ダイエット茶で中性脂肪をやっつけろ!プーアル茶が効果抜群のワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プーアル茶がダイエットに良い理由

プーアル茶ダイエット

Q ダイエット茶にもいろいろありますが、どれを選んでよいのか分かりません。オススメがあれば教えてください。

そうですね、お茶にも色々な種類があるので、迷いますよね。
ウーロン茶、緑茶、ジャスミン、プーアル茶、ルイボスティー、etc…
むぎ茶・・加藤茶・・
うさちゃん、ムリに張り合わなくてもいいよ。
単刀直入にいうと、ダイエット茶の中で、一番のオススメは「プーアル茶」です。
なんで、なんでぇ~?
なんでだろ~、なんでだろ~、なんでだ、なんでだろ~♪
ダイエット茶に求められるのは、身についた脂肪を分解することと、食事で脂肪の吸収をおさえることよね。これらのはたらきが特に強いのが、プーアル茶なの。
そもそもなんで、お茶に脂肪を分解するとか、脂肪の吸収をおさえる働きがあるん?
そうね、具体的にいうと、

①「カテキン」
どんなお茶にもカテキンという成分があるんだけど、カテキンには、脂肪を燃焼しやすくする働きがあるの。

カラダの脂肪で、特にぜい肉といわれる「中性脂肪」は、一度身につくとなかなか落とすのが難しいの。
カテキンには、この中性脂肪を燃焼しやすい形である「遊離脂肪酸」に変化させる働きがあるのよ。そして、プーアル茶のカテキンは、この働きが特に強い「重合カテキン」とよばれるものなの。

なるほど~、重合カテキンか~。強そうな名前だねぇ ♪
そうだね、プーアル茶には、ダイエットにうれしい特徴がまだまだあるのよ。

②「リパーゼの活性」
人間のカラダには、脂肪を分解する「リパーゼ」という消化酵素があるの。
最近の研究で、プーアル茶にリパーゼの活性を高めるチカラがあることが分かったのよ。これは、プーアル茶特有のチカラなの。

「重合カテキン」+「リパーゼ活性」のダブルパンチで、より多くの脂肪を燃焼しやすい形にできるの。

ほぅ~、でも、ちょっと引っかかるのが「脂肪を燃焼しやすい形」という曖昧なフレーズなんやけど、結局のところ脂肪は運動せんとエネルギーとして消費できんちゅうことなんやろ?
おっ!うさちゃん、今日キレてるね。

うさちゃんのいう通り、燃焼しやすい形になった中性脂肪、つまり「遊離脂肪酸」は、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をしなければ、エネルギーとして消費されないのよ。

じゃあ、消費されなかった遊離脂肪酸はどうなるの?
遊離脂肪酸は、血中に入るとエネルギー源として消費されるのを待つわけ。
でも、消費されなかったものは、肝臓の細胞に取りこまれてふたたび中性脂肪になってしまうの。

そして、中性脂肪が肝臓にたまってしまった状態が、いわゆる「脂肪肝」なのよ。

脂肪肝って・・肝硬変とか動脈硬化とか引きおこすやつ?
お茶飲んで、ハイリスクwww!
腹のぜい肉が、肝臓にうつっただけやんw
そうならないように、運動することが大切なの。

中性脂肪が分解すると、ぜい肉がとれてヤセるから、ダイエット成功!って油断してしまうんだけど、脂肪は運動してエネルギー消費しないと、健康に関わってくるんだよ。

だから、お茶を飲んだら、必ず運動しようね。ダイエット茶は、あくまでダイエットをサポートするものだということを忘れずに!

やっぱ、ラクじゃないんだね・・。
そうよ、美も健康も、ラクして手には入りません。
プーアル茶がダイエットに良い理由は、もう一つあります。

③「没食子酸(ぼっしょくしさん)」
プーアル茶やウーロン茶などの発酵茶には、没食子酸が含まれてるの。これは、食事での脂肪の吸収をおさえる働きがあるのよ。

ウーロン茶のCMで「脂肪の吸収をおさえる」ってコピーが流れるでしょう。プーアル茶にも没食子酸が豊富に含まれているのよ。

ほぅ・・。
重合カテキン、リパーゼ活性、没食子酸、プーアル茶がダイエットに良いといわれとる理由がようわかったわ~。
このように、プーアル茶は、脂肪分解と脂肪吸収をおさえる働きがつよいので、運動前や食事のときに飲むのをオススメします。
飲む量は、一日に1L飲めば十分でしょう。ただ、カフェインも少し含まれているので、あまりガブ飲みしたり、就寝前に飲むのは避けた方がいいですね。
プーアル茶 + 運動で、健康的にダイエットしましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加