ダイエットと臭いうんこ・・原因と対策を見てみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットでうんこが臭い

ダイエットでうんこが臭い

Q ダイエットをし始めてからうんこが臭いです。どんな原因が考えられるでしょうか?

ダイエットをしてうんこが臭くなる原因は2つ考えられます。一つは便秘がちだった人から「宿便」が出ることです。

ダイエットをするなら、まず食事を変えますよね。なるべく低カロリーの食事にするために、食物繊維がたっぷりの野菜や果物を食べる量が増えるでしょう。また、ダイエットサプリやダイエット茶などを使う人もいます。

これらは、腸内環境を整えてお通じを良くする働きもあるので、宿便が出てくると臭いんです。ずっとおなかの中にたまってると、うんこも腐りますからね。もともと臭いうんこが腐ったら、そりゃあ余計に臭くなりますよ・・。

でもこの場合、うんこが臭いのは最初のうちだけです。お通じが良くなって腸内環境が整えば、健康的でそんなに臭わないうんこになるので心配いりません。

ダイエットでうんこが臭い②

ダイエットでうんこが臭い原因

うんこが臭くなるもう一つの原因は「タンパク質」にあります。

効果的に痩せられるダイエット法に、炭水化物抜きダイエットがありますよね。食べ過ぎると脂肪になりやすいご飯、パン、麺類などの炭水化物をカットするダイエット法です。そして、炭水化物の代わりに、代謝を上げるタンパク質を多めに食べるんです。

動物性タンパク質でうんこが臭くなる?

タンパク質というと、肉やタマゴなどの動物性タンパク質と、大豆などの植物性タンパク質があります。

MEC食ダイエット(肉、タマゴ、チーズのように動物性タンパク質を多く食べて基礎代謝を上げるダイエット法)があるように、動物性タンパク質で基礎代謝を上げると、摂取カロリーよりも消費カロリーのほうが大きくなるという考え方から、動物性タンパク質を多くとる人がいます。

このうんこが臭いんです。なぜなら、動物性タンパク質でも特に肉は消化がしにくく、消化不良をおこした肉は、大腸で悪玉菌のエサになってしまうからです。悪玉菌は消化不良をおこした肉が大好きで、これで一気に増えてしまうんです。

おなかの中で増えた悪玉菌は、硫化水素やアンモニアなどの臭いガスを大量に出すんです。これでオナラも臭くなりますし、当然うんこも臭くなるというわけです。

食事の内容を考えよう!

うんこが臭いなら食事を考えよう

ダイエットするなら、炭水化物を少なめにしてタンパク質を多めにとる食事が効果的ですが、上記の理由から、植物性タンパク質を豊富に含む「大豆」がおすすめです。

大豆製品には、納豆や豆腐、豆乳やおからなど、低カロリーでヘルシーなものがたくさんあります。そして大豆製品からは「食物繊維」もとれます。食物繊維はおなかの中で乳酸菌などの「善玉菌」のエサになるんです。

善玉菌が増えれば、臭いうんこの原因をつくる悪玉菌を減らしてくれますし、善玉菌が出す有機酸(乳酸、酪酸、酢酸など)は、大腸がうんこを前へ押し出そうとする運動を活発にしてくれるんです。これで便秘が予防できるので、宿便による臭いうんこも出さないで済みますよね。

理想のダイエット食

ダイエットするなら、一汁三菜の「和食」がおすすめです。味噌汁に冷奴、納豆、焼き魚みたいな。質素ですが、和食なら自然に植物性タンパク質や食物繊維を多くとれますし、低カロリーで栄養のバランスが良く、とてもヘルシーです。和食を食べて健康的にダイエットすれば、うんこが臭くなることもないでしょう。

でも「肉が好きなんだよなぁ・・」という人には、MetaBioメタバイオ-生酵母,生酵素,生麹 がおすすめです。生の酵素のチカラが消化を助けて便秘を防いでくれます。その上、代謝を良くしてお腹まわりがすっきり痩せるダイエットをサポートしてくれますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加