たったの1日で胸は痩せずに肥満を解消する方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胸から痩せるw

胸は痩せずにお腹まわりだけ痩せる

Q 胸は痩せずに、お腹まわりだけクビレができるくらい細くできるダイエット方法はありますか?

ダイエットすると気になるお腹まわりだけ痩せればいいのに、胸から痩せていきますよね。でも、これはしょうがないんです。

お腹まわりの脂肪って、内臓を守るためにカラダが身に付ける鎧(ブヨブヨですが…)みたいなものなんです。

脳は頭がい骨、肺は胸骨でガードされてますが、お腹まわりは大事な臓器がたくさんあるにもかかわらずスカスカでしょう。だから脂肪を付けてるんです。

なので、お腹まわりの脂肪はなかなか落ちません。先に胸から痩せていくというわけです。

だけどダイエットして痩せても、胸まで小さくなっては悲しいですよね。都合よくお腹まわりだけ痩せればいいのに…。

でもそんなに都合の良い方法がたった一つだけあるんです。それが「脂肪吸引」です。

脂肪吸引やってみる?

脂肪吸引ってテレビの映像などで見たことあるでしょう。でっかい針のようなものを皮膚に突き刺して、脂肪を吸引するんです。それで、気になるお腹まわりの脂肪だけ取ってしまえば、胸まで小さくならずに済むというわけです。しかも、たったの1日で済みますよ!

「でも脂肪を吸引しても、いつも通りご飯を食べてれば、その内もと通りになるんじゃないの?」と思いますよね。お金を出してあんな痛そうな思いをして、もと通りになったら割に合いません…。

でもね、一回脂肪吸引をした場所は二度と脂肪が付かないんです。なぜなら、吸引してるのは「脂肪細胞」という、脂肪をためるためのフクロだからです。

脂肪細胞を吸い取ろう!

脂肪細胞って、人間が生まれてから思春期ころまでに増えていく細胞です。それ以降は増えません。なので各個人の体質によって違いますが、脂肪細胞の数はある程度決まってるんです。当然、脂肪細胞が多い方が太りやすいってことです。

そんな脂肪細胞を吸引してしまうんですから、その後いくらご飯を食べても、脂肪が身に付かないんです。脂肪吸引をたったの1日やるだけで、一生太らずに済むってことですよ。夢のような話ですよね…。

脂肪吸引はリスクもあるよ!

お腹まわりだけ痩せたい人にとっては夢のような脂肪吸引ですが、お金がかかりますし、大なり小なりリスクもあります。

たまに脂肪吸引をしたあとに、患者が死亡したというニュースが流れますよね。脂肪をとって死亡したなんてシャレになりません。

無事に成功しても麻酔が切れればそれなりに痛みますし、ヘタクソな医者がやると均等に脂肪吸引ができずに、皮膚が凸凹になるトラブルだってあり得るんです。

でも、たったの1日で一生太らないお腹を手に入れられるなんて、こんな魅力的なことってないですよね。

リスクがあっても一発勝負をするか、胸がちいさくなっても健康的に痩せるか、あなたならどちらを選びますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加