カロリーの高いピーナツがダイエット向きだという理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピーナツのダイエットパワー

高カロリーのピーナツでダイエット

Q なぜピーナツはカロリーの高いのに、ダイエットに良いといわれるのでしょう?

確かにピーナツは高カロリーですが、栄養価の高さも目を見張るものがありますよ。それにピーナツには太りにくい仕掛けがあるので、ダイエットに役立つんです。

  1. ピーナツは基礎代謝が上がる!
  2. ダイエットに良いピーナツの脂質
  3. ピーナツは血糖値が上がりにくい

高カロリーなピーナツ・・
でも、基礎代謝が上がる!

ピーナツの栄養

素朴な味のピーナツ・・食べ出すと止まらなくなりますよね。だから、ピーナツは太りやすいって言われるんです。そりゃあ、どんなものだって食べすぎたら太りますって。ピーナツは100gで585kcal もありますからね。アンパン1個よりもちょっと高カロリーです。

ダイエットの観点からみると、カロリーが高いことばかりが目立っちゃいますが、ピーナツは栄養価もスゴイんです。ダイエットに成功するには、カロリー制限が大事ですが、もっと大事なのは栄養のバランスです。カロリー制限=食事制限ってことになりますから、ダイエット中は、栄養が不足しがちになるんです。それで、基礎代謝が落ちてしまうんです。

カラダって何兆個もの細胞でできていて、そのうち何億もの細胞が、毎日のように新しいのと入れ替わってるんです。新陳代謝ってやつですね。髪の毛や爪だって伸びるでしょう。肌がボロボロになっても、ぐっすり眠たらキレイになるでしょう。

でも、それだけたくさんの細胞を作るには、3大栄養素(糖質、タンパク質、脂質)以外にも、ビタミンやミネラルなどの栄養素が必要です。なので、カロリーだけを気にして食事制限をしても、健康的にキレイに痩せることができないんです。

たとえ高カロリーなものを食べても、ピーナツのように栄養価が豊富なものなら、基礎代謝が上がります。それで、摂取カロリーよりも消費カロリーのほうが大きくなれば、痩せやすくなりますよね。

そこで提案なんですが、夕食をピーナツにする、置き換えダイエットをしてみてはいかがでしょう? 夕食にピーナツ100g だけを食べるんです。(ピーナツの100g って結構ありますよ!)それで、カロリーが585kcal ですが、夕食でそれなら、十分低カロリーの食事といえるでしょう。それにピーナツには、太りにくい仕掛けが2つあるんです。

ピーナツ100g中の栄養成分(日本食品標準成分表2010より)
3大栄養素
糖質:11.4g タンパク質:25.4g 脂質:47.5g
ビタミン
A: 7μg B1:0.85㎎ B2:0.1㎎
B6:0.46㎎ E:16.8mg ナイアシン:17mg
葉酸:76μg パントテン酸:2.56㎎ ビオチン:92.3μg
ミネラル
ナトリウム:2mg カリウム:740㎎ カルシウム:50㎎
マグネシウム:170㎎ リン:380㎎ 鉄分:1.6㎎
亜鉛:2.3㎎ 銅:0.59㎎ マンガン:1.56㎎
ヨウ素:1μg セレン:24μg クロム:4μg
モリブデン:88μg    
食物繊維
水溶性:0.4g 不溶性:7g  

ダイエットは栄養が大事!→ ダイエットはカロリーよりも栄養のバランスを気にしよう!

スゲ~! ピーナツ栄養たっぷりやね。でも、わいは見逃さんかったで。脂質47.5g ってなんや~!
ほとんど半分が脂質~! ジャンクフードじゃんか~!
確かにピーナツは脂質が多いけど、これはダイエットに良い脂質なんだよ。

高カロリーなピーナツ・・
ピーナツの脂質はダイエットの味方!

ピーナツの脂質

栄養成分表のとおり、ピーナツのほとんど半分は「脂質」です。どうやらこれが、ピーナツのカロリーを押し上げてるようですねぇ・・。ダイエッターにとっては大敵の脂質ですが、ピーナツは植物ですから、それに含まれる脂質も「植物性の脂質」なんです。

「でも、脂質は脂質なんでしょう?」・・そうです。でもね、カラダに溜まりやすい動物性の脂質にくらべて、ピーナツの脂質のほとんどは、カラダに溜まりにくい「オレイン酸」や「リノール酸」という脂肪酸なんです。カラダに溜まりにくいんですから、実際のカロリー通りに太らないということですね。(だからといって、食べ過ぎてはいけませんが・・)

それどころか、これらの脂肪酸は、血中コレステロール値をさげる働きがあるんです。それで、血管の中のアブラ汚れがキレイになり、血がサラサラ流れるようになるんです。そしたら、栄養や酸素の供給がスムーズになって、基礎代謝が上がるんです。脂肪の燃焼に酸素は欠かせませんからね。

なので、ピーナツのカロリーが高いからといって警戒する必要はないんです。カラダに優しい脂質に、豊富な栄養で基礎代謝が上がりますからね。それで夕食にピーナツ100g だけを食べる、置き換えダイエットがおすすめなんです。

コチラのナッツもおすすめ!→ 産後ダイエットにマヤナッツコーヒーがお勧めの理由

高カロリーでも、カラダに残らないカロリーだから太りにくいってことだね~。
アルコールも高カロリーやけど、肝臓で分解されるけえ残らんのよ。
ピーナッツの太りにくい仕掛けは、もう一つあるんですよ。

高カロリーなピーナツ・・
実は血糖値が上がりにくい!

ピーナツ血糖値

糖質」もダイエットの大敵として警戒されるものですよね。ピーナツにも100g 中に11.4g の糖質があります。糖質をとると消化吸収されて血糖値があがりますよね。それを合図に、すい臓からインスリンが出てくるんです。インスリンって、血糖値が急に上がるほど、それに反応していっぱい出てくるんです。

インスリンは、血液中から糖質を抜き出して、カラダの細胞に「エネルギーですよ~!」って配ってくれるんです。それで血糖値が下がるんですね。でもインスリンには、すぐにエネルギーとして必要ない、余分な糖質を脂肪にするという、ダイエッターにとっては有り難くない仕事もしてくれるんです。なのでインスリンってなるべく出てこないで欲しいんです。

そこでピーナツです。ピーナツって血糖値がゆっくり上がるんですよ。血糖値の上がる度合いを数字で表しものに「GI値」ってのがありますが、この数字はブドウ糖の100を基準とし、80を超えたら高GI値食品として、ダイエットでは避けたいものになるんです。それで、ピーナツのGI値がどれくらいかというと、たったの15しかないんです。血糖値がゆっくり上がるから、インスリンもチョロ・・っとしか出てこないんです。それで、糖質が脂肪になる割合も減るということです。

血糖値がゆっくり上がって良いことは、もう一つあります。それは、腹持ちがよくなること。血糖値が一気に上がると、インスリンがいっぱい出てくるので、すぐに下がってしまいます。そしたら「おなか減った・・」となるんです。でも、血糖値がゆっくり上がるとエネルギーもゆっくり供給されるので、すぐに空腹を感じずに済むんです。

なので「夕食にピーナツたったの100g かよ!?」と思うかもしれませんが、腹持ちが良いので十分ガマンできるんです。(もう一度いいますが、ピーナツ100g って結構ありますよ~)

松の実もおすすめ!→ 松の実ダイエット!食欲抑制効果&痩せやすい体を作る栄養素

ピーナツって太りやすいイメージだったけど、実はダイエットに良い食品だったんだねぇ。
わい、これから酒のつまみはピーナツにするわ。

ということで、カロリーの高いピーナツが、なぜダイエットに良いのか?というお話でした。

ピーナツって、ナッツ類の中でも比較的安く手に入るので、続けやすいのも良いですよね。夕食をピーナツで置き換えて、健康的にダイエットしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加