リバウンドしないダイエット!5つの習慣でスリムな体型をキープ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜリバウンドするのか?

リバウンドしないダイエット

Q ダイエットとリバウンドを繰り返して消耗しています。どうしたらリバウンドせずに済むでしょうか?

ダイエット中は食事のカロリーに気を使ったり、運動してカロリー消費しますよね。

それで目標体重を達成して、ダイエットをやめたとたんにリバウンド・・これでは、今までの苦労が水の泡です(涙)

なぜリバウンドするのかというと、空になった「脂肪細胞」に再び脂肪が入るからです。

脂肪細胞というのは、脂肪をためておくためのフクロです。カラダが飢餓状態になったときのために、エネルギー源として脂肪をためているのですが、これがいわゆる「ぜい肉」です。ラクダのコブみたいなもんですね。

ダイエット中は、摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなるように過ごしますよね。足りないカロリーは、脂肪細胞から脂肪をとり出してエネルギー消費するので、痩せることができるんです。

でも、目標体重を達成した後、ダイエットをやめて摂取カロリーの方が多い生活に戻ると、再び脂肪細胞に脂肪が入って、元のカラダになってしまうというわけです。これがリバウンドです。

なので、ダイエット後にリバウンドを防ぐには、太りにくい生活習慣を確立しなければなりません。そこで、こうすればスリムな体型をキープできる!という5つの習慣について見てみましょう。

リバウンドしない習慣
①朝食をしっかり食べよう!

リバウンドしないダイエット朝食を食べよう

ダイエットだからといって朝食を抜いたりしてはいけません。ダイエットだからこそ朝食はしっかり食べましょう!

なぜなら朝起きてカラダにエンジンをかけるのに、大きなエネルギーが必要だからです。夜寝てる間に、脳のエネルギー源である「ブドウ糖」が消費されてますからね。

ご飯やパンを食べてブドウ糖を補給しないと、脳がよく働かずにボーッ・・となってしまいます。朝からエンジンをかけ損なったカラダでは元気が出ず、代謝の低い1日を過ごすことになるんです。これでは大きくカロリー消費ができません。

おまけに朝からブドウ糖を補給しないとカラダが危機を感じて、なるべく「エネルギー源をため込む=脂肪細胞に脂肪を入れる」という体質になってしまうのです。これでは、朝食でカロリー制限したつもりが、昼食で脂肪が身に付きやすいカラダになってしまうのです。

このような理由から、ダイエット中だからこそ朝食はしっかり食べなければならないのです。

リバウンドしない習慣
②歩くことを意識しよう!

リバウンドしないダイエット歩こう

ダイエットでは、基礎代謝を高めるために運動することが大切です。しかし、仕事などで時間が無いと、なかなか運動する時間がとれませんよね。

そこで、普段の生活で歩けるところはできるだけ歩くようにしましょう。

歩くのが良いのは、カロリーを消費できるだけではありません。血行やリンパの流れが良くなり、むくみが改善できることや、基礎代謝を上げることができるからです。

とくにカラダの老廃物を流す働きの「リンパ」は、心臓のようなポンプが無く、筋肉が収縮することで流れが生まれます。事務職のように座ってる時間が長いと、リンパの流れが悪くなるので、老廃物が流れずにむくみの原因になってしまうのです。

カラダがむくんでしまうと、パンパンに圧迫されて血行も悪くなってしまいます。すると、基礎代謝が落ちてしまい、太りやすいカラダになってしまうのです。

このような理由から、少しでも歩く習慣をつけて、リンパの流れを良くすることが大切なのです。

リバウンドしない習慣
③間食するなら3時!

リバウンドしないダイエットおやつは3時

昔から「3時のおやつ」といいますが、これにはちゃんとした理由があります。

それは、この時間帯が一番太りにくいんです。なぜかというと、脂肪を脂肪細胞にためようと働くBMAL1というホルモンが一番少ない時間帯だからです。この時間なら少しくらいおやつを食べても、脂肪が身に付きにくいんですね。下の表を見てみましょう。

BMAL1

13時~15時辺りが一番少ないですよね。

おやつというと、ダイエット中は控えたほうが良いんじゃないかと思うでしょうが、良いこともあるんです。

少しおやつを食べておけば、お腹がペコペコにならずに済むので、夕食でのドカ食いを防げるでしょう。夕食でドカ食いする方が、確実に摂取カロリーが大きくなりますからね。

おやつは3時200kcal以内を目安に食べれば良いでしょう。(ムリに食べることもありませんが・・笑)

リバウンドしない習慣
④19時以降の食事はNG!

リバウンドしないダイエット19時以降の食事はダメ

先ほどのBMAL1の表を見ると、19時頃からグングン増えてますよね。よく夜遅く食事をすると太るといいますが、その理由がこれです。

なので夕食は19時までに済ませて、それ以降は次の朝まで何も食べないようにしましょう。これを守るだけでも、とても高いダイエット効果があるんですよ。

19時までに夕食を済ませるメリットは他にもあります。それは胃腸を休ませる時間が増えて、質の良い睡眠がとれることです。

寝てる間に胃が動いてると、カラダがしっかり休めません。次の朝目覚めても、疲れが残って元気が出ず、代謝の低い1日を過ごすことになります。

それに胃腸が疲れていると消化吸収が悪くなります。するとカラダが「もっと栄養をよこせ!」となり、ドカ食いする原因になってしまうのです。

このような理由から、普段から19時までに夕食を済ませる習慣をつけておくと、リバウンドを防ぐことにもつながるのです。

リバウンドしない習慣
⑤睡眠をしっかりとろう!

リバウンドしないダイエット睡眠をしっかりとろう

質の良い睡眠をしっかりとる習慣は、太りにくいカラダを作ります。なぜなら、ぐっすり眠ると新陳代謝を促進する「成長ホルモン」がたっぷり分泌されるからです。

この新陳代謝で消費されるカロリーはバカになりませんよ!

ぐっすり眠って成長ホルモンがフルに働くと、なんと一晩で300kcalも消費されるんです。300kcalというと、早足ウォーキングを1時間やって消費されるカロリーと同じくらいですからね。

それでなるべく23時までに寝て、7時間以上ぐっすり寝るようにしましょう。

寝てる間に新陳代謝が活発になれば、カラダの細胞がたくさん新しいものと入れ替わり、リフレッシュしてくれます。

ぐっすり眠れた朝は肌ツヤが良いでしょう。疲れもスッキリ取れてます。そしたら、1日を代謝の高い元気なカラダで過ごすことができますよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加