ライザッププロテインボトルは結果をコミットできるか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロテインボトルとは?

ライザップはコミットできるのか?

Q ライザップのプロテインボトルは、ダイエットに効果があるんでしょうか?

ダイエット業界の雄ライザップが発売する「ライザップ プロテインボトル」が話題になってます。
しかも、キリンビバレッジという飲料業界の大手とのタッグで、販売網も完璧です!

そんなプロテインボトル500mlの希望小売価格は150円(税別)キャッチコピーは「引き締めたいアナタへ」・・これを飲めばカラダがグイグイ引き締まるってことでしょうか?

なんせプロテイン5000㎎配合で、100ml当りの糖質を1.9gに抑えてあるそうですからね。

果たしてライザップは、このプロテインボトルで「引き締めたいアナタへ」をコミットできるのか!?

ライザップvsダルビッシュ

ダルビッシュのお勧めプロテイン

ライザップ プロテインボトルは、一体どれほどのポテンシャルを持っているのか?

プロテイン5000㎎とは?

ライザップ プロテインボトルがウリにしてるのは「プロテイン5000㎎配合」です。

ダイエットで引き締まったカラダを作るには、筋肉のもとであるタンパク質で基礎代謝を上げなければなりません。

で、問題は5000㎎という数字です。
5000というと多い印象ですが、単位が㎎ですからね・・gに換算すると、0を3つ取って・・

5g!

厚労省が推奨する成人1日のタンパク質摂取量が、男性60g、女性50gですから、5gが多いか少ないかで評価が分かれそうです。まぁ、食事からもタンパク質はとりますからね。

しかし商品名が「プロテインボトル」ですから、なにか肩透かしを食らった感じは否めません。

メジャーリーガーのダルビッシュ投手も、ツイッターで「えぇ。。 プロテイン5g。。」ってつぶやいてましたからね。

ライザッププロテインボトル

ダルwww!

もう一つウリにしてるのが、100ml当りの糖質を1.9gに抑えてあるということですが、500㎎の商品なので、糖質9.5g入りってことになります。角砂糖が3個くらい入ってるってことですね・・。

「引き締めたいアナタへ」・・コミットするには、飲む人の努力がかなり必要といった感じです。

つぶつぶオレンジみたいに(よく振ってお飲みください)って表記して、普通にプロテインシェイクを販売すればダルビッシュも買ってくれたかもしれないのに・・(笑)

ライザップvs紀文の豆乳

プロテインなら豆乳を飲もう!

しかし「プロテインボトル」という商品名ですから、タンパク質5gといっても飲料にしては多いはず!そう思って、ダイエットに良いといわれる「豆乳」と比べてみました。

今回相手をしてくれるのは、キッコーマンの「調整豆乳200ml」一番スタンダードなやつですね。素朴な甘味でおいしいです。豆乳といえば「紀文」だったはずなのに、いつの間にかキッコーマンになっててビックリしました。

それで調整豆乳200mlには、これだけの栄養が含まれているんです。

熱量 117kcal
タンパク質 7.7g
脂質 7.7g
炭水化物 4.1g
ナトリウム 181mg
カリウム 329mg
カルシウム 109mg
マグネシウム 42mg
0.9mg
コレステロール 0
レシチン 324mg
大豆サポニン 77mg
イソフラボン 43mg

キッコーマンHPより

豆乳200mlには、7.7gもタンパク質が入ってるんですね。500mlで換算すると、19.25gってことになります。ライザップ プロテインボトルの約4倍じゃありませんか!

「でも、豆乳には脂質も多いじゃん?」とツッコまれそうですが、豆乳の脂質は植物性なので、カラダに溜まりません。なのでこの豆乳が117kcalあるといっても、実際の数字ほど太る心配はないんです。

ご覧のように豆乳には、タンパク質以外にもダイエットに良い栄養がたっぷりですからね。しかもスーパーで1本80円くらいで売ってるでしょう。コスパも素晴らしいんです。

最強のプロテイン飲料とは?

アミノ酸で代謝を上げよう!

ライザップ プロテインボトルで残念なのは、なぜ「プロテイン」にしたのかということです。

タンパク質は消化してアミノ酸にしなければカラダに吸収できません。最初からアミノ酸なら、胃をわずらわすことなくスムーズに吸収できて代謝を上げることができるのに・・

そこで、ライザップ プロテインボトルに代わる最強のプロテイン飲料をご紹介しましょう。

それがこちら。

そうです。ご存知「ロッキー」です!ロッキーが生卵を飲んでロードワークに行く場面は、あまりにも有名ですよね。

タンパク質は20種類のアミノ酸から作られていますが、その内カラダでは合成することができないため、必ず食べ物からとらなければならない8つのアミノ酸があります。

それが、トレオニン、リジン、トリプトファン、ロイシン、バリン、フェニルアラニン、メチオニン、イソロイシンの「必須アミノ酸」です。

タマゴはこれらの必須アミノ酸をすべて含んでいるんです。これだけの必須アミノ酸をとれる食品って、タマゴ意外にないんですよ。ロッキーはよく知ってるんですね(笑)

もちろんタマゴは脂質が多くカロリーも高いので、ロッキーのマネをしても運動しなければ意味がありません。ただ太って血管が詰まるだけです。

タマゴからたっぷりアミノ酸をとって、運動することで基礎代謝が上がり、引き締まったカラダをコミットすることができるんです。

どんなものでもそうですが、食べたり飲んだからといって、みるみる痩せるものなんてありません。ライザップ プロテインボトルもそうです。飲んだらしっかり運動して、健康的にダイエットしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加