ウエストにくびれを作る有酸素足上げ腹筋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脚上げ腹筋でウエストにくびれを作ろう!

クビレを作るダイエット

Q ウエストまわりにくびれをつくるために、効率よく脂肪を落とせる運動はありませんか?できれば、あんまりキツくなく、簡単に続けられるものがいいです。

ウエストまわりの脂肪を落とすには、腹筋を鍛えなければいけませんね。
きついイメージのある腹筋運動ですが、比較的ラクに続けられる、「脚上げ腹筋」がオススメです。
脚上げ腹筋? それ、どうやるの?
あれやろ?
仰向けにまっすぐ寝そべって、かかとが浮く程度にちょっとだけ足を上げるんやろ?
どれどれ・・うぉw! お腹にくるぅwww くびれるw・・!
ヒツジさん、ムリしないでね。
かかとをほんのちょっと浮かせる程度でいいのよ。あまり高く上げすぎると、腰に負担がかかるからね。
この運動は、足から太ももをお腹で支えるから、横腹も含めてお腹まわり全体の筋肉を使うことができるの。
これでウエストがスッキリして、キレイにくびれを作ることができるのよ。
普通の腹筋の逆バージョンやんな。
上半身をヘコヘコ上げ下げするの大変やけど、これならかかと浮かせるだけでええけえ簡単やね。
そうでしょう。
普通の腹筋は、上半身を起こす運動で腹筋を鍛えるけど、カラダを背骨で支える分、腹筋にかかる負担はそれほどでもないのよ。

でも、足上げ腹筋なら、腹筋であし全体を支えることになるから、筋肉をバッチリ鍛えて、ウエストを引き締めることができるのよ。
足を上げてるとき、お腹がプルプルするでしょう? それが筋肉で支えてるって証拠よ。

うん、きつくなったら足おろせばいいだけだし、テレビ観ながらできるね。
ヒツジさん、足あげてるとき、息止めてるでしょう?
腹式呼吸をしながら、脚上げ腹筋をすれば効果倍増よ。
腹式呼吸って、お腹が膨らむくらいにいっぱい息吸い込んで吐く呼吸でしょう?
なんでそれが良いの?
腹式呼吸で酸素をカラダにいっぱい取りこむことで、効率よく脂肪が燃焼するからよ。
どういうこと~?
脂肪は、筋肉のエネルギーに使われてカロリー消費するよね。

でも、脂肪のままじゃエネルギーにはなれないの。酸素と結びついて「脂肪酸」ってものにならないとエネルギーとして使われないのよ。

ほう・・
石油を精製してガソリンにせんと、車が走らんようなもんか。
そうそう。
酸素をいっぱい取りこんで腹筋を使うと、おなか周りの脂肪を効率よくエネルギー消費できるということね。
なるほど~。
でも、足あげて腹式呼吸するのって、けっこうキツいよね・・おなかに力が入らないよ・・
じゃあ、足あげる前に息をいっぱい吸いこんで、ゆっくり吐きながら足をあげてごらん。
そして、息を吐ききるまでガマンして足をおろす。それを繰り返しやるの。
おお~っ! それならできるよ。
この腹筋なら、負担がかかるのがお腹だけやけえ、ウエストの部分痩せができるやんな。

続ければ、その内くびれができるやろうし、おっぱいまで痩せて小さくならんで済むけえええよね~ ♪

うん、うさちゃん、大きいおっぱい好きだもんねぇ~。

ということで、効率よく腹筋を鍛えてくびれを作るには、有酸素の足あげ腹筋がオススメというお話でした。
テレビを見てるときや寝る前など、1日に10分でもやることで、必ず成果が出てきます。
腹式呼吸を取り入れた腹筋運動で、体脂肪を燃やして美しいくびれを手に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加