アルコールなんて怖くない?ダイエット中にお勧めのお酒はこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蒸留酒が太りにくいワケとは?

お酒ダイエット

Q ダイエット中ですが、お酒が大好きでついつい飲んでしまいます。いつも、次の一杯で止めとこうと思っているのですが、酔っ払うと歯止めが効かず、気が付くとガブ飲み状態です。なにかローカロリーのお酒ってありませんかね・・

がぶ飲みゆうても、中途半端に飲むけぇ太るんよ。
徹底的に飲むやろ、そしたらキモチ悪うなってゲボ吐いてリセットや!
うさちゃん、そんなの論外です。お酒は楽しく飲みましょう。
アルコールはカロリー高いですから、特にローカロリーのお酒というのはないですが、適量ならダイエット中でもおすすめのお酒はありますよ。
それは「ウーロンハイ」です。
ビールは、ビール? 最初はビールで乾杯やろ~?
ビールは太りやすいねぇ。
ワインは、ワイン? ちびちび味わって飲むからいいでしょ~?
ワインも太りやすいねぇ。
太りやすいとか太りにくいて、酒の種類でなにがどう違うん?
それはね「醸造酒」か「蒸留酒」の違いなのよ。
酒の造り方のちがいやね。
たしか、醸造酒が、日本酒、ビール、ワインで、蒸留酒が、ウイスキーとか焼酎やなかったけ?
ウーロンハイがおすすめってことは、焼酎やから蒸留酒やんな。
なんで蒸留酒がダイエット中におすすめなん?
それを理解するために「麦」を原料にしている「ビール」と「ウイスキー」で比べてみましょう。
醸造酒のビールは、麦芽の糖質を酵母菌が食べてアルコール発酵をするでしょう。
でも、全ての麦芽がアルコールに変わるわけじゃないから、ビールの中に糖質やタンパク質が残っているのよ。
一方、蒸留酒のウイスキーは、原料の麦からアルコール分だけを抽出(蒸留)するから、糖質やタンパク質が残ってないの。
あ~っ! 分かったぁ~ ♪
醸造酒のビールには、アルコール以外にも糖質やタンパク質が残っているから、その分カロリーが高くなるんだね?
ヒツジさん、その通り! よく分かりました。
でも、おかしくないかい?
どう考えたって、ビールよりウイスキーの方が、アルコール度数高いやろ。
いくらビールに糖質やタンパク質のカロリーがあるゆうても、アルコール度数の高いウイスキーのカロリーの方が、はるかに高いはずやんか?
うさちゃん、キレてるねぇ~。この表を見てみて。
アルコール表
やっぱ「全カロリー」みても、ウイスキーの方がビールより6倍近く高いやん。
でも、なぜ、蒸留酒の方がダイエット中におすすめかというと、アルコールのカロリーは、ほとんどカラダに蓄積されないからなのよ。
えっ! そうなん?
ということは、ビールは14kcal ある「原料カロリー」の分だけ不利ってことだね。
そうなの。なぜ、アルコールのカロリーが、ほとんど蓄積されないかというと、アルコールは肝臓で分解されて、最後は水と炭酸ガスになっちゃうから。
それで、アルコールのカロリーは「エンプティーカロリー(空のカロリー)」なんてよばれてるのよ。
それやったら、蒸留酒ならいくらガブ飲みしても太らんで済むやん~ ♪
「大五郎」買うてくるわぁ~!
待って、うさちゃん!
いくらエンプティーカロリーといっても、飲みすぎたら別の理由で太っちゃうのよ。
どんな理由~?
それは、肝臓には二つの働きがあって、ひとつはアルコールの分解。
もう一つは、糖質をグリコーゲンというエネルギー源にして蓄えることなの。
でも、肝臓はアルコールの分解を優先するから、ガブ飲みされたら、グリコーゲンを蓄える仕事が回らなくなるの。
それで、グリコーゲンとして蓄えられなかった糖質は、脂肪になるから太るのよ。
・・それやったら、糖質をとらんやったらええんやろ?
つまみ食わんかったらええやん。大五郎買うてこよ~ ♪
コラッ! うさちゃん! あなたこのまえも救急車で運ばれたでしょう!
そうそう、救急車のなかでゲボ吐いて怒られたんだよ~。
・・・(しゅん)
ところで、アルコールがエンプティカロリーだというのは分かったけど、おすすめが「ウーロンハイ」だったでしょう。なんでウーロンハイなの?
ウーロン茶には、脂肪の吸収をおさえる没食子酸(ぼっしよくしさん)や、脂肪を分解するカテキンが豊富に含まれるからよ。
それで、少しでも肥満の原因をおさえることができるというわけ。
でも、いくらウーロンハイがおすすめといっても、飲みに行けばハイカロリーなおつまみがたくさん並ぶよね。
それをガマンすれば、ストレスになって、逆にダイエットの妨げになってしまいます。
だから、ダイエット中は、お家でほろよい程度に飲むのがいいでしょう。
わいも、今日のところは、ワンカップでガマンしとくわ。。。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加