食事に時間をかけるとダイエットに良い理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく噛んで食べるとお腹がいっぱいになる理由

太りたくなければ時間をかけて食べよう

Q 食事は、よく噛んで食べるとダイエットに良いといわれますが、その理由は何でしょうか?

それは、よ~く噛んで食べると、少ない食事量でもお腹いっぱいになるからです。
言っとるイミがわからんわ! いっぱい食べるけえ、腹いっぱいになるんやろ?
そうだよ、よ~く噛んで食べたら、なんでお腹いっぱいになるの~?
それを知るには、お腹がいっぱいになる仕組みを知らなければならないね。
なんやと? 腹いっぱいになる仕組み?
胃袋パンパンになるから、腹いっぱいになるんやろ?
違うのよ、うさちゃん。
まず、「お腹が減った~」って感じるのは、なんでだと思う?
ハイッ! 胃袋スカスカだから!
胃袋スカスカなのはそうなんだけど、「お腹が減った~」って感じるのは、脳が「ごはんを食べなさい」って命令を出してるからなのよ。
どういうこと?
脳のエネルギーは、ブドウ糖でしょう。
そのブドウ糖が少なくなると、脳が欲しがるから「お腹が減った~」って感情が生まれるのよ。
それと、よく噛んだら腹いっぱいになるのと、どう関係があるん?

ご飯をたべても、カラダが消化・吸収するまでに時間がかかるのよ。それで、ご飯をたべてからブドウ糖が脳にまわるまでに、約20分かかるといわれてるの。

そして、ブドウ糖が脳に到着すると、視床下部って部分にある「満腹中枢」を刺激して「お腹いっぱ~い」ってなるのよ。

なるほど~。
よく噛んで食べるというのは、20分かけてゆっくり食べなさいってことなんだね?
急いで食べたら、20分経つまえにドカ食いしてしまって、カロリーオーバーしてしまうもんね~。
そうね。
それに、よく噛んで食べると、その分消化が早くなるから、脳にブドウ糖が到着する時間も早くなるよね。そして、早くおなか一杯になったと感じれば、余分に食べずに済むでしょう。
飲み会で、たいしてツマミ食ってないのに、何でかしら腹いっぱいになっとるのは、そういう理由があったんやね。ゆっくり2~3時間かけて飲むけえね。
そうそう。そして満腹感を感じるのは、「ホルモン」も関係してるのよ。
ミノとかハラミとか?
ううん。焼肉のホルモンじゃなくて、カラダの中で分泌される生体ホルモンのことよ。
ああ、男性ホルモンが多いとハゲるとかの、あのホルモン?
そうそう。
満腹感に関係あるホルモンとして、代表的なのが「レプチン」というホルモンなの。
レプチンは脂肪細胞っていうところから分泌されるんだけど、これも、食事をしてから20分後に出てくるのよ。
そして、レプチンも脳の満腹中枢を刺激して、「お腹いっぱ~い」ってなるのよ。
ほう・・
20分っていう時間がポイントやね。
どんなに腹が減っとっても、よ~く噛んでゆっくり食べたら、少ない食事でも20分経てば腹いっぱいになるんやもんね。
あ~・・
だから、フードファイターは満腹感を感じる前に、できるだけたくさん口に押し込んでるんだね~。
ワイも、打たれて効いてしまう前に、2,3発打ち返せって会長に教わったもんな~・・

どこの会長よ・・?

ということで、満腹感は20分後に感じるから、食事はよく噛んでゆっくり食べましょう。というお話でした。食事で太ってしまうのは、満腹感を得る前にドカ食いをして、カロリーオーバーするからなんですね。

栄養のバランスのとれた食事をよく噛んで食べて、健康的にダイエットしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加