ブルーグリーンアルジーのダイエット効果がすごいぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーフードの正体は藻?

ブルーグリーンアルジーダイエット

Q ブルーグリーンアルジーがダイエットに効果的だと聞きますが、一体どんなものなのでしょう?

ブルーグリーンアルジーなんて名前、初めて聞いたという人もいるでしょう。これは「藻」の一種で、アメリカのある湖でしか繁殖していない、かなりレアな藻なのです。それには、ダイエットにも効果的な栄養がたっぷり含まれていますよ!

  1. ブルーグリーンアルジーとは?
  2. ブルーグリーンアルジーの栄養
  3. ブルーグリーンアルジーのダイエット効果とは?

ブルーグリーンアルジーとは?

ブルーグリーンアルジーとは?

ブルーグリーンアルジーというのは、寒冷地であるアメリカのオレゴン州にある、クラマス湖にのみ繁殖する「藻」の一種です。これは35億年以上も前に誕生し、生物の起源なんていわれてる藻です。

なぜ、クラマス湖にだけ繁殖しているかというと、ブルーグリーンアルジーに必要なキレイな水が絶えず注がれ、湖底には必要な養分がたっぷりあるからです。また、ブルーグリーンアルジーが繁殖する最適な水温で、おまけに年間300日が晴天と、光合成に必要な日光がたっぷり注がれる環境なのです。ブルーグリーンアルジーが繁殖するのに必要な条件が全て揃っている湖なんですね。このように、ブルーグリーンアルジーを育てるには色んな条件が必要なので、人工的に繁殖させるのはかなり難しいといわれています。

ブルーグリーンアルジーの特徴は、他の植物よりも光合成能力がはるかに高いことです。それだけ多くの葉緑素をもつということですね。だから名前も ”ブルーグリーン” と、ただのミドリじゃないんです。(笑)
光のエネルギーを効率よく化学エネルギーに変換できる「藻」です。なにかスゴイ生命力を感じるでしょう?

生命力の強いものって、例外なく栄養が豊富です。実際にブルーグリーンアルジーには、ビックリするくらいの栄養素が含まれており、NASA(米航空宇宙局)も注目するほどのスーパーフードです。そして、その豊富な栄養が生みだすダイエット効果も、なかなかのものですよ!

コチラの藻もスーパーフード!→ ダイエット運動の後にスピルリナ!代謝をアップして痩せよう

ブルーグリーンだって! 青緑だね。
じゃあ、アルジーってなんなん?

アルジーは「藻」って意味だよ。つまり、青緑色の藻ってことだね。

では、ブルーグリーンアルジーにはどんな栄養が含まれているのか見てみましょう。

ブルーグリーンアルジーの栄養

ブルーグリーンアルジーの栄養

ブルーグリーンアルジーに特徴的な栄養は、50種類といわれる「ミネラル分」です。人間のカラダでは合成できない必須ミネラルのすべてと、他のミネラルをこれだけ多く、しかもバランスよく含むものは他にありません。これほどのものは、人工的に製造するのは不可能だといわれるほどです。実際に、そんなマルチサプリメントが販売されてるのを見たことないでしょう?栄養は、それ単体だけでは効果を発揮できないものが多いですが、これだけ多くのミネラルを一度に摂ることができれば、色いろな相乗効果を期待できます。

さらに13種類のビタミンを含みますが、その中でも、とくに糖質と脂質の代謝をうながすビタミンB群が豊富です。

そして、ブルーグリーンアルジーの70%はタンパク質というように、必須アミノ酸9種をすべて含む20種類のアミノ酸が豊富に含まれます。

ブルーグリーンアルジーは、寒冷地の冷たい湖に生息します。それで脂肪が欲しいのでしょうか?(笑)
4種類ある脂肪酸も豊富に含まれます。この脂肪酸は、オメガ3と6のカラダに溜まらない植物性の脂肪酸なので安心です。

また、クロロフィルやアスタキサンチンといった「抗酸化作用」の高いポリフェノールもたっぷり含みます。 NASAが注目するのも分かりますよね。

しかも、これらの栄養はとてもカラダに吸収されやすいのです。なぜかというと、植物の細胞壁というと、セルロースという消化しにくい多糖類でできているものが多いのですが、ブルーグリーンアルジーの細胞壁は、消化しやすいグリコーゲンでできているからです。豊富な栄養素が効率よく吸収できるのも、ブルーグリーンアルジーのうれしい特徴です。

ダイエットは栄養が大事なんです!→ ダイエットはカロリーよりも栄養のバランスを気にしよう!

色が濃いと思ったら、栄養がいっぱい詰まってるんだねぇ。
70%がタンパク質ってスゴイな。「畑の肉」とか言われとる大豆でも30%やろ?ブルーグリーンアルジーは「湖の肉」やんなぁ。
そんなブルーグリーンアルジーの、ダイエット効果について見てみましょう。

ブルーグリーンアルジーのダイエット効果とは?

ブルーグリーンアルジーでダイエット

代謝が上がる!

ダイエットに必用な栄養素の一つは、代謝を上げるタンパク質(アミノ酸)ですね。それが、ブルーグリーンアルジーには70%も含まれます。おまけに、ビタミンで一番多く含まれるのがビタミンB群です。糖質や脂肪の代謝には必須の栄養素ですね。おまけに豊富なミネラルの相乗効果で、これらのダイエット効果をさらに促進してくれるのです。

血流を良くする!

ブルーグリーンアルジーに含まれるミネラルの中でも、とくに多いのが「鉄分」と「コバルト」です。これは赤血球をつくるのに必須のミネラルです。また、オメガ3と6の脂肪酸ですが、これらは血管を詰まらせる「悪玉コレステロール」を減らすだけでなく、その悪玉コレステロールを集めて肝臓に送り分解するという「善玉コレステロール」を増やす働きがあるのです。これらの働きで動脈硬化を防ぐことができ、血がサラサラと流れる、代謝の高いカラダになるのです。

抗酸化作用が高い!

ブルーグリーンと色の濃いこの藻には、ポリフェノール(植物色素)がたっぷりです。 とくにクロロフィルやアスタキサンチンといった「抗酸化作用」の高いポリフェノールは、ダイエットにも役立ってくれます。”抗酸化” とは、カラダの細胞をサビさせる「活性酸素」を減らす働きです。細胞がサビてしまうと、代謝も落ちてしまいますからね。おまけに、肌の老化を早めてシミやシワを作り、ボロボロにしてしまいます。キレイに痩せたければ、カラダから活性酸素を追い出さなければならないのです。それで、この抗酸化作用が高いブルーグリーンアルジーが、ダイエットの強い味方だといえるのです。

コチラの藻もオススメ!→ ダイエットで食事制限するならクロレラで栄養補給しよう!

う~ん、栄養の種類が豊富だと、ダイエットにも役立つ色んな効果が期待できるねぇ。
食事制限しても、栄養不足にならんで済むもんなぁ。

ということで、ブルーグリーンアルジーのダイエット効果についてのお話でした。

ブルーグリーンアルジーは、粉末やタブレットのサプリになって、日本でも販売されています。人工繁殖が難しい藻なので、お値段が高めなのがちょっぴり残念ですが・・。
しかし、含まれている栄養の種類を考えると、コスパは良いのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加