ダイエット中に焼肉が食べたくなったら羊肉がオススメな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒツジ肉がダイエットに良い理由とは?

羊肉ダイエット

Q 焼肉を食べながらビールを飲むのが大好きです。ダイエット中なので、ガマンしなきゃと思えば思うほどストレスがたまって困ってます。この欲望を解消できて、低カロリーの何か代わりになるものってありませんか?

な、なんかイヤな予感が・・
ヒツジ肉」や! 低カロリーなヒツジ肉を食うんやw ひっ捕らえろw!
ぎゃwwwwwwwwwwwwww!!!
こらっ! うさちゃん、ヒツジさんはまだ小さいから、食べちゃダメ!
あと1年もすれば、立派な「マトン」になるから。
い、いちねん・・余命宣告! やっぱ、食べる気じゃんかwwww!
なんで、マトン(大人の羊肉)になるまでマトン(待たん)といかんの?
マトン臭いやろ? ラム(子羊の肉)のうちに食おうや~♪
くだらんダジャレ言わんといて~! あんた、草食動物でしょうがw!
確かに、ラム肉のほうが臭みがなくて美味しいけど、最近じゃあ、鮮度管理の技術が上がったから、マトンも美味しいんだよ。
それに、ダイエット目的であれば、絶対にマトンがオススメなの。
何なん、ダイエット目的ならマトンがオススメって?
マトン食うたら、口の中が臭うなってギブアップ! それで、食べるのちょっとですむけえ、低カロリーでいいでしょ? って理由かw?
ちがうちがう、マトンは「カルニチン」の含有量がとても豊富だからよ。
なに? 「軽い素チン」がとても豊富やと?
「軽い素チン」は、うさちゃんでしょうが~!
・・・「カルニチン」というのは、リジンとメチオニンっていうアミノ酸でできた、小さい化合物で、これには「脂肪燃焼効果」があるのよ。
ほんまかい?
しかも、食事の脂肪だけじゃなくて、身についている中性脂肪もよく燃焼してくれるのよ。
カルニチン」ってサプリメントでも売ってるでしょう。ダイエットでは有名なのよ。
しってる~。ワタシもDHCのカルニチン食べてるもん。DHCのやつが一番安いからね~。
ヒツジ、体の中にカルニチンたっぷりあるて言われてんのに、わざわざ買って食べよんかい?
そうよ~♪ DHCってね、「大学翻訳センター」の略だって知ってた~?
もともとは、外国語で書かれた難しい研究論文なんかを翻訳する会社だったのに、なぜかサプリで一山当てて有名になった会社なんだよ~。

でも何で、サプリつくろうと思ったんだろうね~? 不思議だねぇ? どう思う~?

ヒツジさん、今は、なんでヒツジ肉を食べると、ダイエットに良いかって話だからね。話をそらそうとしてもムダよ。
が~ん・・
きゃっ、きゃっwww♪
ヒツジ~、大人しゅうしとかんと、食われる時期早まるで~。
マトンにカルニチンがどれだけ多いか、この表を見てみて。

肉別カルニチン含有量(100gあたり)
マトン 208.9 ㎎
ラム(子羊) 80 ㎎
牛肉 59.8 ㎎
ブタ肉 35 ㎎
とり肉 4.55~9.10 ㎎
おお~っ! マトン、ダントツやん。ラムにしたってブタの2倍以上やで~。
そう。だから、マトンになるまで待った方がいいのよ。
まえから疑問やったんやけど、カルニチンにしてもアミノ酸系飲料にしても、「脂肪燃焼効果」とか、「脂肪を燃焼する」ってコピーがあるやんか。
あれは、カルニチンが直接、脂肪を溶かすってことなん?
それやったら、カルニチン食べよるだけで、どんどんやせていくってことやんなぁ?
そうじゃないのよ。
脂肪はね、そののままじゃエネルギー源として使えないから、呼吸で取り入れた酸素を使って、「脂肪酸」という形に変えるの。

そして、細胞内の「ミトコンドリア」という、エネルギーを生み出す器官に運び込まれると、エネルギーが発生するという仕組みなのよ。
カルニチンに脂肪燃焼効果があるというのは、脂肪酸をミトコンドリアに受け渡すはたらきがあるから、スムーズに脂肪酸をエネルギーにして消費できるということなの。

カルニチン
こういうこと。
脂肪酸は、エネルギー消費されずに残ってしまうと、また脂肪に戻っちゃうの。
だから、カルニチンのダイエット効果は大きいのよ。

なるほど~・・これは、分かりやすいわ~!
じゃあ、ヒツジ食って運動すりゃあ、ガンガンやせるいうことやね。
そうね。おまけにヒツジ肉は、脂肪がカラダにたまりにくくする「ビタミンB群」も豊富に含まれているうえに、低コレステロール、低カロリーなの。
安心しいや、ヒツジ。屠殺するときは、ワイがちゃんと「コーラン」唱えてやるけえw。
あひww ((((;゚Д゚)))) www・・・
ということで、ダイエット中に、どうしても焼肉が我慢できなくなったら、ヒツジで決まり!というお話でした。
でも、ジンギスカンは美味しいし、ビールもすすむので、食べ過ぎにはご注意を。。。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加