胸痩せを防いでダイエットするには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットで胸痩せを防ぐには?

ダイエットで胸痩せしないように

Q ダイエットで、胸まで痩せてしまわないようにするには、どうすればいいでしょうか?

ダイエットで胸まで痩せてしまうと悲しいですよね。
これを防ぐには、①血行を良くする。②大豆製品を食べる。③バランスのいい食事をする。④胸を揺らさない。⑤ヨガなどストレッチ運動で代謝を高める。これらに気を付けてダイエットすることです。
お腹ひっこめたいのに、胸が小さくなったらイヤだよね~。
ワタシなんて、ダイエットしたら胸から痩せていったよ・・なんで、胸は痩せやすいの~?

それは、胸は「脂肪」でできてるからよ。胸には母乳を出す乳腺組織があるんだけど、それを守るために回りに脂肪が付くの。

だけど、脂肪は有酸素運動で、エネルギー消費されるものでしょう。
それで、ダイエットしようと思って一生懸命に運動するほど、胸も痩せちゃうのよ。

いや~ん、体脂肪は燃やしても、おっぱいは燃やさんといて~!
まず、胸が大きくなるのは、女性ホルモンが働くからよね。
その女性ホルモンは、血流に乗って運ばれるから、①の血行を良くすることが大事なのよ。
それには、ゆっくり時間をかけて半身浴でカラダを温めたり、血液がサラサラ流れるように1日に2Lはお水を飲んで、カラダの水分をキレイに保つことが大切なのよ。
なるほど、美容はカラダの内側からってゆうもんな。
でも、血行が良うなっても、その肝心の女性ホルモンて、人によって多い少ないがあるやんか? 歳とったらだんだん減ってくるいうし・・
そこで、②の大豆製品を食べることがオススメなのよ。
大豆にはイソフラボンという成分があるんだけど、これが女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするの。
それに、胸の土台になってるのは筋肉よね。その土台がしっかりしていれば、形が良くてハリのあるバストになるでしょう。その筋肉をつくるのはタンパク質だから、畑の肉と呼ばれてる大豆がおススメなのよ。
なるほど~。
血流を良くして、イソフラボンに存分に働いてもらって、サイズダウンを防ごうというわけだね~。

そうね~。
もう一つ、胸のサイズダウンを防ぐためには、カロリーを考えつつも、③のバランスのいい食事が大切なの。
胸は主に脂肪だけど、土台になってる筋肉を含めてタンパク質も必要でしょう。
それに、女性ホルモンのような生体ホルモンは、体調をよくしてないと、バランスが崩れてしまうのよ。ホルモンバランスが崩れると体調も崩すし、ダイエットにも悪影響が出るの。

だから、食べ物で色んなビタミンやミネラルをきちんと摂って、健康な体調を維持しなきゃいけないのよ。これは、健康的にダイエットをするためにも大切なことなのよ。

ふ~ん・・
でも、胸のサイズダウンを防ぐことばっかしで、ダイエットの話にならんやん。
おっぱい大きくても、デブやったらお相撲さんやんか~。
コラ! うさちゃん、口悪いよ(怒)
これから、ダイエットのための運動の話をするんだけど、ここで大事なのが、④の胸を揺らさないこと。
胸を揺らしてしまう、ジョギングやなわ跳びのような運動をすると、胸が垂れ下がってしまうの。これは、乳腺組織を支えているクーパー靭帯が、運動の衝撃で伸びてしまうからなの。
そして、一度伸びてしまうと、元に戻すのは難しいのよ。
せっかく胸がサイズダウンせずにダイエットできても、垂れ下がるのはイヤでしょう。
そうだね・・。じゃあ、どんな運動をすればいいの~?
それで、オススメの運動が、⑤のヨガなの。
ヨガって、運動というよりストレッチだから、本当に痩せるの? と思うかもしれないけど、ストレッチは、脂肪燃焼効果も高いし筋肉も鍛えられるのよ。
それに、血行やリンパの流れも良くなって代謝も上がるから、ダイエット効果は抜群なの。
ヨガは胸を揺らすこともないし、脚やウエストなど部分痩せすることができるでしょう。
おまけに、姿勢も良くなるから、それだけでもスタイルが良く見えるようになるよね。
あぁ、確かにヨガの先生って、スタイル良い人ばっかしやもんなぁ。
そうだね~。部分痩せできるのがいいよね~。豆乳飲んでヨガ行こう~。

ということで、胸のサイズダウンを防ぐダイエットのお話でした。

胸のサイズダウンを防ぎながらダイエットをするのは、慎重にやる分、時間がかかりますね。
でも、ゆっくり減量するのでカラダにかかる負担が少なく、リバウンドもしにくいです。
あせらずゆっくり時間をかけて、キレイにダイエットしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加