これは意外!おにぎりは優れたダイエット食?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おにぎりのダイエット機能とは?

おにぎりダイエット

Q 糖質制限ダイエットをしようと思っているのですが、ブドウ糖が脳のエネルギーになってる以上、全く摂らないというわけにもいきませんよね。私はお米が大好きなのですが、おにぎりなら1日に何個くらい食べても大丈夫でしょうか?

炭水化物は「太る」ってイメージですよねぇ・・
でも、意外かもしれませんが、おにぎりには太りにくくて、ダイエットに使える機能があるんですよ。
おにぎりが太りにくいやと・・?
それは、お米3粒で作った「アリさんおにぎり」やったら、いくら食っても太らんていうオチやないやろうなw?
アリさんおにぎりはどうでもいいけど、なんで「おにぎり」が太りにくいの?
ホカホカご飯じゃダメなの~?
そうそう、おにぎりには、ホカホカご飯にはない、ダイエット向きの機能があるのよ。
何でおにぎりにだけ、ダイエット機能があるん?
ホカホカご飯と同じコメやろう? 違いといえば、冷や飯になって固まっとるだけやん?
そうそう。冷めて固まってるところがいいのよ。
お米のデンプン(糖質)は、冷めると消化吸収されにくい「レジスタントスターチ」というものになるのよ。
レジスタント(抵抗)スターチ(デンプン)・・「抵抗デンプン」
腸からの吸収に抵抗するデンプンちゅうことか? なんで、抵抗したらダイエットにええの?
うさちゃん、直訳ありがとう。
もし、デンプン(糖質)が吸収されやすかったら、血糖値が一気にグンと上がるでしょう。
そしたら、急いで血糖値を下げなきゃいけないから、インスリンが大量に出てくるよね。
インスリンは血糖値を下げる働きがあるんだけど、もう一つ「脂肪をためる」という働きもあるのよ。
ああ、なるほど~。
レジスタントスターチなら、ゆっくり腸から吸収されるから、血糖値もゆっくり上がるってことだね~。
それで、インスリンの量も少なくて済むから脂肪がたまる割合も減って、ダイエット効果があるっていうことだね~。
そのとおり。
それに、ゆっくり吸収されて腹持ちがよくなるから、すぐに「お腹へった~・・」ってならないでしょう。
おまけに、お米を消化するには、胃腸がよく働かなきゃいけないよね。
胃腸がよく働くと、消費されるエネルギーも大きくなるから、代謝の高いカラダになるのよ。
この「代謝の高いカラダ」=「糖質や脂肪を燃焼しやすいカラダ」にすることが、痩せやすいカラダになるために必要なのよ。
もちろん、レジスタントスターチといっても糖質には変わりないから、食べ過ぎると太るよね。
でも、おにぎりなら一つずつ固めてあるから、カロリー管理がしやすいでしょう?
まぁのぅ・・で、おにぎり1個、何カロリーなん?
1個200kcal くらいよ。大きさは、コンビニで売ってるのと同じくらいのね。
じゃあ、成人の1日に必要なカロリーが、約2000~2700kcal だから、10個くらい食べても大丈夫ってこと~?
おにぎりだけ10個て・・裸の大将やないんやから、他にもなんか食べたいやろうw
そうね。
栄養のバランスも考えて、おにぎりは朝2つ、昼2つ、夜1つにすれば、合計5個で1000kcalでしょう。
それに野菜中心の料理にして、タンパク質や脂質、食物繊維をとればいいよね。
低カロリーな野菜料理中心なら、量は結構たべれるよね~ ♪
肉野菜炒め1食でも、300kcal くらいやけえね。
おにぎりなら、おかずのカロリー管理もしやすいわ。
そうね~。
おにぎりなら、血糖値が急にあがらずに脂肪がたまりにくいこと。
腹持ちが良く、胃腸をよく働かせてカロリー消費ができること。
一個単位になってるから、カロリー管理がしやすいことなど、お米好きには嬉しいダイエット機能があります。
過度な糖質制限ダイエットは、リバウンドを招いたり、体調を崩すこともあるので、おにぎりは、優れたダイエット食というわけです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加