腹筋よりスクワット!?基礎代謝をガンガン上げよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクワットで下半身スッキリ!

スクワットでダイエット

Q 簡単で効率的に下半身をスッキリ引き締めるには、どうすればよいでしょうか?

下半身を引き締めるには「スクワット」が一番効果的です。なぜ、スクワットが良いのか? また、そのやり方について見てみましょう。

  1. なぜ、スクワットが良いの?
  2. スクワットはお腹も凹ませる!
  3. スッキリ下半身になるスクワットのやり方

①なぜ、スクワットが良いの?

なぜスクワットが良いのか?

下半身をスッキリさせるために「スクワット」をしましょう!
なぜスクワットが良いのかというと、下半身には全身の約70%の筋肉があり、それを効率的に鍛えることができるからです。とくに太ももやお尻の筋肉は大きいですからね。

痩せる=脂肪を減らすということですが、その脂肪をエネルギーにして消費するのは筋肉です。全身の70%の筋肉ですから、それを鍛えれば当然のように基礎代謝も大きくなりますよね。

「え~、でも普段からよく歩いてるし、スクワットなんて必要ないよ。」と思う人がいるかもしれませんが、歩く程度の運動では、太ももやお尻の大きな筋肉を鍛えるのはなかなか難しいのです。

なぜなら、歩くのはほとんど骨でカラダを支えているため、あまり筋肉に負荷がかかっていないからです。

その証拠に、スクワットのように「空気イス」のような体勢をとると、筋肉でカラダを支えることになるため、太ももやお尻がプルプルし始めるはずです。これが筋肉に負荷がかかっているということです。

これにより全身の70%という筋肉を効率的に鍛えることができ、脂肪を燃焼してエネルギー変換できる、強力なジェネレーターを備えることができるのです。

水泳もおすすめ!→ 痩せたいなら水泳ダイエットで基礎代謝を上げよう!

スクワットなら、畳半畳のスペースがあればできるねぇ。
簡単やね。場所とらんし、雨降ってもできるし。
そうね~。
次は、スクワットでお腹も凹ますことができるというお話です。

②スクワットはお腹も凹ませる!

スクワットでお腹をへこませよう

お腹がポッコリして気になると、「腹筋して凹まそう!」と、思うでしょう。でも、腹筋ってキツイですよね。毎日続けないと効果が出ませんし、飽きてくると「今日はいいや、明日からにしよう・・」とかいって、なかなか続けるのが難しいのではないでしょうか?
それに腹筋を毎日続けて頑張れば、お腹の正面はスッキリするかもしれませんが、わき腹のぜい肉まで落とすのはなかなか難しいですよね。

そこで、「スクワット」をしましょう!
「えっ!お腹まわりが気になるのに、スクワット!?」と思うかもしれませんが、スクワットは、お腹まわりから下半身をスッキリ痩せるために、とても効果のあるダイエット運動なのです。

スクワットで空気イスのような体勢になると、筋肉でカラダを支えることになると言いましたが、これはなにも脚だけではありません。上半身を支えるために腹筋や背筋にも負荷がかかるため、筋肉を鍛えることができるのです。

腹筋運動だけでは、キツイ思いをしてもお腹の正面の筋肉しか鍛えられませんよね。その点スクワットなら、お腹まわりの筋肉全体を鍛えることができるのです。

実際に腹筋をするよりも、スクワットの方がお腹の引き締め効果が高いといわれているのです。

おなか痩せ関連→ 胸は痩せずにお腹だけ痩せる!エリンギダイエット

スクワットでおなか周りが痩せるって意外だねぇ。
腹筋ヘコヘコやるのツラいもんなぁ・・。
スクワットは痩せる効果が抜群と分かったところで、正しいやり方をみてみましょう。

③スッキリ下半身になるスクワットのやり方

スクワットの正しいフォーム

スクワットで効果的に痩せるために、正しいフォームとやり方を覚えましょう。

スクワットというと、プロレスラーがガツガツやってるいうイメージがありますが、あんなに激しくやる必要はありません。ひざがおかしくなります。ゆっくりでいいので、ムリなく自分のペースで筋肉に負荷をかけてあげましょう。

  1. 両手を前に出して、足を肩幅に開きます。
  2. 上半身が前のめりにならないように、なるべく真っ直ぐお尻を落とします。
  3. 床と太ももが水平になるまでお尻を落として「空気イス」の体勢になり、5秒がまんしましょう。このとき、大きく呼吸をするのがポイントです。
  4. ゆっくり立ち上がり、呼吸を整えてもう一度繰り返します。これを10回やってみましょう。

スクワットをするときは、必ず大きく呼吸をすることを忘れないでください。
それは脂肪の燃焼には酸素が必要だからです。スクワットで脂肪をガンガン燃やせる有酸素運動にするために、たっぷり酸素を取り込んで行いましょう。

スクワットで「脚がゴリゴリの筋肉になったらどうしよう・・」という心配があるかもしれませんが、ご安心ください。よっぽどガツガツやらなければ、ゴリゴリの筋肉になることはありません。

スクワットは、ゆっくりと筋肉に負荷をかけてインナーマッスルを鍛える運動なので、見た目がしなやかでスッキリとした脚になるのです。

普段使わない筋肉を鍛えるため、軽い筋肉痛になるかもしれませんが、筋肉を鍛えるには長く続ける必要がありますから、ムリせず自分のペースで続けましょう。

部分痩せ関連→ ダイエットで美しいくびれを作る方法

1日にちょっとずつやって慣れることが大事なんよね。
脚ゴリゴリ、腹バキバキになったらどうしようと思ってたけど、ならないで済むんだね。

そうね。下半身をスッキリさせるためには、スクワットが効果的だと分かったでしょう。

どんな運動でも筋肉が鍛えられるには、2~3ヶ月かかります。場所をとらずに、いつでもどこでも簡単にできるスクワットは、とても続けやすいおすすめのダイエット運動です。気になった人は、ぜひ今日からでも始めてみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加