お腹まわりの皮下脂肪をスムーズに落とすには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お腹まわりダイエット

Q ダイエットをはじめてから徐々に体重は落ちてきましたが、お腹まわりの脂肪がなかなか落ちません。どうすれば、効果的に落とすことができるでしょう?

ワタシもそうなんだけど、何でお腹まわりの脂肪は落ちにくいの~?
お腹まわりの脂肪って、「内臓脂肪」と「皮下脂肪」があるんだけど、どちらもエネルギー源として蓄えられたものなの。

そして、カラダは、糖質(ブドウ糖)→ 内臓脂肪 → 皮下脂肪 の順番で、エネルギー消費していくのよ。糖質が全部なくなったら、つぎは内臓脂肪って感じでね。
それで、最後の皮下脂肪は「緊急用備蓄」みたいになってるから、なかなか落ちないのよ。

ふ~ん・・お腹まわりの皮下脂肪は、ラクダのコブみたいなもんやねぇ。
ラクダも、「コブが落ちん・・」って悩んどるんかなぁ?
悩むかw!
ラクダにコブがなくなったら、背中にメリハリがなくなってカッコ悪いでしょう?
お腹まわりもメリハリがある方がカッコいいから、クビレが欲しいんだよ~!

皮下脂肪を落とす運動の仕方とは?

そうよね~。クビレ欲しいよねぇ~。
特に女性は、皮下脂肪がつきやすいカラダだから、そういう悩みもひとしおだよねぇ・・
なんで、女の人の方が皮下脂肪がつきやすいん?
それは、女性ホルモンが関係しているのよ。
生物学的にみて、おなかの中に赤ちゃんがいる場合、皮下脂肪がたくさんあった方が外部の衝撃から守れるでしょう?
緩衝材みたいなもんか・・
うん、それが女性らしい柔らかいカラダつきを作っているんだけど、あんまり付き過ぎると、見た目が悪くなっちゃうからね・・
付きすぎたら、赤ちゃん守る前に男が寄ってこんやんなw?
うわぁ~、うさちゃん口悪~・・
じゃあ、おなか周りの皮下脂肪を落とすのって難しいの~?
なかなか難しいね~。
でも、時間はかかるけど、落とすことはできるのよ。
できるだけ「効率的」にお願いしますです。
うん、脂肪は運動しないとなかなか落ちないんだけど、運動にも「有酸素運動」と「無酸素運動」があるでしょう。お腹まわりの皮下脂肪を落とすには、どっちの運動をすればいいと思う?
有酸素運動や!
脂肪は酸素と結びついて「脂肪酸」という形になって、はじめてエネルギー消費されるんよ。
やから、有酸素やないと脂肪は減らんけえね。
そうね。でも答えは、「どちらの運動もする」でしたw。
・・・「どっちの運動をすればいいと思う?」って聞いたやろ?
キャッ、キャッwww ♪
うさちゃん、コケにされたねぇ~。
運動するときは、まず「無酸素運動」からはじめるのよ。
無酸素運動というのは「フンッ!」と息を止めて、瞬発的に力を出す運動のことで、短距離走や重量挙げみたいな運動ね。だから、「筋トレ」も無酸素運動になるのよ。
なんで無酸素運動からはじめるん?
それは、無酸素運動をすると「成長ホルモン」が分泌されるからよ。
成長ホルモンは、カラダの疲れやダメージを回復しようと働くから、それで使われるエネルギーがとても大きくなるの。
それに無酸素運動は、グリコーゲン(糖質)がエネルギー源だから、はじめに使い切っとくのよ。そしたら、つぎの有酸素運動で、脂肪がエネルギー源になるから、効率的に消費することができるでしょう。
あぁ~、それでかぁ!
スポーツクラブに行ったらインストラクターの人から、「ウェイトトレーニングをした後に、ランニングマシンで走るといいですよ。」って言われたの~。
そうそう。
無酸素運動のウェイトトレーニングで、成長ホルモンを出して代謝をあげながら、糖質をエネルギー消費で使い切る。
そして、次の有酸素運動のランニングで、脂肪を燃焼して消費するという、スムーズな流れができるよね。
なるほどな~。
効率よくエネルギー消費していかんと、最後の皮下脂肪までエネルギー消費ができんゆうことやね。やから、皮下脂肪は落ちにくいんや~。
その通り!
お腹まわりの皮下脂肪を落とすために、無酸素運動 + 有酸素運動をすること。そして、食事制限でカロリーを計算して、効率よく健康的にダイエットしてくださいね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加