よく噛んで食べれば3ヶ月で10㎏痩せるのも夢じゃない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食事はよく噛んで食べよう!

3ヶ月で10㎏痩せるにはよく噛むこと

Q よく噛んで食べたら、3ヶ月で10㎏も痩せたという人がいました。なぜ、よく噛んで食べると痩せるんですか?

食事はよ~く噛んで食べましょう! そうすると、ダイエットにスゴイ効果があるんですよ。

よく噛むと満腹感を得やすい

「お腹が減ったなぁ・・」と感じるのは、カラダにエネルギー源であるブドウ糖が少なくなってるからです。とくに脳のエネルギー源はブドウ糖ですから、それが少なくなると「ご飯を食べてくださ~い!」と命令が下るんです。それで「おなか減った・・」となるわけです。

それで、なぜよく噛むことがダイエットに良いのかというと、よく噛む=満腹感を得やすいからです。

満腹感は、脳にブドウ糖が届くと感じるようになりますが、届くまでに約20分かかるんです。なので、早食いをしてしまうと、満腹感を得られるまでにガツガツ食べてしまい、カロリーオーバーしてしまうわけです。

一方、よく噛んでゆっくり食べれば食事に時間をかけることができるので、たとえ少ない食事量でも満腹感を得られるというわけです。飲み会やパーティーなどで、楽しくおしゃべりしながら時間をかけて食事をしてると、そんなに食べてないのに「なんか、もうお腹いっぱい」ってなりますよね。

3ヶ月で10㎏痩せる理由
食事のカロリー

3ヶ月で10㎏痩せる食事量

ということで、よく噛んで食べると、少ない食事量でも満腹感を得られてカロリーを抑えることができるということです。でも、よく噛んで食べるだけで、本当に3ヶ月で10㎏も痩せることができるのでしょうか?

3ヶ月で10㎏減!消費すべきカロリーは?

ところで、1㎏の脂肪を減らすために消費しなければならないカロリーってどれくらいだかご存知ですか?

それは、約7,000kcal です。結構な量ですね!

例えば、1時間のウォーキングで消費されるカロリーは、約300kcal といわれてますから、24時間丸1日歩き続けて消費できるカロリーってことになります。途方もない労力ですね・・。

10㎏落とすには、70,000kcal を消費しなければなりませんから、これを3ヶ月90日で割ると・・1日約780kcal の消費ってことになります。

どうやって1日に780kcal 減らそう?

そこで食事の量を減らしましょう!1日3食で780kcal 減ですから、単純計算で1食260kcal カットすれば良いんです。これはすごく簡単ですよ。なぜなら、1食で摂取するカロリーが大体500~800kcal なので、毎回の食事をいつもの2/3~半分に減らすだけで良いからです。

「でも、それじゃおなか減っちゃうよ・・」と思いますか? だから、よ~く噛んで食べるんです。一口で100回は噛むクセを付けましょう。これを習慣付けるだけで、少ない食事量でも満腹感を得られれば、余計なカロリーを摂らずに済むようになるんです。

でも、習慣って身に付くまで時間がかかりますよね。食事を減らしても、しばらくは口寂しくなるなることもあるでしょう。そんな時はシュガーレスガムを噛みましょう。決してチョコレートやスナック菓子を食べてはいけません。食事減らし作戦が本末転倒になってしまいますからね。

食事の量を減らして辛い思いをしそうなら、大人のカロリミット お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる! がオススメです。多少食べ過ぎても、糖質の吸収をおさえてくれますからね。

3ヶ月で10㎏痩せる理由
代謝酵素

3ヶ月で10㎏痩せる代謝酵素

もう一つ、よく噛んで食べるとダイエットに効果的な理由があります。それは、代謝が良くなることです。代謝が良くなるというのは、食事で摂取したカロリーが、エネルギー消費しやすくなるということですね。

よく噛むとカロリー消費が良くなる?

なぜ、よく噛むと代謝がよくなるのか?

それは、代謝酵素が良く働くからです。人間のカラダには「酵素」といわれるものがあり、これが生命を維持するために必要な化学変化を促進しているんです。

その酵素には主に2つあります。一つは「消化酵素」。食べたものを消化する酵素ですね。もう一つは「代謝酵素」。ブドウ糖をエネルギーに変えるときに必要な酵素です。

酵素は基本的にタンパク質からできていますが、酵素を作る材料は、カラダの中に無限にあるわけではありません。なので、消化酵素がたくさん必要になると代謝酵素が減ってしまいますし、逆に消化酵素を少量で済ますことができれば、代謝酵素をたくさん作れるということです。

なので、ダイエットで有利な状態にするには、いかに消化酵素を少なく済ませるかということになるんです。じゃあ、どうやって消化酵素を少なく済ませましょうか?

それは、よく噛んで食べることです。消化器官というと、パッと思いつくのが胃とか腸ですが、口だって立派な消化器官ですよ。よ~く噛めば消化を助けることができるので、余計な消化酵素を使わずに済むんです。それで余った材料で代謝酵素がたくさんできれば、エネルギー効率の良いカラダになれるというわけです。

もし、よく噛まずに早食いしてしまうと、消化酵素がたくさん必要になってしまい、代謝酵素が少なくなってしまいます。エネルギー効率が悪くなると、余ったブドウ糖は「脂肪」になってしまいますからね。だから、食事はよく噛んでゆっくり食べるのが良いんです。実際にスリムな女性は、時間をかけてゆっくり食事してる人が多いんですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加