痩せたいけど食べたい人必見!太りにくいご飯にする魔法の粉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白米がダイエット向きのご飯に!?

太りにくいご飯でダイエット

Q 白米よりも玄米の方がヘルシーで太りにくいそうですが、玄米は値段が高いですよね。それで、白米を玄米以上にダイエット向きのご飯にする方法はないでしょうか?

白米を玄米よりもダイエット向きのご飯に、しかも栄養価もUPする方法があります。それはご飯を太りにくくする「魔法の粉」を使うこと。その魔法の粉とは一体何なのか見てみましょう。

  1. 玄米が白米よりも太りにくい理由
  2. 魔法の赤い粉
  3. 魔法の青い粉
  4. 魔法の緑の粉
  5. 魔法の黄色の粉

①玄米が白米よりも太りにくい理由

玄米がダイエットに良い理由

玄米が白米よりもダイエット向きといわれるのは、茶色い薄皮のおかげです。それは、あの薄皮に代謝を上げるビタミンB群と「食物繊維」がたっぷりだからです。

食物繊維がダイエットに良いのは、太りにくいご飯にしてくれるのと、おなかの調子を整えてくれるところです。食物繊維は、おなかの中で水を含むとドロドロのゲル状になります。するとこれが糖質にからまり、小腸での吸収を邪魔するのです。それで、ゆっくりと糖質を吸収することになるので、血糖値もゆっくりと上がるのです。

もし食物繊維がなければ糖質がスムーズに吸収されるため、血糖値もドンと一気に上がります。そしたら、インシュリンがたくさん出てきて血糖値を下げようとします。インシュリンには、血糖値を下げる働きのほかにも、余分な糖質を「脂肪」にしてカラダにため込む働きもあるので、たくさん出てくるほど脂肪ができる割合も増えてしまうのです。それで、血糖値がなるべくゆっくり上がるように、食物繊維を多くとると太りにくい食事になるのです。

また食物繊維が消化吸収されずに大腸に届くと、乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌を増殖させるためのエサになります。善玉菌が増えれば、毒素や有害なガスを出しておなかを荒らす悪玉菌をやっつけてくれます。また、善玉菌の出す有機酸(酪酸、酢酸など)は腸の働きを活発にして排便をうながすため、便秘の改善にもなるのです。

それでダイエットに玄米が良いのですが、玄米は白米にくらべて値段が高いですよね。精米しない分、残留農薬のリスクを考えると農薬を使えないため、育てるのに手間がかかるからです。

そこで、安くて手に入れやすい白米を、玄米以上にダイエット向きのごはんにしてくれる「4つの魔法の粉 」を見てみましょう。

お勧め記事→ グルテンフリーの米粉パンがダイエットに有利な理由とは?

わい高いけど玄米好きよ。いっつも玄米食いよるよ。
うさちゃん、農家に忍び込んで精米する前の玄米を盗んでるんだよ。
うさちゃん、そんなことしたらバチが当たって残留農薬漬けになるからヤメなさい。
それでは、白米をダイエット向きにしてくれる、一つ目のは「赤い粉」です。

ダイエット向きのご飯にする
②魔法の赤い粉

ダイエットで痩せる唐辛子

白米をダイエットに有利なご飯にしてくれる、赤い粉の正体は「トウガラシ」です。トウガラシがダイエットに良いのは、脂肪の燃焼に効果的な、辛み成分「カプサイシン」と「食物繊維」がたっぷりだからです。

トウガラシ100g中には食物繊維が46.4gも含まれており、ほぼ半分が食物繊維です。それで、約3gのチリパウダーをごはんに振り掛ければ、玄米と同じくらいの食物繊維量になるのです。・・とはいっても、そのままチリパウダーをご飯にかけても、辛いだけで美味しくありませんよね。

そこでオススメなのが「唐辛子ふりかけ」です。ふりかけには、ゴマや海苔も入っているので、栄養価がさらにUPしますし、これらにも食物繊維がたっぷりです。美味しい上に太りにくいご飯にしてくれる唐辛子ふりかけは、オススメの一品です。

脂肪燃焼関連→ カレーは食べたら痩せる意外なダイエット食品

辛いもんは脂肪を燃やすっていうもんなぁ。
でも、ふりかけ美味しいからご飯が進んじゃうね・・。
食べすぎには注意しようね~。次は、魔法の青い粉のお話です。

ダイエット向きのご飯にする
③魔法の青い粉

ダイエットで痩せる青のり

太りにくいご飯にしてくれる、青い粉の正体は「青のり」です。青のりがダイエットに良いのは、代謝を上げるビタミンB群や鉄分が豊富なことや、むくみを改善すること。そして、カリウムも豊富なところです。

そんな青のり100g中には、食物繊維が38.5gも含まれています。それで青のりを大体3.6g(小さじに2杯ほど)をご飯に振り掛ければ、玄米と同じくらいの食物繊維量になります。

しかし、青のりは歯に付くのが欠点です。歯に付いたまま気付かないと、かなり恥ずかしい思いをしますよね。テーマが「ダイエット向きのご飯にする魔法の粉」なので、むりやり青のりにしましたが、焼き海苔でも味付け海苔でも、同じように栄養も食物繊維もたっぷりです。ぜひ、太りにくいご飯にするために「海苔」を一緒に食べましょう。

海藻関連→ わかめダイエットでキレイに痩せることができる理由

青い粉? 緑やん、青のり緑やん!
なんで緑なのに青のりっていうんだろうねぇ?
しらないよ。次は、魔法の緑の粉のお話です。

太りにくいご飯にする
④魔法の緑の粉

ダイエットで痩せる抹茶

太りにくいご飯にしてくれる、緑の粉の正体は「抹茶」です。抹茶がダイエットに良いのは、脂肪を燃焼しやすくする渋み成分の「カテキン」がたっぷりなところです。またカテキンは抗酸化作用が高く、細胞を酸化させてしまう悪玉活性酸素という毒物をカラダから追い出す働きをしてくれます。

悪玉活性酸素により細胞が酸化してしまうと、肌の老化(シミ、シワ)の原因になりますし、ガンや動脈硬化などの重病も引き起こしてしまいます。おまけに脂肪を燃やしてエネルギーをつくる細胞がやられると、脂肪の代謝が悪くなるため痩せにくいカラダになってしまいます。それで、カテキンの抗酸化作用がダイエットにも有効なのです。

そんな抹茶100gには、食物繊維が38.5gも含まれています。それで抹茶を大体3.6g(小さじに2杯ほど)をご飯に振り掛ければ、玄米と同じくらいの食物繊維量になります。

茶飯やお茶漬けがあるように、ご飯とお茶って相性がいいですよね。すこし苦味はありますが、苦味は食欲を抑えるといいますから、ダイエット中のご飯に抹茶はとてもオススメなのです。

関連記事→ 抹茶は最強のダイエット茶!便秘や美容にも良い理由とは?

ご飯に抹茶かけるって、THE和食って感じだね。
わい苦いの好かん。ダイレクトに抹茶かけるって、これ相当苦いやろ?
そうね~。でも苦味はなれるとクセになるからね。
次は、魔法の黄色い粉のお話です。

太りにくいご飯にする
⑤魔法の黄色い粉

ダイエットで痩せるきな粉

太りにくいご飯にしてくれる、黄色い粉の正体は「きな粉」です。「畑の肉」と呼ばれる大豆の粉には、代謝を上げるタンパク質がたっぷりです。タンパク質は、脂肪を燃やしてエネルギーにする筋肉を元気にしてくれます。多少カロリー高めの食事をしても、代謝の高いカラダになって消費カロリーを大きくすればいいのです。

おまけにきな粉には、大豆イソフラボンや大豆レシチンのように、美容やアンチエイジングにも効果的な成分が豊富ですから、ご飯にたっぷりかけて食べて欲しいのです。

そんなきな粉100gには、食物繊維が16.9gも含まれています。それできな粉を大体8g(小さじに4杯ほど)をご飯に振り掛ければ、玄米と同じくらいの食物繊維量になります。

ダイエットにも美容にも役立つ「きな粉」で、キレイに痩せましょう。

きな粉関連→ 痩せたいならこれを飲もう!きな粉牛乳ダイエット

きな粉って素朴な味でいいよね~。
わい、納豆のが好き。きな粉は器官に入ってむせたら地獄やけえね・・。

というわけで、ご飯に、食物繊維+ダイエットに良い栄養素を付け加えてくれる「粉」のお話でした。

日本人は、食の欧米化で食物繊維不足だといわれていますからね。健康のためにも、意識して食物繊維の多いものをとる必要があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加