ダイエット中でも鍋の〆の雑炊が食べたいから工夫してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太りにくい雑炊の食べ方

ダイエット雑炊

鍋はダイエットにも良いのでよく食べますが、〆の雑炊はなるべく控えるようにしてます。しかし、やっぱり雑炊を食べないと落ち着きません。太りにくい雑炊ってありませんかね?

確かに、〆に雑炊たべないと、なんか物足りない感じがするの分かります。
あの残ったスープにいろんなダシが出てるから、雑炊しなきゃもったいないんだよね~。
ある意味、鍋で一番おいしいのって雑炊だもんね~♪
そうそう、いろんなダシが出とって「味がいっぱいする~」ってなるやんなぁ?
うさちゃん「味がいっぱいする~」は、サクマドロップの缶に水入れて飲んだ節子でしょうw
〆の雑炊って、そんなにガッツリ食べないだろうから、あまり気にしなくてもいいと思うけど、努力は大事だからね。太りにくい雑炊の食べ方を考えてみましょう!
あらほらさっさー!
雑炊(炭水化物)を食べて太りにくくするには、どうすればいいと思う?
食物繊維を一緒にとる!
ああ、そうやね。確か、白米よりも玄米の方が太りにくいのは、玄米の皮に食物繊維がたっぷりあるけえよね。
そう。食物繊維は、おなかの中で糖分がゆっくり吸収されるように働くのよね。
それで、血糖値がゆっくり上がるから、脂肪を作るはたらきのあるインスリンの影響をあまり受けなくて済むんだよ。
じゃあ、玄米で雑炊する? 玄米ってちょっと硬めだから、雑炊にはいいかもね。
そうやな。でも、玄米って高いやんか? 昔は玄米って、白い米が食えん貧乏人が食うもんってイメージやったけどな、次代が変わったわ・・
それでな、白いご飯と「糸こんにゃく」をみじん切りにして、一緒に混ぜてもええよね。
糸こんにゃくは食物繊維たっぷりやし、一緒に混ぜた分、ご飯の量も少なくできるやろ?
それもいい考えね! 糸こんを混ぜれば、その分、低カロリーにもなるしね。
混ぜるんなら、「白菜キムチ」もみじん切りにして入れたら良いよ。
唐辛子で脂肪燃焼効果が上がるし、味も美味しいしね~♪
いいね~、脂肪燃焼効果。
鍋にすると、どうしてもお酒飲んじゃうよね? お酒が入ると、肝臓がアルコールの分解作業で忙しくなって、糖質グリコーゲンにする仕事ができなくなるの。
そしたらグリコーゲンになれなかった糖質は、そのまま脂肪になってしまうのよ。
だから、より脂肪を燃焼しやすい「キムチ雑炊」にするのもいいよね。
酒飲まんかったらええやん?
うさちゃん、「大五郎」しこたま飲むでしょう?
うん、飲むよ、飲むさ・・でもな、わい、いっつも〆にたどり着くまえに記憶なくして、気付いたら次の日の昼なんよ。やけ、〆も食べんし朝メシも食べんけぇ、スリムなんよ。
名付けて「大五郎ダイエット」やwww!
そうそう、うさちゃんゲボ吐いて記憶なくすから、超絶にやせるんだよねwww
ということで、〆の雑炊は食物繊維と一緒に食べることと、お酒の量を控えることで、より太りにくくなるというお話でした。
鍋自体が低カロリーなので、雑炊くらいは気にしなくてもいいと思いますがね・・。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加