牛肉と豚肉どっちがダイエットに有利?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牛肉と豚肉、ダイエットにいいのはどっち?

ダイエット肉

Q たまに肉をガッツリ食べたくなる時があります。ダイエットではタンパク質をとることが必要ですが、牛肉と豚肉では、どちらがお勧めでしょうか?

牛と豚、どっちの肉がダイエットに良いかって、なかなかシュールな質問やな・・
うん、肉はカロリー高いからねぇ・・
ほいでも、ダイエットにタンパク質は必要やもんね~。
肉をガッツリ食いたい人には、鶏肉じゃあもの足りんのやろうな。
牛にも豚もタンパク質は豊富だし、ダイエットに必要な栄養素もあるんだけど、どちらも一長一短あるからねぇ。
ふ~ん、じゃあ、良いとこと悪いとこ比べて、どっちがダイエットに向いてるか考えてみようよ?
やっぱ、気になるのはカロリーやろ? 豚の方が低カロリーのような気がするけどな。

そうね。でも、肉って部位によってカロリーも違ってくるでしょう。各部分100gで比べてみようか。

牛肉 豚肉
ばら肉 517kcal 386kcal
かた 498kcal 263kcal
ロース 411kcal 216kcal
もも 246kcal 183kcal
あぁ~、やっぱどっちも「ばら肉」はカロリー高いねぇ・・
でも、カロリーだけなら、豚肉のほうがダイエット向きなのかな~?
そうね。
それに豚肉には、糖質代謝に必要な「ビタミンB1」が、牛肉の10倍以上も含まれているのよ。
成人の1日のビタミンB1の推奨量が、1.2㎎ なんだけど、豚肉100g にはなんと0.96㎎ も含まれているのよ。
へぇ~。じゃあ、圧倒的に豚肉の方がダイエットに有利じゃん。
そう思うでしょう?
でも、牛肉には、脂肪の燃焼を促進する「L-カルニチン」が豊富に含まれてるのよ。
これは、牛肉のほうが豚肉の1.7倍も多く含まれてるの。
L-カルニチンって、サプリメントであるやんなぁ。
豚肉には、糖質代謝を促進する「ビタミンB1」、牛肉には、脂肪代謝を促進する「L-カルニチン」が豊富なんやね。
それに、牛肉には鉄分が豊富なのよ。
鉄分は、カラダ中に酸素を運ぶヘモグロビンの材料になるでしょう。
糖質や脂肪の燃焼には酸素が必要だから、ヘモグロビンになる鉄分が大事なのよ。
なるほど~、どっちの肉にもストロングポイントがあるねぇ・・
タンパク質はどっちが多いの?
タンパク質は、どちらも同じくらいね。
ほいじゃあ、ダイエットにええ成分は、どっちもどっちゆうことやろ?
そしたら、カロリーの低い豚肉のほうが良いってなるやんな。
そうね。
でも、肉ってそのまま食べないよね? 素材のままなら、豚肉のほうが低カロリーだろうけど、料理にもよるんじゃない?
あぁ~、確かに「トンカツ」とか「豚の角煮」にしたら、カロリー高そうだもんねぇ・・
そうそう。
それに、ビタミンB1も L-カルニチンも、熱に弱いのよ。
ビタミンB1は、熱を通すと半分くらいに減っちゃうからね~。
豚を生で食うわけにいかんもんなぁ・・
ワイ、いつもステーキはレアで食いよったけえね。
肉ガッツリ食ってもスリムやったのは、L-カルニチンが働いとるおかげやったんやねぇ。
豚も「豚しゃぶ」だったら、そんなに熱にさらさないし、ビタミンB1もたくさん残るから、おすすめの食べ方ね~。
なるほど~。
素材のカロリーや栄養素だけで、どっちがダイエットに有利って判断できないんだね~。
そう。
だから、ダイエット中にお肉をガッツリ食べたくなったら、牛肉ならレアステーキ。
豚肉なら豚しゃぶがおすすめね~。
食べ方って大事だねぇ~

そうね。
ということで、牛肉と豚肉、どちらがダイエットに有利かというのは調理法やその他の材料など、全てひっくるめて考えないといけないので、どちらが有利ということは言えないというお話でした。

さらに、お肉を食べる前に、食物繊維の多い野菜を食べておけば、余分な脂質の吸収を抑えることができますし、炭水化物を控えれば、カロリーを抑えることもできます。

食べ方にも気を付ければ、太りにくい食事にできるように、ダイエットはトータルで考えなければならないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加