セルライトの原因を作る食品と防ぐ食品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セルライトを生む食べ物とは?

セルライト

Q セルライトができると、消すのが難しいということですが、セルライトができないように注意することといえば、何があるでしょうか?

セルライトって何~?
セルライトっていうのは、皮下脂肪に老廃物がたまって、固まってしまったものなの。
そのおかげで肌の表面が凸凹になっちゃうんだけど、それをキレイに取り除くのは、なかなか難しいのよ。
ふ~ん、なんで、皮下脂肪に老廃物がたまるの~?
それは、血行やリンパの流れが悪くなって、脂肪の代謝が悪くなるからよ。
ふ~ん、なんで、血行やリンパの流れが悪くなるの~?
それは、むくんでしまうからよ。脚なんかむくむと、パンパンに腫れたみたいになるでしょう。そしたら血行やリンパの流れが悪くなって、老廃物も流れずに貯まってしまうから、セルライトの原因になるのよ。
ふ~ん、じゃあ、むくまないようにすればいいんだね~。どうすれば、いいんだろう?
血行やリンパの流れをよくすればいいから、運動や、お風呂上りにマサージするのも効果的なんだけど、食事にも気を付けなきゃいけないのよ。
食事? 食べたらむくんでしまうものってなに~?

それは、塩気の多い食べ物よ。

人間のカラダは、60%が水分って言われてるでしょう?その水分は1Lに対して、塩分8%の濃度でバランスがとれてるの。

だけど、塩分が多くて味の濃いものばかり食べてると、8%以上になるでしょう?それで、カラダが塩分8%のバランスを保つために、水で薄めようと水分をため込むようになるの。
それで、カラダが水ぶくれでパンパンになるんだけど、それがむくみの原因になるのよ。

じゃあ、味の濃いものはあんまり食べない方がいいんだね~。
そうね。
例えば、コンビニのお弁当は、簡単に食事を済ませるから便利なんだけど、けっこう味付け濃いから気を付けたほうがいいよ。
それやったら、ベーコンやハムなんかも塩濃いやろ? あれ塩漬けみたいなもんやんな?
そうね。あんまり食べ過ぎるとよくないね~。
じゃあ、味噌や醤油は~? けっこう味濃いよね?

そうね。
和食は低カロリーでヘルシーだから、ダイエット食としても人気だけど、塩気が濃いところが玉にキズなのよ。

世界保健機関(WHO)が推奨してる塩分量って1日5gなんだけど、日本の厚労省の推奨が、男性8g、女性7gだから、日本人って塩分とり過ぎなの分かるよねぇ・・

味噌と醤油ダメやったら、ワシら日本人なんも食えんやん。どうすりゃええの?
塩分がカラダに貯まらないように、出せばいいのよ。カリウムってミネラルがあるでしょう。カリウムには、カラダから塩分を排出する働きがあるのよ。
なるほど~・・で、そのカリウムって、何を食べれば入ってるの?
まず、カリウムの多い食品の筆頭は「パセリ」ね!
パセリw あれ食いもんやないで! あれは飾り。食ったら口が「あぁ~・・」ってなるやろ?
大げさね・・
じゃあ、次に多いのが「よもぎ」!
いや・・草ばっかしやん、もっと普通におかずになるようなもんないん?
うん・・せめて、よもぎモチにして。
じゃあ、ワカメはどう? 昆布やヒジキなんかの海藻は、カリウムがたっぷりなのよ。
おっ! 草は草でも海藻~
海藻なら、味噌汁に入れても、サラダにしてもおいしいもんね~♪
あと、納豆、アボカド、ほうれん草にも多いのよ。
ほう・・。どれも和食に合うやんな。
アボカドに醤油付けて食べたら、トロっぽい味するし~♪
アボカドのカリウムと、醤油の塩でプラマイゼロになるけえイミないけど・・
そうね。
カリウムの多い食品って、和食に合うものが多いから、必ずたべた方がいいよね。
それが、むくみを防いで、セルライトができにくいカラダになるからね。
そっか~。食べ物って大事なんだね。
そりゃそうだよね~。カラダは食べ物でできてるんだもんね~。

ということで、セルライトを防ぐには、塩分の多いものを控えて、カリウムの多いものを取り入れれば良いというお話でした。

むくみを解消するには、適度な運動や摂取カロリーも考えて、太りにくいカラダ作りをすることも重要です。1回、1回の食事を大切に考えて、健康的な食生活を送ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加