炭水化物抜きダイエットが楽になるテクニックとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ムリなく続けられる炭水化物抜きダイエット

炭水化物抜きダイエット

Q 炭水化物抜きダイエットをしようと思っていますが、ブドウ糖が脳のエネルギーになっている以上、まったく摂らないわけにもいきませんよね。日常生活に支障がでないようにするいい方法はありませんか?

炭水化物抜きダイエットは、すぐに効果が出やすい人気のダイエット法ですよね。
炭水化物って、「ご飯」とか「パン」とか「麺」でしょう~?
抜いたら何も食べられないじゃん?
パンが食べられないなら、ケーキを食べればいいじゃない。
うさちゃん、ケーキも炭水化物よ。
ケーキは別腹や・・
質問にもあるように、糖質(ブドウ糖)は脳を働かせるエネルギーだから、摂らないわけにもいかないよね。
うん、朝食抜いたりしたら、頭「ボーッ・・」てなってしまうもんねぇ~。
炭水化物抜きダイエットとはいうけれど、要は脂肪になりにくい食べ方をすればいいのよ。
脂肪になりにくい食べ方?
糖質は、エネルギーとして使われない分は脂肪になるけど、なにが糖質を脂肪に変えるんだっけ? うさちゃん覚えてる?
ドン・ドロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロッ・・ドン!
「インスリン」や!
うさちゃん、自分の口でドラムロールやって「インスリン」や!だってwwwキャッ、キャッ!
そうね、インスリン。正解です。
インスリンは血糖値を下げる働きと、糖質を脂肪に変えてためる働きがあるんだよね。
そうや! やから、血糖値が一気に「ドカーン!」て上がったら、インスリンが「ドバ~ッ!」て出るやろ。
インスリンがようけ出るほど脂肪もたまりやすくなるけぇ太るんよ。
血糖値は「ゆる~く」上がるようにして、インスリンも「チョロチョロ」出るようにしたら、脂肪になる割合も減るんよ。
おっ! うさちゃんすごい! 擬音がおおくて長嶋監督みたいだったけど、言ってることは理論的ね。
擬音、「ゆる~く」でつまづいちゃったねwww
fuck you !
こらっ、うさちゃん汚い言葉つかわないの!(怒)
うさちゃんが言った通り、炭水化物を食べても、血糖値がゆるく上がるようにすれば太りにくくなるよね。
そんなことどうやってできるの?
食材によって、血糖値の上がり具合を数字で表したものを「GI値」っていうんだけど、この数値が高いものほど、食べると血糖値の上がり具合が急になっちゃうのよ。
例えば、同じコメでも「白米」はGI値=81に対して「玄米」はGI値=55なの。
なんで玄米は血糖値が急に上がらないの?
玄米には茶色の皮がついているでしょう。あれには食物繊維がたっぷりなの。
食物繊維は、おなかの中で糖質をからめとるように働くから、腸で吸収されるスピードもゆっくりになって、血糖値の上昇もゆるやかになるというわけなの。
ほぅ・・じゃあ、他は?
白米と玄米みたいにに、パンや麺でもGI値の低いもんあるん?
あるよ。「食パン」GI値=91に対して「ライ麦パン」GI値=58、「うどん」GI値=85に対して「日本そば」GI値=54
なるほど~、なるべくGI値の低いものを食べれば、太りにくい食事になるんだねぇ~。
さっきな、食物繊維がはたらいて血糖値をゆるやかに上げるて言うとったやんか?
それやったら、先に食物繊維の多いもん食べといたらええんやないん?
おっ! うさちゃん、今日キレてる!
じゃあ、食物繊維たっぷりの食材といえば何を思いつく?
おからwww
メシのおかずに「卯の花」作っといて、先に食べればええんやね。
腹の中でスタンバイさせときゃ、あとで炭水化物食っても血糖値がゆっくりあがるもんな。
そうね。おまけに食物繊維は水分を吸うと膨れるから、先におなかの中で膨らませとけば、食事の量も少なくできるでしょう。
お~っ! 一石二鳥。。カロリー制限もできるねぇ~。
じゃあさ、おからじゃなくても、食物繊維の多い野菜のおかずから食べて、最後にごはんを食べれば血糖値が急に上がらなくていいよねぇ~。
そうね、食べる順番も大切ね。
その上で炭水化物の量を減らせば、立派な「炭水化物抜きダイエット」になるよ。
それじゃあ、うさちゃん、今日のおさらいよろしくぅ~!
よっしゃ! 今日のおさらいや~
ムリのない炭水化物抜きダイエットのやり方~!

  1. 炭水化物でも、GI値の低いものを選ぶ
  2. 食物繊維の多いものから食べる
  3. 以上をふまえて炭水化物の量を減らす

これでええか?

はい、うさちゃんありがとう!
炭水化物抜きダイエットをすると、代わりにタンパク質や脂質の摂取量が増えると思います。しかし、それによってコレステロールが多くなると本末転倒です。
炭水化物抜きダイエットは、工夫しだいでムリなく健康的に続けられるダイエットなので、ぜひ試してみてくださいね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加