脂肪燃焼効果の高いオススメの食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脂肪燃焼効果がある栄養素とは?

脂肪燃焼ダイエット

Q 脂肪燃焼効果の高い食品を教えてください。

脂肪燃焼効果の高い食品といえば、唐辛子、ショウガ、海藻類、コーヒー、羊肉です。
辛いのもあれば、苦いのもあるし、肉もあれば、野菜もあるなぁ・・
羊肉のショウガ焼きを唐辛子でピリ辛にして、海藻サラダとコーヒーを付けて、「脂肪燃焼セット」で出せば売れるんやないん?
ヒツジには生け贄になってもらおうかw。
あわわわわ・・なんで羊肉に脂肪燃焼効果があるの~?
肉なんて高カロリーで、ダイエットにならんでしょう~?
大丈夫よヒツジさん、羊肉は意外と低脂肪で低カロリー!
じゃあ、何でこれらの食品に、脂肪燃焼効果があるのか勉強してみようか?
あひぃ~・・
脂肪燃焼効果といってパッと思いつくのが、唐辛子よね?
あぁ、キムチやらカレーやら、辛いもんは食べたら汗かくんよね。
運動したみたいになるやんなぁ。
そうそう。
あれは、唐辛子の辛み成分「カプサイシン」が働くからよ。
具体的にどんな働きかというと、カプサイシンはすごく辛いから、カラダの刺激になるよね?
その刺激が興奮状態を引きおこすと、副腎から「アドレナリン」っていうホルモンが出てくるのよ。
そして、アドレナリンには、脂肪分解酵素の「リパーゼ」を活性化する働きがあるから脂肪の分解がすすむというわけ。
つ、つまり、辛いカプサイシンを食べると → 興奮してアドレナリンが出て → 脂肪を分解するリパーゼが活性化する → 脂肪の分解。ということだね・・。
キムチ、コチュジャン、豆板醤、タバスコ・・調味料に多いから色んな料理に使えるね・・。
ヒツジ、もうすぐ屠殺されるのに冷静やな。恐怖でマヒしとるいうことか・・
クッ・・!
うさちゃん、余計なこといわないの。
次はショウガね。ショウガには、独特な辛みがあるでしょう。
あれは「ジンゲオール」っていう成分の辛みで、これに熱を通すと「ショウガオール」っていう成分に変化するの。これを食べると、カラダがポカポカに温まるのよ。
あぁ、そういえば寿司屋の「ガリ」食ってもカラダは温まらんけど、熱通した「生姜汁」飲んだらカラダがポカポカするもんなぁ。
そうでしょう。
カラダが温まるのは、ショウガオールが内臓に働いて血行を良くしてるからなの。
血行が良くなると、カラダに運ばれる酸素のめぐりも良くなるでしょう。
酸素は脂肪の燃焼に必要だから、血行を良くするショウガに脂肪燃焼効果があるというわけなの。
な、なるほど・・。
脂肪を燃焼したければ、ショウガは熱をとおして食べるほうが良いんだね・・。
じゃあ、つぎの海藻類にはどんな脂肪燃焼効果があるの?
海藻類には「ヨウ素」っていうミネラル分が豊富なんだけど、これはカラダの新陳代謝を活発にする甲状腺ホルモンの材料になるのよ。
新陳代謝が活発になると、エネルギーが必要になるでしょう?
それで、エネルギー源である糖質や脂肪の燃焼が促進されるというわけ。
海藻を食ったら肌ツヤが良くなるいうし、ハゲとる人が髪が生えてくるゆうてようけ食べるもんねぇ。それは、新陳代謝がようなるからやったんやね。
そうね~。
ワカメ、昆布、ヒジキ、海苔など、いろんな料理に使えるから、海藻類は積極的に食べようね~。
じ、じゃあ、つぎはコーヒーは? コーヒーにはどんな脂肪燃焼効果があるの・・?
コーヒーには「カフェイン」があるでしょう。
そのカフェインに脂肪燃焼効果があるんだけど、その仕組みは唐辛子に出てきた「カプサイシン」と同じなの。
つまり、カフェインをとると、カラダが興奮状態になってアドレナリンが出るの。
そしたら、脂肪分解酵素のリパーゼが活性化して、脂肪分解を促進するということなのよ。
夜にコーヒーを飲んだら眠れなくなることあるでしょう?
あれは、カフェインが交感神経を刺激して、興奮状態になるから眠れなくなるのよ。
なるほど・・
じゃあ、カフェインに脂肪燃焼効果があるんやったら、コーヒーじゃなくてもええんよね?
緑茶や紅茶・・コーラでもええやん。
コーラじゃダイエットにならないでしょう! このバカウサギ!
ムキ~!
じゃあ、最後の「羊肉」になんで脂肪燃焼効果があるのかみてみようか?
ビスミ・ッラーヒ・ッラフマーニ・ッラヒーム・・・
コーラン唱えるなw!
羊肉には「L-カルニチン」という、脂肪をエネルギーとして燃焼するときに欠かせないアミノ酸がとても多いのよ。
L-カルニチンが、脂肪を「ミトコンドリア」っていうエネルギーを生み出す細胞器官に運ぶはたらきをするから、スムーズに脂肪燃焼ができるというわけ。
L-カルニチンって、ダイエットサプリメントでも有名でしょう?
じゃあ、サプリ食べりゃあ良いじゃん!
ジンギスカンが食べたいんよwww。
羊肉にも、ラムとマトンってあるでしょう。ラムが子羊の肉で、マトンが大人の羊肉ね。
それがどうしたん?
ヒツジは子羊やけラムやんな? マトンは臭いけえ食いとうないんよ。
早よラムのうちにヒツジを屠殺して、ジンギスカンにしようやw
クッ・・!
L-カルニチンは羊肉に多いと言ったけど、その含有量はラムとマトンでぜんぜん違うのよ。
L-カルニチン量を羊肉100gでみると、ラム80㎎ で、マトン208.9㎎ なのよ。
なにッ!?
2.5倍以上も違うんかい? じゃあ、マトンになるまで待ったほうがええゆうことか・・
でも、マトン臭いけえ好かんのよ。
そう。
だから、ヒツジさんの屠殺は止めたほうがいいね。良かったね、ヒツジさん。
か、神は偉大なり・・
ということで、脂肪燃焼効果の高い食品についてのお話でした。
しかし、脂肪燃焼効果があるというのは、脂肪をエネルギーとして使えるカタチ(遊離脂肪酸)にできるということです。
それを運動して消費しないことには、脂肪は減らずに再びただの脂肪に戻ってしまいます。
それで、ウォーキングなど、脂肪をエネルギー消費できる運動を続けることが大切なのです。
脂肪燃焼効果の高い食品と運動で、健康的にダイエットしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加