おからダイエットの効果とその理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おからは優秀なダイエット食品

おからで痩せるダイエット

Q おからがダイエットに効果的だそうですが、何がそんなにいいのでしょうか?また、どのように食べると一番効果的なのでしょうか?

おからは豆腐を作ったあとの大豆の「出がらし」みたいなものですから、そんなものにダイエットに良いものなんて入ってるの?と思いますよね。でも、おからはダイエットに必要な機能と栄養素をたっぷり含んだ、優秀なダイエット食品なんです。それでは、具体的におからの何が良いかを見てみましょう。

  1. 脂肪を抑えるおからの食物繊維
  2. おからのタンパク質で代謝UP
  3. ダイエットに効くおからの栄養素
  4. キレイに痩せるおからの成分
  5. これは痩せる!おからで置き換えダイエット

脂肪を抑えるおからの食物繊維

おからの痩せる食物繊維

おからには、100g中に11g以上も食物繊維がふくまれています。これは、全ての食品の中でもトップクラスで、ゴボウの2倍もあるのです。ゴボウって食物繊維のかたまりのような感じだから、その2倍ってちょっとビックリですよね。

ところで、食物繊維がダイエットに効果的だといいますが、なぜだかご存知ですか?それは、①脂肪がつくのを抑えること。②善玉菌をふやして腸内環境を整えること。③便通をよくすることです。具体的に一つずつ見てみましょう。

①食物繊維は脂肪がつくのを抑える

食物繊維は、おなかの中で余分な糖質や脂質にからみつく性質があります。からみつかれた糖質は、小腸でスムーズに吸収されないため、血糖値がゆっくり上がります。

血糖値がゆっくり上がると、それを正常値に下げる「インスリン」の量が少なく済みます。インスリンには、血糖値を下げる働きと、脂肪をつくる働きもあるので、少ないほうが太りにくいのです。よって、食物繊維が豊富=脂肪がつきにくい、といえるのです。

②食物繊維が善玉菌をふやして腸内環境を整える

食物繊維は、おなかの中で腸内細菌の善玉菌をふやします。善玉菌のエサになるということです。善玉菌は腸のはたらきを良くする栄養素をつくるため、腸が活発に動くようになり代謝が上がります。

ダイエットで大切なことの一つに基礎代謝を上げることがありますが、内臓が活発に動くようになると基礎代謝も上がります。それで、腸内環境を整えることが痩せやすい体質作りになるのです。また、腸内には多くの免疫細胞があるため、免疫が上がると病気の予防にもなります。

③食物繊維が便通を良くする

食物繊維は、おなかの中で水分を吸うとふくらみます。すると、便の量がふえて腸を刺激するため、便通が良くなるのです。便通が良くなると腸が活発になり、内臓全体のはたらきも良くなるので、痩せやすい体質作りになるのです。

以上のように、おからにはダイエットに効果的な食物繊維がたっぷり含まれます。しかし、その高い整腸作用から、摂り過ぎるとおなかがゆるくなることがあるので、1日に50gも食べれば十分です。

食物繊維関連→ さつまいもの置き換えダイエットで便秘を解消して代謝UP!

おからって、ぜんぜん繊維って感じがしないのに、食物繊維はゴボウの2倍もあるんだね~。
おからって、豆腐屋が捨てるもんやと思うとったわw こんど貰うてこよう~ ♪

食物繊維だけでも、おからがダイエットに良いっていうのが解ったでしょう?でも、おからのダイエット効果はそれだけではありません。

次は、代謝を上げるおからのタンパク質について見てみましょう。

おからのタンパク質で代謝UP

おから痩せるタンパク質

おからには、100g中に5.8gのタンパク質がふくまれます。一般的に植物性タンパク質は、あまり多くの必須アミノ酸を含みません。しかし、大豆タンパク質は、動物性タンパク質のように必須アミノ酸を多く含みます。それで、大豆は「畑の肉」とよばれているのです。

タンパク質がダイエットに必要なのは、筋肉をつけて代謝を上げるためです。筋肉がつくと、それを使うときに大きなエネルギーが必要になります。また筋肉を維持するにもエネルギーが必要になるため、痩せやすい体質になるのです。

おから自体は100gで112kcal あるので、そんなに低カロリーとはいえません。しかし、カロリーを気にするよりも基礎代謝を上げるほうがダイエットに有利になるため、タンパク質は積極的に摂ったほうが良いのです。

タンパク質を摂ろう!→ ダイエットの簡単朝食メニューにツナ缶がおすすめの理由

おからって出がらしなのに、そんなにタンパク質があるんやねぇ。
うん、筋肉つけたら体脂肪がガンガン燃えるっていうもんね~ ♪

そうね~。タンパク質はダイエットには必須の栄養素なのよ。でも、食べるだけでは筋肉はつかないから、必ず運動をしましょう。

おからには、その他にもダイエットに効果的な栄養素がたくさん含まれます。次は、その栄養素について詳しく見てみましょう。

ダイエットに効くおからの栄養素

おから痩せる栄養素

おからには、ダイエットに効果的な栄養素がたくさん含まれます。その中でも特に代表的なのが、①大豆サポニンと、②レシチンです。

①大豆サポニンの痩せる効果とは?

おからは豆腐をつくるときに出る大豆の「出がらし」ですが、大豆サポニンは、この出がらしの方にのみ含まれる栄養素です。絞りカスのほうにお宝が眠っているのですね。

大豆サポニンにダイエット効果があるのは、脂肪の吸収と蓄積をおさえる働きがあるからです。おまけに、血液中の悪玉コレステロールを減らす働きで、血液をサラサラにします。また、血管の悪玉コレステロールによる詰まりが改善されるため、血流が良くなります。

脂肪を燃焼するためには酸素が必要ですが、血流が良くなると酸素のめぐりも良くなるため、脂肪の燃焼効果が高まり代謝のよいカラダになるのです。

②大豆レシチンのダイエット効果とは?

大豆レシチンは、細胞から不要な老廃物を排除したり、脂肪の燃焼効果を上げる働きがあります。細胞をキレイにすると脂肪の燃焼も活発になるので、代謝が高くて痩せやすいカラダつくりができる栄養素なのです。

また、大豆サポニンと同じように、血管内の悪玉コレステロールを減らす働きがあるので、血流を良くして代謝を高める効果もあります。

これら大豆サポニンと大豆レシチンのダブルパンチで、食事の脂肪の吸収をおさえ、体脂肪を燃焼する働きでダイエット効果を発揮するのです。

こちらも血液サラサラに♪→ もずく酢はダイエットの味方!痩せる食事になる理由とは?

おからって、豆腐屋にとっては「産業廃棄物」扱いやけえね・・
そんなもんにお宝みたいな栄養がいっぱい入っとるんやねぇ~。
うん、豆腐屋さんに行けば、タダでもらえるよね~ ♪

そうね~。
豆腐屋さんも、おからでダイエット食品作って売ればもっと儲かるのにね。

次は、おからにはきれいに痩せるための成分があるというお話です。

キレイに痩せるおからの成分

置替ダイエット

おからにはダイエットに良い栄養素がたっぷりですが、ただ痩せるだけではありません。それは、キレイに痩せるための「大豆イソフラボン」がたっぷり含まれているからです。大豆イソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」と似た化学構造で、同じような働きをする天然の有機化合物です。

その働きの一つに、肌や髪の新陳代謝をうながしてキレイにするという美容効果があります。ダイエット中は食事制限による栄養不足で、肌が荒れたり髪がパサついたりすることがありますから、大豆イソフラボンは、キレイに痩せるためにとても良い成分なのです。

また、加齢によりエストロゲンは徐々に減るため、大豆イソフラボンを積極的に摂ることで、美しい肌や髪を保つのに役立ちます。

美容関連→ 抹茶は最強のダイエット茶!便秘や美容にも良い理由とは?

おからって良いことばっかりだね~。
ああ、産廃でキレイに痩せれるんやなぁ・・

うさちゃん、おからを産廃、産廃いわないの。

次は、効果的に痩せるための、おからを使った置き換えダイエットについてのお話です。

これは痩せる!おからで置き換えダイエット

おからで置き換えダイエット

おからで「置き換えダイエット」をしましょう!置き換えダイエットとは、太りやすい食べ物を控えて、その代りに太りにくいものを食べるというダイエット方法です。例えば、脂肪になりやすい「ご飯(炭水化物)」のかわりに「おから」を食べるという感じです。

では、いつ、おからを食べるとダイエットに効果的なのでしょうか? 1日の食事の内で、いちばん高カロリーになりがちなのは夕食ですよね。しかも、活発に動いてカロリー消費できる昼間とは違い、夕食後は寝るだけですから一番太りやすい食事といえます。

そこで、夕食のご飯を減らす代わりに「おから」を食べるのです。ご飯をおからに置き換えることでカロリー制限ができますし、ダイエットに効果的な栄養素もとれるので、太りにくい食事になるのです。

置き換えダイエット→ 絶対に痩せる!夕食だけ主食を抜く簡単ダイエット方法

おからの「卯の花」って結構うまいもんなあ~ ♪
うん、ワタシも卯の花好き~ ♪

じゃあ、あとで卯の花つくってあげるから、豆腐屋さんからいっぱい貰ってきなさい。

ということで、おからにはダイエットに効果的な機能と栄養がたっぷり、というお話でした。

夕食での「おからの置き換えダイエット」は、ムリなく続けられて効果も期待できるので、是非試してみて下さいね。おからで、キレイに健康的に痩せましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加