なんでダイエットに水素水?お茶やコーヒーでいいじゃん?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ水素水がダイエットに良いのか?

水素水ダイエット

Q 水素水がダイエットに効果的といわれますが、それはなぜでしょうか?

テレビでも話題になる「水素水」ですが、いったい何がそんなに良いのでしょう?

水素水が美容や健康、そしてダイエットにも良いといわれる理由を見てみましょう 。

  1. 水素水がダイエットに良い理由
  2. ダイエットの大敵、活性酸素
  3. ダイエットの味方、抗酸化作用
  4. それじゃあ、お茶やコーヒーでも良いじゃん!
  5. それでも水素水が注目される理由

水素水がダイエットに良い理由

なぜ水素水がダイエットにいいのか?

水素水ダイエット」という名前があるくらいダイエットにも効果的といわれる水素水ですが、一体なにがそんなに良いのでしょう?

それは水素水には「抗酸化作用」があるからです。抗酸化作用というのはカラダから「活性酸素」を減らす働きで、これにより美容や健康、そしてダイエットにも効果があるため水素水が注目されているのです。

しかし活性酸素がどんなもので、抗酸化作用のなにがダイエットに良いのかを納得しないと、話題になっているだけでは値段の高い水素水を飲み続けようとは思いませんよね?だいたい抗酸化作用なんて水素水以外の飲み物にもありますからね・・。

そこで、活性酸素や抗酸化作用について詳しく勉強して、どんなものがダイエットに良いのかを考えてみましょう。

カラダの6割は水でできてるっていうからねぇ。
ウォータービジネスって儲かるっていうもんなぁ。
藤原紀香は水素水の信者やし・・。
じゃあ、まず活性酸素とはどんなものか見てみましょう。

ダイエットの大敵「活性酸素」

水素水で活性酸素を除去

活性酸素とはカラダに取り入れた酸素が、紫外線、ストレス、喫煙、飲酒、激しい運動などの外的要因により、化学変化を受けて体内で発生する物質です。

活性酸素にもカラダに良いものと悪いものがあり、良い活性酸素はカラダを守る免疫の働きがありますが、悪い活性酸素はカラダの細胞を攻撃する「毒物」になります。悪い活性酸素が増えてしまうと細胞が壊されて、肌のシワやシミなど老化を早める原因になったり、ガンなどの病気を引き起こす原因にもなるのです。

ダイエット面でいうと、エネルギー源である糖質や脂肪の代謝にかかわる細胞が攻撃されてしまい、代謝が落ちて太りやすいカラダになってしまうのです。

それでカラダから活性酸素を減らすことが老化や病気を防ぎ、ダイエットで痩せやすいカラダにするために必要なのです。

関連→ 白でも赤でも脂肪をとるワインはいいワイン?

活性酸素って恐ろしいね・・。
わい、タバコは吸わんけど毎日酒飲むし、空中から猛禽類に狙われてストレスになっとんよ。
おまけに1日中紫外線浴びよるやろ。わいのカラダ活性酸素だらけや・・
じゃあ、うさちゃんのカラダから活性酸素を減らしてくれる「抗酸化作用」について見てみようね。

ダイエットの味方「抗酸化作用」

水素水の抗酸化作用

抗酸化作用とは、カラダから活性酸素を減らす働きのことです。水素水には抗酸化作用があるため、美容や健康、そしてダイエットにも良いといわれますが、それは水素水だけにあるものではありません。

トマトの「リコピン」や茄子の「アントシアニン」などの植物色素(ポリフェノール)にも、高い抗酸化作用があるのはよく知られていますよね。またビタミンの中でもとくに、CとEに高い抗酸化作用があるため、野菜や果物が美容や健康に良いといわれる理由の一つなのです。

飲みものにも抗酸化作用の高いものがたくさんあります。お茶に含まれる「カテキン」、コーヒーの「クロロゲン酸」、ココアの「カカオポリフェノール」などが有名ですよね。

こうやって見てみると、「どうせ抗酸化作用の高いものを取り入れるなら、他の栄養もたっぷり含んだものにすればより健康にいいんじゃん。」と思いませんか?

関連→ 痩せるためのプーアル茶ダイエット

うん、そう思うわ。
水素水って高いもんね・・。
そうね。
ダイエット目的なら、ただ水素が入った水よりも、他にも抗酸化作用が高くてダイエットに有効な栄養があるものを飲んだほうがいいと思うよね。

じゃあ、お茶やコーヒーで良いじゃん!

ルイボスティー水素水

水素水はサーバーでも市販のものを買っても、お値段けっこう高めですよね。ダイエットでの利点といえば、抗酸化作用が高いのとカロリーゼロくらいです。

それに比べてお茶はどうでしょう?
お茶は自宅でつくれば低コストでたくさんできますし、抗酸化作用の高いカテキンやビタミンCも豊富に含まれます。

「でも、カフェインに弱いんだよね・・」という人にはルイボスティーがお勧めです。ルイボスティーにはカフェインが含まれていませんし、ダイエットに有効なカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを豊富に含みます。また腸内環境を整える働きで便通も良くなります。

コーヒーもダイエットに有効です。前述したように、クロロゲン酸というポリフェノールには高い抗酸化作用があるうえ、脂肪を燃焼しやすいカタチ「遊離脂肪酸」にする働きがあります。
また、コーヒーの代表的な成分であるカフェインには食欲をおさえる働きもあるので、ダイエットに有効だといえるのです。

詳しくはコチラ→ コーヒーはダイエットの強い味方!食欲抑制でカロリー制限

もう一つ、ココアもダイエットにお勧めの飲み物です。ココアには、カカオポリフェノールという抗酸化作用の高い色素が含まれる以外にも、ダイエットに有効な成分として、苦味成分の「テオブロミン」とカカオ特有の食物繊維である「カカオリグニン」が含まれています。

テオブロミンには、脂肪分解、血行改善、むくみの改善の効果が認められています。またカカオリグニンは、脂肪を付きにくくしたり、善玉菌をふやす働きで腸内環境を整えて代謝を上げる効果があるのです。

詳しくはコチラ→ ココアで簡単に痩せるダイエット方法

ほかにも栄養が摂れるんなら、お茶とか飲んだほうが良いじゃんね~?
わい、水よりココアのほうが好き~。

そうね。
このように、他にもたくさん抗酸化作用をもつ飲食物があるのです。

しかしそれにもかかわらず、水素水が注目されるのはそれなりの理由があるのです。それは一体なにかを見てみましょう。

それでも水素水が注目される理由

水素水が注目される

腸内細菌に善玉菌と悪玉菌があるように、活性酸素にも「善玉」と「悪玉」があります。善玉の活性酸素には、カラダに侵入した菌やウイルスをやっつける免疫の働きがあり、悪玉には前述したように、カラダの細胞を傷つけて老化や病気を引き起こす原因になります。

野菜や果物にみられるポリフェノールやビタミンには強い抗酸化作用がありますが、欠点は悪玉だけでなく善玉の活性酸素まで除去してしまうことです。

いっぽう水素の抗酸化作用は、悪玉だけを選択して除去する特徴があります。

また、ポリフェノールやビタミンなどの抗酸化物質には「水に溶けやすい物」と「油に溶けやすい物」があります。細胞を包む細胞膜は脂質でできていますが、細胞の中は水で満たされています。つまり水に溶けやすい抗酸化物は、細胞膜を通過して細胞の中に入れませんし、油に溶けやすい抗酸化物は細胞膜を通過できても、水で満たされている細胞の中ではなじめずに力を発揮できません。

しかし水素は気体です。水も油も関係なく細胞内で抗酸化力を発揮できるのです。しかも水素は元素の中でも最も小さなものなので、カラダの隅々まで効率的に侵入して抗酸化力を発揮できるのです。以上が水素水が注目されている理由ですが、注意点もあります。

それは気が抜けやすいこと。
コーラなどの炭酸飲料で、ボトルに蓋をしていても時間が経てば気が抜けていきますよね。水素は一番小さな元素ですから、より気が抜けやすいのです。ペットボトルで販売されている水素水がありますが、ほとんどただの水と思ったほうが良いでしょう。

水素水は鮮度が大事ですから、高濃度水素水サーバー マリアージュで作ったものを、すぐに飲むのをお勧めします。

しかし水素水サーバーはなかなか値段が高いので手が出ないな・・という方には、水を入れるだけで簡単に 1秒で水道水が水素水に変わる【Swish】 というタンブラーもお勧めです。

藤原紀香が水素水、水素水っていうわけや。
あの人、歳の割にキレイだもんね。

ということで、水素水がなぜダイエットに良いのか? というお話でした。

カラダの約6割は水でできていますから、毎日2リットルの水を飲むのが美容や健康に良いといわれていますよね。それを抗酸化作用の高い水素水にすることでより健康的に、そしてダイエットにも高い効果を発揮してくれることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加