ダイエットの大敵、むくみを改善する朝食メニューとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

むくみ改善にオススメのメニューとは?

むくみ改善ダイエット

Q 朝起きると、むくみがひどくてパンパンになってます。どうすれば、むくみを改善できるでしょうか?

むくみを改善するには、カリウム、マグネシウム、ビタミンEをたっぷり摂ることです。ちなみに、各栄養素の成人1日の推奨量は、
カリウム:男性3000㎎、女性2600㎎ 
マグネシウム:男性370㎎、女性280㎎
ビタミンE:男性8㎎、女性8㎎です。
その栄養は、何にいっぱい入っとん?
各栄養素を特に多く含む食材(100g中の含有量)は、
カリウム:レーズン 740㎎、アーモンド 740㎎以上、バナナ 360㎎
マグネシウム:アーモンド 270㎎、カシューナッツ 240㎎、きな粉 240㎎
ビタミンE:アーモンド 29.4㎎、あんきも 13.8㎎、魚の卵(イクラなど)9㎎ 以上
おお~!アーモンド、優秀だねぇ・・
ところで、何でむくみの改善に、カリウム、マグネシウム、ビタミンEが必要なの~?
まず、カリウムは、カラダの余分な塩分を、体外に排出してくれる働きがあるのよ。
カラダに塩分が多くなると、むくみの原因になるからね~。
え~っ? なんで、塩分が多くなるとむくむの~?
カラダの水分は、1L中に8gの塩分が溶けた形でバランスをとってるからよ。つまり8%水溶液ね。
でも、塩分が多くなると、8%のバランスを保つために、水で薄めなきゃいけないでしょう。
そうすると、カラダが水分をため込もうとするようになるのよ。
そしてこれが、むくみの原因になるの。
ほう・・そりゃあ、カリウムで塩を追い出したほうがええねぇ。
じゃあ、マグネシウムは何のために摂るん?
マグネシウムには利尿作用があるのよ。
カリウムでカラダから塩分を追い出したら、それを薄めてた水分もいらなくなるでしょう。
余分な水分をおしっこで出すように、マグネシウムが働いてくれるのよ。
なるほど~。
カリウムで塩、マグネシウムで水、これらをカラダから出して、パンパンにむくんだカラダをもとに戻すことができるんだね。
ビタミンEは、何の仕事をしてくれるの~?
ビタミンEは、血流を良くしてくれるの。
塩分も水分も、カラダから出すには血管を通っていかなきゃならないでしょう。
それらをスムーズにカラダから排出するために、血流をよくするのがビタミンEの仕事なの。
なるほどのぅ・・
じゃあ、その3つの栄養がたっぷりのアーモンドぼりぼり食っときゃ、むくまんで済むね。
でも、アーモンドだけじゃ栄養偏るでしょう?
そこでおススメなのが、シリアルにアーモンド、レーズン、バナナを入れたものに、牛乳をかけて食べる朝食。
これなら、シリアルの炭水化物や、豊富に含まれる各種ビタミンもとれるでしょう。
そして、バナナにもカリウムと食物繊維が豊富で胃腸にやさしいしから、お通じが良くなるよね。牛乳は、タンパク質や各種ビタミンが豊富でしょう。
この朝食なら、むくみを改善できるうえに、栄養価も抜群!
朝からカラダが活発になるから、代謝があがってダイエットにもいいよね~。
まぁ、ダイエット中でも朝食はしっかりとったほうがええもんね。
朝はカラダにエンジンかけにゃいけんし、活発に動くけえ、カロリー消費できるもんなぁ。
おまけに、むくみも改善できるんだから、この朝食はいいよね~。
1食のカロリーでいうなら・・

  • シリアル1食 40g:150kcal
  • バナナ 1本:77kcal
  • アーモンド 5g:30kcal
  • レーズン 10g:31kcal
  • 牛乳 200㏄:138kcal

この合計が 426kcal だから、決して低カロリーじゃないけど、その分、太りやすい夕食のカロリーを抑えれば、十分ダイエットできるもんね~。

そうね~。
ということで、むくみを改善するには、カリウム、マグネシウム、ビタミンEを豊富に含む食品が必要というお話でした。
しかし、いくらこれらの栄養素をとっても、塩分の多い食事ばかりだとイミがありません。
普段から食事の塩分量には気を付けて、健康的にダイエットしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加