太る理由は意外なところにあった!睡眠不足と食欲の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠不足が肥満の原因になる理由

睡眠不足はダイエットの妨げ

Q 睡眠不足をすると、太りやすくなると聞いたことがありますが、なぜでしょうか?

睡眠不足をすると太りやすくなるのは、食欲旺盛になるからです。
なんで、睡眠不足で食欲旺盛になるん?
それは、睡眠不足すると、満腹ホルモンとよばれる「レプチン」が減るうえに、空腹ホルモンとよばれる「グレニン」が増えるからなのよ。
満腹とか空腹ってホルモンが関係してるの~?
そうよ~。
ご飯をたべたら20分後くらいに、脂肪細胞からレプチンが分泌されるのよ。そして、レプチンは脳の視床下部っていうところにある「満腹中枢」を刺激するの。
そしたら、「お腹いっぱいになった~」って感じるようになるのよ。
そのレプチンってのが、睡眠不足すると少なくなるんやね?
そうよ。
アメリカのスタンフォード大学の研究では、睡眠時間が5時間の人は、8時間の人と比べて、レプチンの量が16%も少なかったんだって。
おまけに、空腹ホルモンのグレニンの量は、5時間しか寝てないの人のほうが15%も多かったんだって。
ほえ~! 寝る子は育つっていうけど、寝ない子も育つんだねぇ・・
そうね~。
それで、5時間しか寝てない人は25%も食欲が増して、1日で500kcal くらい余分にカロリー摂取してしまうんだって。
各睡眠時間の肥満度を調べてみると、
① 睡眠時間が7~8時間の人の肥満度が一番低い。
② 5時間の人の肥満度は①の50%増し。
③ 4時間以下の人の肥満度は①の73%増し。
という結果もあるのよ。特にグレニンが増えると食欲が増すだけじゃなくて、味の濃いものや脂っこいものが食べたくなるの。それで、余計に太ってしまうのよ。
そういえば、寝不足したときは、いつもより甘いお菓子とか、こってり系ラーメンが食べたくなるもんね。
寝不足で、ホルモンバランスがおかしくなってたんだねぇ・・。
そうね。
それで、睡眠不足の状態でダイエットなんてすると、最悪の結果になるのよ。
食欲が増してるのに食事をガマンするでしょう。そしたらストレスがたまるよね。そのうちストレスが爆発して、ドカ食いして余計に太ってしまうのよ。
あぁ・・ダイエットが失敗する一番の理由って、ストレスでのドカ食いっていうもんね。
その理由が、睡眠不足って知らん人も結構おるやろうね。
でも、ちゃんと睡眠時間とれば、ホルモンバランスはもとに戻るんやろ?
そうね。ちゃんと睡眠時間をとれば正常に戻るよ。
そして、ホルモンっていうのは、タンパク質でできてるでしょう。
レプチンの量を戻すためにも、食事でタンパク質をしっかり摂るといいね。
睡眠と食事にそんな関係があるなんて意外だったよ。
カラダはデリケートにできてるというのが分かるよね~。
ということで、睡眠不足をすると太りやすくなるのは、食欲をコントロールするホルモンのバランスが崩れるから。というお話でした。
痩せやすい体質作りに、まずは、しっかりと睡眠をとることからはじめてみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加