納豆のダイエットパワーがスゴイぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

納豆のダイエットパワーをフル活用しよう!

納豆ダイエット

Q 納豆のダイエット効果を、最大限に引き出す方法を教えてください。

日本の伝統的ソウルフード「納豆」には、ダイエットに有効な栄養がたっぷりです。そして、納豆のダイエットパワーは、食べ方一つで簡単ににアップすることができるのです。その食べ方とは、一体どんなものなのか見てみましょう。

  1. こんなにあるダイエットに役立つ納豆の栄養素
  2. 納豆のダイエットパワーを最大限に引き出す食べ方
  3. 納豆のダイエットパワーを倍増させる食材
  4. 夕食に納豆を食べると良い理由

こんなにある!ダイエットに役立つ納豆の栄養素

納豆ダイエット栄養

ダイエットに成功するためには、痩せやすいカラダにする必要があります。
痩せやすいカラダとは、脂肪をガンガン燃やせるように、①血行が良い、②代謝が高い、③腸内環境が整っている。といった感じのカラダです。

納豆は、この3つの条件を高める栄養を豊富に含んでいるのです。
それらが納豆ワンパック(45g)にどれだけ入っているか見てみましょう。

①血行を良くする納豆の栄養

  • ナットウキナーゼ(微量):納豆菌がつくる特有の酵素です。血栓を溶かす働きで、血液がサラサラ流れるようにしてくれます。
  • カリウム(300㎎):むくみの原因になる、余分な塩分をカラダから排出する働きがあります。むくみが取れると血行やリンパの流れが良くなり、ダイエットに有利なカラダになります。
  • マグネシウム(45㎎):動脈を弛緩する働きがあります。それにより血圧が下がり、血液がスムーズに流れるようになります。
  • カルシウム(41㎎):小腸が脂肪を吸収するのを妨害する働きがあります。これで血液中のコレステロール値も下がります。
  • 大豆イソフラボン(65㎎):血液中の悪玉コレステロール値を減らす働きで、血行を良くします。また、肌の新陳代謝を促進する働きで、キレイに痩せることができます。

②代謝を高める納豆の栄養

  • タンパク質(7.4g):納豆には、低カロリーで低脂肪の植物性タンパク質がたっぷりです。これで筋肉を活性させて、脂肪をガンガン燃やしましょう。
  • ビタミンB2(0.25㎎):糖質をエネルギーに変えて消費するのに必要な栄養素です。余分な糖質は脂肪になってしまうので、糖質代謝を高めるビタミンB2が必要なのです。
  • ビタミンB6(0.11㎎):タンパク質をアミノ酸に分解して、そのアミノ酸から筋肉を作るのに必要な栄養素です。
  • ビタミンE(0.5㎎) :高い抗酸化作用をもつ特徴があります。これにより、代謝を悪くする活性酸素を減らすことができるため、ダイエットに有利になります。
  • 鉄分(1.5㎎):カラダ中に酸素を運ぶ「ヘモグロビン」の材料になります。脂肪を燃やすには酸素が 必要ですから、鉄分は脂肪代謝を高めるのに必要です。

③腸内環境を整える納豆の栄養

  • 食物繊維(3g):食物繊維は善玉菌を増やすためのエサになります。善玉菌はおなかを荒らす悪玉菌を減らすのと、大腸の調子を整える有機酸を出すことで排便を良くしてくれます。

このほかに、納豆に特徴的に多い「ビタミンK(240μg)」があり、これには骨を丈夫にする働きがあります。あまりダイエットに関係ないように思えますが、食事制限で栄養不足になると、骨がもろくなってしまいますから、健康的にダイエットするためにビタミンKも大切な栄養素なのです。

コチラもお勧め!→ 抹茶は最強のダイエット茶!便秘や美容にも良い理由とは?

わい、納豆好きよ。あのネバネバして臭いのがたまらんわ~。
こんなにダイエットに良い栄養が多かったんだねぇ。ただの臭い豆かと思うてました・・。
では、その納豆のダイエットパワーを高める方法について見てみましょう。

納豆のダイエットパワーを最大限に引き出す食べ方

納豆のダイエットパワー

納豆の栄養でいちばん特徴的なのは、やはり「ナットウキナーゼ」です。納豆菌がつくる酵素で、納豆に特有なものですからね。

前述した通り、これには血栓を溶かして血流を良くする働きがあります。血流の良いカラダは、効率よく酸素を送り届けることができるので、脂肪をガンガン燃やすことができます。脂肪の燃焼には酸素が必要ですからね。

そこで、このナットウキナーゼを作ってくれる「納豆菌」を増やせば、よりダイエットに効果的な納豆になると思いませんか?

納豆菌を増やして食べよう!

納豆菌を増やせば、それだけナットウキナーゼも多くなります。どうせ納豆を食べるなら、その価値を最大限に高めて食べましょう。

では、どうやったら納豆菌が増えるのか見てみましょう。

  1. 納豆を常温に戻しましょう!
    納豆菌は常温で活発に増えます。食べる20分前に冷蔵庫から出しましょう。
  2. 納豆をよく混ぜましょう!
    納豆菌が活発に増えるには、酸素が必要です。納豆をよく混ぜて酸素を含ませましょう。
  3. 調味料は食べる直前に加えましょう!
    納豆菌が活発に増えるのは、ph7~8の弱アルカリ性です。それで、最初に納豆にカラシやタレを加えると酸性になってしまい、納豆菌の活発な増殖を妨げてしまいます。それで、調味料は食べる直前に入れるようにしましょう。

まとめると、納豆は食べる20分前に冷蔵庫から出してよく混ぜます。これで20分の間に納豆菌が増殖して、ナットウキナーゼも増えます。調味料は食べる直前に加えましょう。

カラダに悪いものを追いだそう!→ デトックス効果抜群!どくだみ茶がダイエットに良い理由

食べる前のひと工夫で、納豆がパワーアップするんやね。
タレとカラシ入れると混ぜやすいから、最初に入れてましたわ・・。
納豆がダイエットに良い食材だって分かったでしょう?
では、その納豆に加えると、さらにダイエットパワーを倍増させることができる食材について見てみましょう。

納豆のダイエットパワーを倍増させる食材

納豆のダイエットパワーを引き出す食材

納豆はそのまま食べても美味しいですが、他の食材といっしょに混ぜるとさらに美味しく食べられるものもあります。そして、その食材で納豆のダイエットパワーを倍増できるとしたら、ぜひ一緒に食べたいですよね?
そのうち、とくに納豆と相性が良くてダイエットパワーを倍増できる3つの食材を見てみましょう。

納豆&キムチ

キムチには、腸内環境を整えてくれる「乳酸菌」がたっぷり入っています。その乳酸菌は納豆菌と混ぜ合わせると、なんと10倍!に増えることが分かっているのです。これは納豆菌が出す物質が影響しているということですが、それにしてもスゴイですよね。

また、唐辛子のカプサイシンは、脂肪燃焼に働きますし、キムチは納豆とおなじく発酵食品で、ダイエットに有効な酵素もたっぷり含まれます。納豆&キムチは相性も抜群ですし、これを冷奴にのせれば、美味しいお酒のおつまみにもなります。

納豆&ナメコ

ナメコも納豆と相性抜群です! ごはんのお供に最高ですね。それで食べ過ぎると本末転倒ですが・・。
ナメコがダイエットに良いのは、豊富な食物繊維と、あのヌルヌル成分の「ムチン」です。

ムチンには、タンパク質の消化吸収を助けて、筋肉を活性することで代謝を上げる働きがあります。それで、ほかにもタンパク質でできている、肌や髪の毛の新陳代謝も上がるため、美肌や美髪になり、キレイに痩せることができるのです。

納豆&アボカド

アボカドは、世界一栄養価の高い果物としてギネス記録にもなっています。アボカドって野菜っぽいけど、実は果物なんですね。その中にはダイエットに効果的な栄養もたっぷり含まれます。

醤油をつけるとトロっぽい味になることから、納豆との相性もとても良い食材です。一緒に食べれば、置き換えダイエットもできますよね。アボカドのダイエット効果ついて、詳しくは ↓↓↓ をご覧ください。

アボカドダイエット!基礎代謝を高めて消費カロリーUP!

アボガドって果物なん?バターやないん?
森のバターって言われてるだけでしょう・・。あと、アボガドじゃなくてアボカドだからね。

うさちゃんは、パンにアボカド塗って食べるの好きだもんね~。

次は、納豆は夕食にすると良いというお話です。

夕食に納豆を食べると良い理由

納豆を夕食に食べてダイエット

納豆は朝昼晩のいつ食べても良いものですが、強いて言うなら、一番のおすすめは夕食です。それは、寝ている間に「血栓」ができやすいからです。

血栓を溶かすナットウキナーゼは、10~12時間も働くといわれていますから、寝ている間に血栓を予防して血行を良くしようというわけです。

また、夕食は1日の食事の中でも一番高カロリーになりがちですから、納豆で「置き換えダイエット」をすることで、摂取カロリーを抑えることもできます。もとは大豆ですから、腹持ちも良いですよね。

置き換えダイエット関連→ さつまいもの置き換えダイエットで便秘を解消して代謝UP!

わい、朝昼晩の3度のメシで納豆食うよ。おかげで血が水みたいにシャバシャバなんよ。
うん、うさちゃんの鼻血サラッと流れて止まらないもんね~。

ということで、納豆はダイエットパワーを最大限にして食べよう! というお話でした。

高いダイエットサプリを買うよりは、安い・うまい・効果的! な納豆が、お財布にも健康にも良さそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加