確実に太る炭水化物の重ね食いに気を付けよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

炭水化物の重ね食いにはご注意!

炭水化物の重ね食いはNG!

Q なぜ、炭水化物の重ね食いは太のでしょうか?

炭水化物って、知らないうちに重ね食いしてることが多いですよね。重ね食いは太りやすくなりますし健康にも悪いですよ。しかし、なぜ重ね食いは太りやすいのか? 今から詳しく見てみましょう。

  1. なぜ重ね食いは太るのか?
  2. 重ね食いを防ぐために和食を食べよう!

①なぜ重ね食いは太るのか?

炭水化物の重ね食いは確実に太る!

ご飯やパン、それに麺類などにたっぷり含まれる炭水化物は、エネルギーとしてカラダに必要なものですが、 食べ過ぎるとタンパク質や脂質よりも太りやすいといわれます。なぜかというと、炭水化物の糖質が脂肪になりやすいからです。

例えば、たっぷり糖質(ブドウ糖)を含むご飯を食べると、血糖値がドンと上がります。すると、すい臓からインスリンが出てきて、このブドウ糖を脳やカラダの組織にエネルギーとして渡す仕事をします。それで血糖値が下がり、ブドウ糖はエネルギーとして消費されるのです。しかし、ご飯を必要以上に「ドカ食い」したらどうでしょう?

インスリンはすぐにエネルギーとして必要のないブドウ糖を「脂肪」に変えてカラダに蓄えてしまうのです。

そんな理由で炭水化物は太りやすいのに、それを重ね食いしたらどうでしょう? 確実に太ってしまいますよね。
ラーメン + 炒飯、ハンバーガー + ポテト、ご飯 + お好み焼き(関西人だけでしょうが・・)例をあげればたくさん出てきますが、どれもこれも美味しい物ばかりです。

おなじ炭水化物といっても、別々の料理で味が違いますから、重ね食いをしているという意識が薄れてしまいます。というより、セットになっているために、それを食べるのが当たり前になってるんですね。ハンバーガ + ポテトみたいに・・。

重ね食いが太りやすいのは、「炭水化物セット」があたりまえの文化や習慣になっているため、「太るから気を付けよう」という意識が薄れてしまうところにあるのではないでしょうか?

関連記事→ 脂肪のもと!炭水化物と上手に付き合うダイエット方法

ラーメンと半チャーハン好き~。
ラーメン + 半チャーハンって日本の文化やね。あれ中国人が見てビックリするっていうもんな。
そうね。重ね食いが文化になって、当たり前になってるところがあるよね。
じゃあ、なるべく重ね食いをしないで済む食事ってなんだろうね?

②重ね食いを防ぐために和食を食べよう!

炭水化物の重ね食いを防ぐには?

炭水化物の重ね食いは、知らず知らずのうちにしてることがたくさんあります。

ハンバーガー + ポテトだと2種類あるので分かりやすいのですが、例えば、グラタンコロッケバーガーのように1種類だとなかなか気づきません。あれは、パンもコロッケの衣も中のホワイトクリームもぜ~んぶ、小麦粉でできています。炭水化物のかたまりですね。

料理のスタイルによっても、炭水化物の重ね食いは横行されています。例えば、中華料理のなかでも「飲茶」に出てくる点心は、ほとんど炭水化物に包まれています。小龍包、餃子、シュウマイ、春巻、チマキ・・etc

イタリアンではどうでしょう?
パスタ、ピザ、ドリア、ラザニアなど、どれも美味しいものばかりで、どれか2つ3つはテーブルに並んでいるのではないでしょうか?

食べてると気付かないけど、言われてみれば知らず知らずのうちに重ね食いって結構やっているものです。
それで、なるべく重ね食いをしなくて済む食事をすればいいのですが、何を食べましょうか?

お勧めは、やはり「和食」です。
もちろん、和食の食材になる魚や野菜、豆にも糖質は含まれますが、コメや小麦粉からできたものに比べれば微々たるものです。和食はご飯の量に気を付けていれば、小麦粉を使うおかずはほとんどありませんから、糖質管理がしやすいのです。

おまけに、低カロリーでタンパク質や食物繊維が豊富なメニューがたくさんありますからね。いちいちカロリー計算や栄養のバランスを考えなくても、ダイエットにも健康にも良い食事ができるのです。ダイエットで健康的に痩せたければ、和食を食べましょう!

栄養のバランスが大事!→ ダイエットはカロリーよりも栄養のバランスを気にしよう!

やっぱ、最後は和食に落ち着くんだね。世界文化遺産だしね。
わい、お好み焼きに焼きそばぶち込んだ広島焼きが好き~♪ やけ、重ね食いとか気にせんよ。あれぶちウマいけえね。

うさちゃん、せっかく和食でまとめたのにぶち壊してくれたね・・。

ということで、炭水化物の重ね食いは確実に太るので気を付けましょう、というお話でした。肥満は見た目がだらしないだけでなく、糖尿病や動脈硬化など命にかかわる重病をも引き起こすため、健康面からも注意する必要があるのです。

減量するにも、摂取カロリー + 栄養のバランスを考えなければダイエットに成功できませんからね。まずは意識的に、炭水化物の重ね食いに注意する努力をしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加