ダイエットに鉄分が必要な理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄分ダイエット

Q ダイエット中は食事制限をするので、ふだんより低カロリーの食事になりますよね。栄養のバランスには気をつけようと思っていますが、特に意識してとった方が良い栄養素はあるでしょうか?

ダイエット中は食事制限をするため、全般的に栄養のバランスを考えて食事しなければいけませんが、強いていうなら「鉄分」を多くとりたいですね。
なんで鉄分なの~?
鉄分は「ヘモグロビン」の材料になるからよ。
へ、ヘモ?
ヘモグロビンというのは、血液の赤血球の色素のことよ。
あぁ、あの体中に酸素を運んでくれるやつだよねぇ?
でも、鉄分がヘモグロビンの材料になるのと、ダイエットがどう関係あるの~?

ダイエットに重要な鉄分の働きとは?

それは、脂肪を燃焼するためよ。
脂肪はそのままじゃ、筋肉のエネルギー源にはならないのよ。酸素によって「脂肪酸」というカタチになって、初めてエネルギー源として使えるようになるの。
火を燃やすんも酸素が必要やけど、脂肪を燃やすんも酸素が必要なんやねぇ。
鉄分不足でヘモグロビンが足りなくなったら、酸素がたっぷり運べなくなる。それで、ダイエットに不利になるんだね~。
そういうこと。
それともう一つ「リパーゼ」という脂肪分解酵素があるんだけど、これも酸素がないと働かないの。だから、鉄分が大切なのよ。
そうなんだ~。
う~ん・・
そもそも体中に酸素が運べんかったら、アタマが「ふらっ」としてぶっ倒れるやんな~。
それって貧血なんやろ?
そうね。鉄分不足は、貧血を引き起こしてしまうのよ。
じゃあ、ダイエットどころじゃなくなるねぇ・・運動もできないじゃん。
ダイエット中は食事制限でよけいに鉄分不足になるけえ、意識してとった方がええゆうことやね。どんな食べ物に入っとん?
レバーや貝類、海藻類、大豆、煮干しにもたっぷり入ってるよ。
それで、鉄分にも2種類あって、一つが「ヘム鉄」、もう一つが「非ヘム鉄」っていうの。
どう違うん?
「ヘム鉄」っていうのは、レバーや貝類などの動物性食品にたくさん含まれてる鉄分で、カラダに吸収されやすい鉄分なのよ。
もう一つの「非ヘム鉄」というのは、大豆や海藻類などの植物性食品にたくさん含まれているんだけど、カラダへの吸収率はあまり良くないのよ。
そしたら、吸収率が良い、「ヘム鉄」たっぷりの動物性食品を食べた方がいいんだね~?
でもね「非ヘム鉄」は、それ単品だけ食べると吸収率がわるいというだけで、食べ合わせによって吸収率をよくすることができるのよ。
どんな食べ物といっしょに食べたらええの?
それは、ビタミンCやクエン酸が多い、かんきつ類などの食品ね。
それに、肉や魚や卵の動物性タンパク質も吸収率をあげてくれるのよ。
ほう・・非ヘム鉄たっぷりの海藻やったら、「酢の物」にしたらええんやね。
酢ってクエン酸たっぷりやもんなぁ。
うん、非ヘム鉄たっぷりのヒジキも、動物性タンパク質の「鶏肉」といっしょに煮物にすればいいんだね~。
あと、味噌汁にワカメたっぷり入れたら「卵」入れればいいんだね~。
そうね~。
一日の鉄分の摂取推奨量が、男性で7.5㎎、女性で10.5㎎ といわれています。
バランスの良い食事をしていればカバーできる量ですが、ダイエット中はどうしても不足しがちですよね。
もし、鉄分足りてないな~と感じたときは、サプリメントで補給して、健康的にダイエットしてくださいね~。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加