの? と思うでしょう。

まず、なぜお腹が減ったと感じるかというと、脳にブドウ糖が少なくなっているからです。脳のエネルギー源はブドウ糖なので、それが少なくなってくると脳が「ご飯食べなさい」とカラダに命令を出すのです。そしたら「お腹減った~」となるわけです。

そこで、なぜ運動すると食欲がおさまるのかというと、交感神経が優位にはたらくためです。交感神経が優位になるとカラダが興奮状態になり、肝臓にためていたグリコーゲンをブドウ糖に戻して血液中に流すのです。そして、ブドウ糖が脳に届くと、おなかが減ったという欲求がおさまるわけです。

運動したあとは神経が高ぶって食欲が出ませんよね? それにはこんな理由があったのです。よって、ドカ食いを防止して、低カロリーの夕食でもガマンできるように、夕食前に運動するのが
良いのです。

関連ページ→ 効率よく痩せ体質をつくるウォーキングダイエットの方法

なるほど~!
肝臓に保存してあったグリコーゲンを使うから、夕食でとる糖質は、余ったらグリコーゲンになってまた肝臓に保存されるんだよね。そしたら脂肪になりにくいじゃん!
ほう・・今までの話をまとめたら、

  1. 20時以降に食べると、脂肪を作ってため込む「インスリン」と「BMAL1」のダブルパンチを喰らって太りやすい。
  2. 炭水化物(糖質)は脂肪の材料になるから、夕食ではなるべく控える。
  3. 夕食でのドカ食いを防止するために、夕食前に運動して食欲を抑える。

痩せたければ「運動して炭水化物控えめの夕食を20時までに済ませる」それで、それ以降は朝までなんも食べんいうことやね~。

うさちゃん、まとめてくれてありがとう。ということで、痩せたければ20時以降に食べてはダメというお話でした。

もし、夜遅くに何か食べたくなってガマンできなくなったら、シュガーレスのガムを噛んだりお水を飲みましょう。それで意外と空腹感をごまかすことができるのです。

夜遅くに食べない習慣が付けば、内臓を朝までゆっくり休ませてあげることができます。内臓が健康だと代謝が高まり、太りにくい体質になりますし、何よりも健康に良いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加