お腹のたるみをスッキリさせるダイエット運動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お腹が痩せる簡単ダイエット運動

お腹が痩せる簡単ダイエット運動は腹式呼吸

Q ぽっこりお腹をへこませたいのですが、腹筋みたいなキツイ運動は長続きしません。簡単にできて、お腹がスッキリ痩せる運動を教えてください。

お腹の筋肉は意識して鍛えないとすぐに脂肪が付いてしまいます。しかも一回身に付いてしまうと、なかなか落ちないので厄介ですよね。
そこでお腹がスッキリ痩せることができる、簡単なダイエット運動をやってみましょう。その運動とは「腹式呼吸」です。  

  1. ぽっこりお腹に腹式呼吸が効果的
  2. 腹式呼吸が簡単にできるコツ
  3. 腹式呼吸で脂肪燃焼ができる理由
  4. 腹式呼吸で痩せやすくなる理由
  5. 腹式呼吸ウォーキングでダイエット

ぽっこりお腹には腹式呼吸が効果的

お腹がスッキリやせる簡単ダイエット運動

ちょっと油断すると、すぐにお腹まわりに脂肪が付いてしまいますよね。腹筋でもやってお腹を鍛えようと思っても、普段から運動してないとキツくてなかなか続きません。

そこで比較的ラクにできて腹筋よりも効果のある「腹式呼吸」がオススメです。「腹式呼吸なんて運動じゃないでしょう?」と思うかもしれませんが、お腹まわりの部分痩せにはとても効果的な運動なのです。

そして腹式呼吸には自律神経を整える効果や、酸素をたくさん取り入れることで脂肪燃焼をうながす効果もあるのです。ダイエットに成功するためには、代謝が高くて痩せやすいカラダのコンディション作りが大切ですが、腹式呼吸をおこなうと、自律神経が整い痩せやすいカラダ作りができるのです。

関連ページ→ 深呼吸がダイエットに効果的な理由とは?

腹式呼吸ってなんなん?
胸じゃなくてお腹を膨らますように呼吸するやつだよ。
それではどうやって腹式呼吸をすればお腹をへこませるダイエット運動になるのか、簡単にできるコツを見てみましょう。

腹式呼吸が簡単にできるコツ

お腹が痩せる簡単ダイエット運動のコツ

腹式呼吸でダイエット運動するのはとても簡単です。それは「息を吐き切ること」です。背筋を伸ばして、お腹がペタンコになるまで、口から息を「ふぅ~・・」っと吐き切りましょう。そしたら自然に空気を吸い込みますよね。そのときに、お腹を膨らますようにたっぷり鼻から吸い込みます。そしてまた口から吐き切る。その繰り返しです。

これならテレビを見ながらでも簡単にできますよね。これを繰り返しやると、次第にお腹まわりが温かくなり、腹筋がプルプルしてくるのが分かります。ムリをせずに、最初は自分のペースでやってみましょう。慣れてきたら10回×2セット、3セットと増やしていきます。そして暇さえあれば腹式呼吸をするという習慣がつけば、いつかくびれのあるキレイなウエストになるでしょう。

腹式呼吸は腹筋より簡単でラクにできますが、その効果はとても高いので毎日続けていくことが大切なのです。

関連→ ウエストにくびれを作る有酸素足上げ腹筋

ワタシも腹式呼吸やってるけど、1週間でウエスト-3㎝だったよ。
毛がモコモコしとるけえ分からんわ。
次は、腹式呼吸をやるとなんでお腹が痩せるのかを詳しく見てみましょう。

腹式呼吸で脂肪燃焼ができる理由

脂肪燃焼でお腹が痩せる簡単ダイエット運動

腹式呼吸でお腹がスッキリ痩せるのは、アウターマッスルだけでなくインナーマッスルも鍛えることができるのと、お腹まわりの脂肪代謝を上げることができるからです。

アウターマッスルというのは、鍛えると6つに割れるいわゆる腹筋のことです。インナーマッスルはその奥にある外からは見えない筋肉で、これを鍛えることで内臓まわりの脂肪の燃焼を高めることができるのです。

腹式呼吸に「運動」のイメージではないでしょうが、やってみるとお腹にマイルドな負荷がかかり、続けることで効果的に痩せることができるのです。

また腹式呼吸をすると、カラダの内部で「横隔膜」が大きく上下に動きます。その運動でさらに代謝が高まるので、カラダの内側から痩せることができるのです。

もう一つ、腹式呼吸の脂肪燃焼効果が高い理由は、カラダに酸素をたくさん取り入れることです。それは、脂肪は酸素と結びついて「遊離脂肪酸」になることで、はじめてエネルギーとして燃焼できるからです。脂肪をガンガン燃やすためにはたくさんの酸素が必要なため、腹式呼吸がダイエットに有利というわけです。

関連→ 脂肪燃焼効果の高いオススメの食品

腹式呼吸をすると脂肪が減るやろ。「複式簿記」にしたら日本の借金が減るらしいで。
おっ!うさちゃん、うまいこと言ったねぇ。
次は、腹式呼吸をするとお腹が痩せるだけでなく、痩せやすいカラダ作りにもなるというお話です。

腹式呼吸で痩せやすい体になる理由

お腹が痩せやすい簡単ダイエット運動

腹式呼吸をすると「自律神経」を整える効果があります。心臓の鼓動、体温調節、精神状態、眠気、呼吸などの生命活動は、自律神経によってコントロールされています。

例えば、気温が変化しても体温がある程度一定なのは、自律神経がコントロールしているからです。また夜になると眠くなったり、朝になると目覚めるのも、自律神経がカラダのスイッチのONとOFFを切り替えてるからです。

自律神経が正常に作動していれば、カラダの調子が良く元気に過ごせるため、基礎代謝が高く「痩せやすいカラダ」になります。しかし不規則な生活をしたり、ストレスをため込むと自律神経が乱れてしまい、逆に「太りやすいカラダ」になってしまうのです。

自律神経が乱れるというのは、副交感神経に対して、常に交感神経が優位になっている状態です。交感神経が優位になるとカラダが興奮状態になるため、気持ちが落ち着かなくなったり、夜眠れなくなったり、食欲が出なかったりと体調を崩してしまいます。

腹式呼吸に自律神経を整える効果がるのは、深呼吸をすると副交感神経を優位にすることができるからです。深呼吸はカラダの興奮状態をリラックスさせますよね。腹式呼吸で自律神経の乱れを整えると、夜ぐっすり眠れます。すると体調が整い、活動的で代謝の高いカラダにすることができるのです。

関連→ 朝シャワーダイエットで痩せる朝の習慣作り

腹式呼吸・・ただお腹へこますだけのダイエット運動やないな。
興奮してる人に「ちょっと落ち着こうか~、深呼吸しよう深呼吸!」っていうもんねぇ。
じゃあ、さらにお腹が痩せるように、腹式呼吸でウォーキングに挑戦してみようか。

腹式呼吸ウォーキング

ウォーキングでお腹が痩せる簡単ダイエット運動

腹式呼吸は、ウォーキングと組み合わせることでさらにダイエット効果を高めます。ウデを大きく振って、早歩きのペースで最低30分は歩きましょう。

最低30分というのは、カラダのエネルギー源には糖質と脂肪がありますが、優先的に消費する糖質を使い切るのに20分かかるからです。そこから脂肪に切り替わるので、30分は歩いたほうがいいのです。

それに、ダイエット運動の本当の目的は、運動でのカロリー消費ではなく、筋肉を鍛えて「基礎代謝」を上げることです。筋肉を鍛えるなら、最低でも30分は歩いたほうが良いでしょう。

ウォーキングを1時間やったとしても、消費されるカロリーはたったの300kcal 程度です。アンパン1個でチャラになりますね。しかし基礎代謝が上がれば、黙っていてもカロリー消費ができる痩せやすいカラダになるのです。

腹式呼吸は、お腹まわりを鍛えてカラダの内側から代謝を高めることができます。そして酸素をたくさん取り込んでウォーキングすることで、ガンガン脂肪を燃やせるダイエット運動になるのです。

関連→ 効率よく痩せ体質をつくるウォーキングダイエットの方法

歩くの好き~ ♪ 30分なんてすぐだよね。
歩いてコンビニに行って、立ち読みして帰ってきたら余裕で30分過ぎとるわ。

というわけで腹式呼吸は、ポッコリお腹が痩せる簡単ダイエット運動というお話でした。

お腹が痩せるだけでなく、気持ちがリラックスしてストレスも発散できるので、暇があったら腹式呼吸をするという習慣を身に付けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加