食物繊維で腹持ちが良く脂肪になりにくい食事になる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食物繊維で腹持ちのいい食事

ダイエット腹持ち

Q 腹持ちのいい食べ物は、ご飯のように糖質が多かったり、肉のように高カロリーのものばかりですよね? 低カロリー・低糖質のもので、腹持ちが良い食べ物ってありませんか?

低カロリー・低糖質のもので、腹持ちが良い食べ物って、ちょっと分かりませんね・・。
でも、普段のごはんが、低カロリー・低糖質になるように少なくして、腹持ちが良くなる方法ならありますよ。
なにっ!?
ごはんを少なくして、腹持ちがよくなるやと? どうやったらそんなことできるん?
ワタシわかった~!
ご飯を固~く炊いて、なかなか消化できないようにするんでしょう~?
う~ん、残念、ハズレ~!
固いご飯にする必要はないよ。でも、なかなか消化できないようにするっていうのは、おしかったかな~? なかなか吸収できないようにするなら、正解だったよ。
なかなか吸収できんようにするって、どういうこと?
それはね、ご飯の前に食物繊維をたくさん食べることで、糖質の吸収を遅くすることができるのよ。
糖質の吸収が遅くなると、なんで腹持ちが良うなるん? 吸収って腸でするんやろ?
それやったら、胃の中すでにカラッポいうことやろ? 腹減るやん。
そう思うよね?
でもね、お腹が減ったと感じるのは、胃の中がカラッポだからじゃないのよ。
脳が、エネルギーになるブドウ糖が足りないと感じたときに、「ご飯食べなさ~い」って命令を出すの。そしたら「お腹減った~」って感じるのよ。
そうなの?
でも、なんで食物繊維をいっぱい食べとくと、糖質の吸収が遅くなるの?
そんで、糖質の吸収が遅くなったら、なんで腹持ちが良くなるの~?

食物繊維はお腹の中で、糖質(ブドウ糖)や脂質に絡みついていくの。そして、腸がそれらを吸収するのをジャマするのよ。

そして、ブドウ糖がゆっくり吸収されるから、脳にゆっくり供給されるでしょう。
そしたら脳は、少しづつだけどブドウ糖がくるから安心するの。だから、すぐに「お腹減った~」ってならないのよ。

なるほど~。
腹持ちっていうけえ、胃がカラッポになったら、腹が減るもんやと思うとったよ。
脳が「腹減った~」って感じるんなら、「脳持ちが良い」って言えばええのになぁ・・。
うさちゃん、脳持ちって・・気持ち悪いよ。
でも、それだけで腹持ちがようなるんやったら、いっぱい食べんで済むけえ、カロリー制限できるやんなぁ。
いつも、ご飯2杯食いよったんが、1杯でええわってなるけえ質も少なくできるし、結果的に、低カロリー・低糖質で、腹持ちが良いもんになるやんなぁ。
そうでしょう。
そして、ブドウ糖がゆっくり吸収されると、腹持ちが良くなるだけじゃないのよ。実は、脂肪が付きにくくなるの。
なんで~?
ブドウ糖がゆっくり吸収されると、血糖値もゆっくり上がるでしょう。
そしたら、血糖値を下げて脂肪をつくる働きのある「インスリン」の量も少なくて済むのよ。
ほう・・食物繊維、大活躍やな・・
ウンコもよう出るようになるんやろ?ウンコいっぱい出たら、ダイエットにもええゆうもんね。

ウンコ、ウンコ言わないの!(怒)

ということで、食事の腹持ちを良くしたければ、先に食物繊維を食べればいい、というお話でした。
ご飯をたべるときは、食物繊維、タンパク質、糖質の順番でたべると太りにくい食事になります。ぜひ、試してみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加