カラダを冷やして脂肪を燃やす?夏の簡単ダイエット方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の簡単ダイエット法

夏のダイエット方法

Q 夏は暑いので運動したくありません。その上クーラーの効いた部屋にずっといると、代謝が落ちて太りやすくなりますよね。夏にラクして代謝を上げる方法はありませんか?

それなら、暑い夏にピッタリのダイエット方法があります。それは、ひんやり気持ちが良いのに、脂肪を燃やすことができるとても都合のいい方法です。しかし、一体なぜそんなことができるのか? その理由とやり方を見てみましょう。

  1. 褐色脂肪細胞とは?
  2. 冷却シートを貼ろう!
  3. 冷水を浴びよう!

褐色脂肪細胞とは?

褐色脂肪脂肪でダイエット

暑い夏にラクに脂肪を燃やすダイエット方法は、カラダに「冷却シート」を貼ること、または冷水を浴びることです。しかし、どうしてそんなことでダイエット効果が出るのかを知るためには、「ホメオスタシス」を理解しなければなりません。

ホメオスタシスとは?

カラダには、状態を一定に保とうとする働きがあり、そのコントロールシステムを「ホメオスタシス(恒常性の維持)」といいます。

カラダの状態を一定に保つとはどういうことかというと、例えば、極寒の南極大陸でも灼熱の赤道直下でも、人間の体温は大体36~37度で保たれていますよね。気温の変化で体温まで変化すると死んでしまうので、カラダが調節して体温を一定に保っているというわけです。

その他にも、短期間に急激なダイエットをするとリバウンドすることがありますが、それも、ホメオスタシスの働きです。今まで身に付いていた脂肪が急に減るため、カラダがビックリしてもとに戻そうと脂肪をため込むからです。

これから説明するダイエット方法は、そのホメオスタシスを利用するのですが、そこには褐色脂肪細胞という特殊な細胞が大きく関わってきます。

褐色脂肪細胞とは?

体温が下がってくると、ホメオスタシスが働いて体温を上げようとします。どうやって体温を上げるのかというと、脳が体温の低下を感じると、「褐色脂肪細胞」という特殊な細胞に「体温を上げてくれ~!」と命令を出すので、褐色脂肪細胞が熱を発生するというわけです。つまり褐色脂肪細胞というのは、カラダの「ヒーター」の役割があるのです。

そして、そこに冷却シートを貼って「冷やす」ことで体温が下がったと勘違いさせて、熱を発生させるのです。その熱のエネルギーは「脂肪」なので、ダイエットになるというわけです。

どうですか? 暑い夏にひんやり気持ちよくて、ラク~に痩せることができるダイエット方法だと思いませんか?

ホメオスタシス関連→ リバウンドしないダイエットの方法

冷却シートって、「冷えピタ」とか「熱さまシート」とかやろ? あれ、おでこに貼るやつやん。褐色脂肪細胞って、おでこにあるん?
カラダ中にあるんじゃないの?
でも、色んなとこにペタペタ貼ってたら恥ずかしいよ~・・
褐色脂肪細胞は、カラダの目立たない部分に多いから大丈夫よ。

冷却シートを貼ってみよう!

冷却シートでダイエット

褐色脂肪細胞の密集部に冷却シートを貼って脂肪を燃やすわけですが、その褐色脂肪細胞って一体どこにあるのでしょう? それは「首」、「肩甲骨の間」、「わきの下」と、かなり限定された場所にしかありません。

首以外は、ぜんぜん目立たないところにありますよね。もし、昼間に冷却シートを貼るなら、いちばん都合が良いのは肩甲骨の間ですかね? 首でもいいのですがちょっと目立ちますし、わきの下は、汗をかくので剥がれやすいですよね。

最近では、冷却シートは熱さましにおでこに貼る用だけでなく「ボディー用」もあります。商品によりまちまちですが、薬局やネットなどで700円前後(12枚入り)で販売されています。冷却シート1枚で6~8時間ほど冷やせるので、その間に褐色脂肪細胞を刺激できるというわけです。

とくに、夜に冷却シートを貼って寝るのはオススメです。剥がれにくいですし、寝苦しい夜もひんやり気持ちよく眠れますよね。

褐色脂肪細胞関連→ 肩甲骨ストレッチによるダイエット効果とは?

夜に貼って寝るのええなぁ。
ぐっすり眠れたら、成長ホルモンっていう新陳代謝を高めるホルモンがいっぱい出るっていうもんな。そしたら、余計に脂肪代謝がよくなるやんか。
寝てる間にダイエットができるというわけだね~ ♪
そうね~。
また冷却シート以外にも、褐色脂肪細胞を刺激する良い方法があります。

冷水を浴びよう!

カラダを冷やしてダイエット

褐色脂肪細胞を刺激するのに、冷水シャワーを浴びるのも効果的です。とくに、しばらく背中に熱いシャワーを浴びたのちに、冷水に切り替えることで刺激を強くすると、より効果が上がります。

また、ダイエットには運動が付きものですが、褐色脂肪細胞を刺激するという理由からも「水泳」はおすめです。つねに体温を奪われている状態ですからね。「体温を維持しなきゃ!」と、脂肪をガンガン燃やして頑張るわけです。しかも、カラダ全体の褐色脂肪細胞を刺激できるので、それだけ脂肪燃焼効果も高くなります。

運動で筋肉をつけて基礎代謝が上がるまでには数ヶ月かかりますが、このような理由から、より消費カロリーが大きくて痩せやすい水泳は、おすすめのダイエット運動なのです。

シャワー関連→ 朝シャワーダイエットで痩せる朝の習慣作り

水泳関連→ 痩せたいなら水泳ダイエットで基礎代謝を上げよう!

わい、水好かん。このまえの台風で巣穴に洪水が入ってきて死にかけたわ・・
巣穴w

ということで、カラダを冷やして脂肪を燃やそう! というダイエット方法のお話でした。

寒い冬にも、風邪をひかない程度に薄着になると、褐色脂肪細胞を刺激できますよ。このようなカラダの仕組みを利用して、痩せやすいダイエットにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加