食欲を抑える5つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単にできる5つの食欲抑制法

痩せたいけど食べたい人へ

Q ダイエットして痩せたいと思っていても、食欲に負けてどうしても食べてしまいます。どうにかして食欲を抑える方法はありませんか?

アタマで「痩せたい!」と思うほど、カラダは「食べたい!」ってなりますよね。痩せようとするとカラダの防衛本能が働いて「食べなきゃ!」となってしまうのです。本能からくる欲求にはなかなか勝てません。そこで、食べたいというカラダの欲求を抑えて、ムリなくダイエットできる方法を見てみましょう。

  1. 食欲を抑える「耳つぼ」
  2. おやつはムリに我慢しなくていい
  3. 食欲を抑えてくれる飲み物とは?
  4. 夕食は野菜とタンパク質を摂ろう
  5. 食欲を抑える「チラコイド」

①食欲を抑える「耳つぼ」

痩せたいけど食べたいなら耳つぼを押そう

耳には色いろなツボがありますが、その中には食欲を抑える「肺点」というツボもあります。写真の赤丸の部分が肺点です。

「ちょっと小腹がすいてきたな・・」と感じたときに、肺点を指先で強めにグイグイと30回ほど押してみましょう。何となく食欲が薄れていく気がしませんか?

肺点の近くには、血行を良くする神経や顔をリフトアップする神経が通っているので、それらも同時に刺激できます。血行が良くなると代謝が高まりますし、顔のリフトアップで小顔にもなれるのです。

でも小腹が空くたびに、指で耳をグイグイやるのはちょっと抵抗があるという人もいるでしょう。それならば「耳つぼジュエリー」がオススメです。耳つぼジュエリーとは、裏がシールになっていて肺点に貼れるようになっているジュエリーです。これを貼ることで常に肺点を刺激できるので、食欲抑制に期待できるというわけです。

しかし耳のツボに小さなシールを貼るのはなかなか難しいですよね。その場合は、耳つぼジュエリーを取り扱う専門の治療院があるので、慣れるまで貼ってもらうといいでしょう。

痩せたいけど、いっぱい食べたい→
アミノ酸がほかの乳酸菌にくらべてなんと130倍配合! スマートガネデン乳酸菌

わいの耳デカいけえ、肺点がどこにあるかわからん・・
剣山でブスブスやってれば、そのうち肺点に刺さるよ。
うさちゃんの耳は毛細血管が集中してるから、剣山で刺したら血まみれになっちゃうよ。
次は、カロリー制限ができるから、おやつはムリに我慢しなくてもいいというお話です。

②おやつはムリに我慢しなくていい理由

痩せたいけど食べたいおやつ

ダイエット中なら小腹が空いても、次の食事までガマンしようと思うでしょう。間食はダイエットの大敵というイメージがありますからね。

でも間食は上手に摂れば、カロリー制限ができるのです。それは空腹をガマンして食事でドカ食いするよりは、ちょこちょこ食べて1食のカロリーを減らせれば、トータルでカロリー制限ができるということです。

例えば、成人女性が1日に必要とする摂取カロリーは、1800~2000kcal といわれていますから、間食を2回×100kcal=200kcal。それで朝昼夕の3食で1500kcal 以内におさえれば、トータルで1700kcal 以下となり、十分カロリー制限ができるというわけです。

空腹を感じるのは、脳がブドウ糖を要求しているからです。そこで小腹が空いたら、お菓子を少しだけ食べて脳に糖分を供給してやれば空腹感が紛れるのです。

あまり空腹をガマンすると、食事でご飯や麺類などの炭水化物をたくさん食べたくなります。炭水化物はエネルギー源として大切ですが、摂り過ぎると余った分は脂肪になってしまいますから、上手に間食をとって食事でのカロリー制限をすることが大切なのです。

関連→ 間食でカロリー制限1日5食で痩せるダイエット法

おやつ1回で100kcal ・・ガマンできるかな?
ポッキー10本や! 10本で100kcal 味わって食えw
お菓子は小分けにされてるものにすれば、カロリー管理がしやすいよね~。
次は、「でもやっぱりお菓子のカロリーは気になる・・」という人のために、ゼロカロリーの飲み物で食欲抑制をする方法です。

③食欲を抑えてくれる飲み物とは?

ブラックコーヒーでダイエット

間食で食欲を抑えるといっても、いったんお菓子を食べ出すと止まらない人もいるでしょう。そんな人には、コーヒーやお茶など「カフェイン」を含むゼロカロリーの飲み物がお勧めです。

しかし一体なぜ、コーヒーやお茶で食欲を紛らすことができるのか?

空腹は脳がブドウ糖を要求するから感じるのだと前述しましたが、カフェインは間接的にブドウ糖を脳に供給するように働くため、空腹感を紛らすことができるのです。

その仕組みはこうです。
カフェインは交感神経を刺激します。交感神経は脳にブドウ糖が足らなくなると、肝臓に保存されている「グリコーゲン」をバラバラに分解してブドウ糖にもどす働きがあります。それが血流に乗って脳に供給されると空腹感が紛れるというわけです。要するに、摂取カロリーゼロで空腹感を紛らすことができるのです。

しかしいくら空腹感が紛れるといっても、カフェインの摂り過ぎはカラダに良くありません。カフェイン中毒といって、精神が落ち着かなくなったり不整脈などの体調不良を起こします。カフェイン接種の上限は1日400㎎(コーヒー4~5杯)なので、飲みすぎには注意しましょう。

小腹が空いてきたなと思ったとき、また食事の前に1杯飲めば食欲を抑えることができ「ドカ食い」を防ぐことができるのです。

関連→ コーヒーはダイエットの強い味方!食欲抑制でカロリー制限

砂糖入れたらいかんのやろ? わい、苦いの好かんけえ麦茶のむわ。
うさちゃん、麦茶にカフェイン入ってないよ・・。
ダイエット成功の近道は、夕食に炭水化物を抜くことです。
次は、痩せたければ夕食に野菜とタンパク質をしっかり食べましょうというお話です。

④夕食は野菜とタンパク質が良い理由

痩せたいけど食べたいならタンパク質

お昼は、間食やカフェイン飲料でなんとか空腹感を紛らしてカロリー制限できても、夕食はしっかり食べたいですよね? 何かをしっかり食べたという満足感がないとストレスになり、寝るまでガマンできずに夜食を食べてしまうとイミがありません。

夜20時以降は、カラダに脂肪をためこもうと働く「BMAL1」というホルモンが増えるため、間食するわけにはいきませんし、カフェイン飲料は良質な睡眠を妨げます。

それで夕食をしっかり食べたいのですが、大切なのはご飯や麺類などの炭水化物を抜くことです。

朝食は脳やカラダが一番エネルギーを必要とするので、炭水化物をしっかり摂ることが大事です。昼間も活発に動いてカロリー消費できるので、控えめに炭水化物を摂ってもよいでしょう。しかし夕食のあとは寝ますから、昼間ほどカロリー消費ができません。

カロリー消費できなかった余分な糖質は脂肪になってしまいますから、夕食の炭水化物は抜いたほうが良いのです。その代りに野菜とタンパク質をしっかり摂りましょう。(野菜や肉などにも糖質は含まれますので完全に糖質フリーになるわけではありません。ご飯や麺類などをカットして、余分な糖質を摂らないことが大切なのです)

野菜にはカラダに脂肪を付きにくくする「食物繊維」が豊富ですし、肉や魚などの「タンパク質」は、筋肉を作りカラダの基礎代謝を上げるのに大切な栄養素です。

肉というと高カロリーなのでダイエットでは控えたいと思うでしょうが、少しくらい高カロリーでもタンパク質を摂って代謝を上げるほうが消費カロリーが大きくなるため、ダイエットに有利になるのです。

関連ページ→ ダイエットに羊肉がおすすめの理由

肉の中でも「マトン」は低カロリーで低脂肪やし、脂肪を燃やすカルニチンが多いけ女性に
人気やんな~?
クッ・・!(う、うさちゃんに食われる)
大丈夫よヒツジさん、うさちゃんはマトンの臭い苦手だから。
次は、食欲を抑える「チラコイド」という成分についてのお話です。

⑤食欲を抑える「チラコイド」とは?

痩せたいけどたべたいならチラコイド

チラコイドとは植物の葉緑素を包む膜で、特にほうれん草に多く含まれている成分です。それには、少ない食事でも満腹感を持続して食欲をおさえてくれる働きがあります。

それは主に、①腸に食べ物をゆっくり吸収させる働き、②満腹ホルモン「レプチン」の分泌をうながす働き、③余分な脂質にくっついて体外に排出する働きです。

①腸が食べ物をゆっくり吸収すると、糖質が少しずつ脳に供給されるので、長く空腹感が紛れます。また、糖質がゆっくり吸収されると血糖値もゆっくり上がるので、インスリンの量が少しで済みます。インスリンは脂肪の合成にも係わるホルモンなので、分泌量が少ないほど脂肪ができる割合も減るということです。

②レプチンは、脂肪が脂肪細胞に入ると分泌されるホルモンで、それが脳の満腹中枢に働いて満腹感を出します。とくにダイエット中は脂肪分を控えるため、レプチンの分泌量が減ると満腹感を得にくくなります。その代わりにチラコイドがレプチンの分泌をうながしてくれるため、満腹感が得やすくなるのです。

③チラコイドが余分な脂質にくっついて体外に排出してくれます。これでカラダに脂肪がつく割合が減るのです。

このようにチラコイドには食欲を抑えるだけでなく、脂肪が付きにくい食事にする働きがあるため、ムリなく食欲をおさえてカロリー制限ができるのです。

チラコイドはほうれん草に多く含まれているなら、ほうれん草を食べればいいじゃないかと思うかもしれませんが、人間の胃腸ではほうれん草をチラコイドにまで細かく消化できないのです。

そこで、特別な製法でチラコイドを抽出したサプリメント「チラコル」がお勧めです。もともとは、スウェーデンのルンド大学で研究されていたチラコイドですが、サプリメントとして海外で発売されると、ミランダ・カーやマドンナなどのセレブが愛用して大きな話題になりました。

そして日本でも2015年10月から発売された、注目のダイエットサプリメントなのです。ほうれん草が原料のため低カロリーで栄養も豊富ですし、水に溶かして飲むだけなので簡単に食欲制限ができます。なるべく楽にダイエットに成功したいと考えてる人は、一度試してみるといいでしょう。

チラコイドで食欲抑制→ チラコイドなら、頑張らないダイエットの【チラコル】

一番ええのは、植物みたいに光合成ができればええのよ。
水とちょっと栄養があれば生きていけるやろ?
チラコル飲み続ければそうなるかもね~♪

なるわけないでしょう。

ということで、痩せたいのに食べたい人のための食欲抑制法のお話でした。いろいろ試してみて、自分に合ったムリのない方法を探してみて下さいね。

食欲抑制でムリなく健康的にダイエットしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加